THE BRIDGE

タグ Zhihu(知乎)

中国のQ&Aサイト「Zhihu(知乎)」、シリーズFラウンドで4億3,400万米ドルを調達——短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」がリード

SHARE:

中国のオンライン Q&A プラットフォーム「Zhihu(知乎)」は12日、4億3,400万米ドルを調達し、シリーズ F ラウンドを完了した。このラウンドは、短編動画プラットフォームの「Kuaishou(快手)」がリードした。 重要視すべき理由:この調達は、Zhihu の上場計画実現を後押しする。以前には、開示されていない理由から収益上の問題が発生し、上場に失敗している。 北京を拠点とする …

中国のオンライン Q&A プラットフォーム「Zhihu(知乎)」は12日、4億3,400万米ドルを調達し、シリーズ F ラウンドを完了した。このラウンドは、短編動画プラットフォームの「Kuaishou(快手)」がリードした。

重要視すべき理由:この調達は、Zhihu の上場計画実現を後押しする。以前には、開示されていない理由から収益上の問題が発生し、上場に失敗している。

  • 北京を拠点とする Zhihu の今回の調達は、過去2年間で、中国のオンラインコンテンツ・エンターテイメントのセグメントでは最大のラウンドとなる。

Zhihu CEO の Zhou Yuan(周源)氏は、今回のファイナンスに対する Zhihu 上での質問に次のように答えた。

Zhihu、Kuaishou、Baidu(百度)は、異なるユーザシナリオを対象にした異なるプロダクトだが、いずれも大きなセグメントであり、互いのユーザには類似性がある。これら3つのプラットフォームは全て、「情報の孤島」問題を抱え、高品質なコンテンツにアクセスするコストが上昇している。

詳細情報:今回のラウンドには、Tencent や Capital Today といった過去数回にわたって投資した企業に加え、検索大手の Baidu も参加している。

  • 以前のラウンドに参加した Bytedance(字節跳動)は、今回のラウンドに参加していない。Yicai(第一財経)の報道によれば、Bytedance 創業者の Zhang Yiming(張一鳴)氏が、調達額が膨らむのを望まなかったらしい。
  • Zhihu CEO の Zhou Yuan 氏と Kuaishou 創業者の Su Hu(宿華)氏は、2ヶ月前のランチミーティングで Kuaishou の出資に同意した。
  • Zhou 氏によれば、しばしば 中国版の Quora と見なされる Zhihu は、Baidu や Kausihou が持つ専門知識を有効活用し、コンテンツの検索や流通のやり方、フォーマットをアップグレードすることになるだろう。
  • Zhou 氏は内部文書で、同社が置かれているファイナンスの状況とステージから、Zhihu のいかなる落ち込みも許容できる状況にない、と述べている。「素早く行動できれば生きのびれる。そうでなければ死あるのみ。」

背景:Zhihu は昨年8月、シリーズ E ラウンドを完了し、25億米ドルのバリュエーションで約2億7,000万ドルを調達した。

  • 2011年に設立された Zhihu だが、マネタイズが開始されたのは2017年のことだ。
  • Zhihu に近い投資家が語った内容として 36Kr(36気)が報じたところでは、Zhihu は2019年に再び上場に挑戦した。
  • Zhihu は2018年数百人の社員を解雇したと報道されたことに対し、この人数は過大に誇張されたもので、実際には許容できる範囲での解雇だったと反論している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のQ&Aサイト「Zhihu(知乎)」、シリーズEラウンドで2億7,000万米ドルを調達

SHARE:

中国版 Quora として知られる Q&A サイト「Zhihu(知乎)」は8月8日、シリーズ E ラウンドで2億7,000万米ドルの資金調達を完了したと発表した。同社のプレスリリースによると、この資金でテクノロジー関連の人工知能(AI)の強化、コンテンツエコシステムの充実化を図っていくとしている。 また、個々のユーザに合わせたコンテンツの提供を促進するため、AI アルゴリズムに特化した10…

中国版 Quora として知られる Q&A サイト「Zhihu(知乎)」は8月8日、シリーズ E ラウンドで2億7,000万米ドルの資金調達を完了したと発表した。同社のプレスリリースによると、この資金でテクノロジー関連の人工知能(AI)の強化、コンテンツエコシステムの充実化を図っていくとしている。

また、個々のユーザに合わせたコンテンツの提供を促進するため、AI アルゴリズムに特化した100人規模のチームを組成する予定。成都にあるオフィスを拡大するほか、様々な分野で活躍する多くの大学や専門家と提携を行っていくという。

2011年の設立以来、Zhihu は招待制のコミュニティから「より一般化を目的とした」プラットフォームへと拡大し続け、有料コンテンツ事業にも迅速に参入している。当初、このコミュニティはエリート層をターゲットとしていたが、すぐに一般層にまで範囲を広げた。そのため、一部のユーザから「以前より質の高い回答が少なくなった」という声も聞かれる。

設立当時から存在するメインの Q&A サービスに加え、電子書籍や有料のライブストリーミングも提供している。また、「Zhihu University(知乎大学)」を設立し、ビジネス、科学、人文学といった有料オンラインコースやキャリアカウンセリングを行っている。声明によると、現在 Zhihu University には600万人の有料ユーザがいるという。

Zhihu の設立者であり CEO でもある Zhou Yuan(周源)氏は、Zhihu ユーザ数の急激な増加から、幅広いユーザシナリオに順応できるプラットフォームを構築する必要があると語った。

主に広告と有料コンテンツの収益で成り立っている Zhihu。2018年前半、昨年の同時期と比べ収益が340%増加した。しかし、実際の利益や損失額については明らかにされていない。

<関連記事>

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

中国の新興バーティカルから誕生したユニコーン・スタートアップ5選

SHARE:

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生し…

Image credit: DanDan_520 / 123RF

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生したユニコーンスタートアップを紹介しよう。

<関連記事>

URWork(優客工場)——コワーキング

URWork(優客工場)
Image credit: URWork(優客工場)
  • 時価総額:10億2,000万米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月18日

中国でブームとなっているコワーキングスペースの業界リーダーとして、URWork は今年1月、時価総額70億人民元(10.2億米ドル)で4億人民元(5,800万米ドル)をシリーズBラウンドで調達し、このセクターで初のユニコーンとなった。

同社は2015年4月、中国の不動産コングロマリット (万科集団)前副社長の Mao Daqing(毛大慶)氏によって設立された。このコワーキング企業はただ物理的なスペースを提供するだけでなく、金融アシスタントプラットフォーム、人的資源サービス、スタートアップアクセラレーションプログラム、スペースデザインなど、あらゆるサポートサービスに関わるエコシステムを積極的に構築している。

不動産サービス JLL のデータによると、中国のコワーキングスペース数は2016年に急増し、前年にはごくわずかだったのが、今や上海と北京だけで500を超えているという。このセクターにおける大手には、Soho 3Q、naked Hub(裸心社)People Squared(連合創業弁公社)SandboxSimplyWork(思微) などがいる。

<関連記事>

Zhihu(知乎)——ナレッジシェアリング

Image credit: Zhihu(知乎)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月12日

中国は、無料のナレッジから有料のナレッジへと変化しており、この動きは同セクターで初のユニコーンを生み出した。それは、中国のQ&Aプラットフォーム Zhihu だ。

Zhihu はユーザがさまざまな分野で専門家の見解を求めることができる。今月、時価総額10億米ドルで1億米ドルのシリーズDラウンドを終えた

同社は最近中国でトレンドとなっているナレッジシェアリングの資本化を成功させている企業の1社だ。競合には、科学ネットワーキングプラットフォームの Guokr により開発されたナレッジシェアリングサービス Fenda(奮達)Baidu Zhidao(百度知道) などがある。

<関連記事>

iCarbonX(碳雲智能)——バイオテクノロジー

Image credit: iCarbonX(碳雲智能)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年4月12日

巨大な市場と政府からの支援のおかげで、中国のバイオテクノロジー市場はブーム最高潮を迎えている。バイオテクノロジースタートアップの iCarbonX は昨年4月、時価総額10億米ドルで10億人民元(約1億5,400万米ドル)をシリーズAラウンドで調達した。

同社は、遺伝子データやスマートハードウェアデバイス由来のデータなどさまざまな健康関連データを処理できる、ビッグデータ主導の健康プラットフォームの構築を進めている。

<関連記事>

UBTECH Robotics(優必選)——ロボティクス

Image credit: UBTECH Robotics(優必選)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年7月26日

2012年に設立されたUBTECH Roboticsは、教育とエンターテイメント分野向けにヒューマノイドロボットの研究、開発、商業化に取り組んでいる。

二足歩行のエンターテイメントロボット Alpha 2 を開発したスタートアップとして、中国で旧正月に行われる非常に人気の年越しカウントダウン番組 CCTV(中国中央電視台)の「Gala(春節聯歓晩会)」に昨年出演し、「同時に踊るロボットの数で最多記録」を達成し世界ギネス記録に登録されて以降、大量の無料広告を獲得した。

Guazi(瓜子)——中古車取引

Image credit: Guazi(瓜子)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年3月12日

Guazi.com は、後に競合のオンライン広告サイト 58.com(58同城)と合併した Ganji.com(赶集、Craigslistに対抗するとして設立)によって設立された。この中古車取引プラットフォームはその後同コンソーシアムからスピンオフし、さらなる急成長を実現した。昨年、時価総額10億米ドルで2億米ドルの資金調達を完了している。

中古車取引は、中国のネット企業がディスラプトしようとしている伝統的な業界の1つだ。この成長著しい市場には、Cheyipai(車易拍)Youxinpai(優信拍)Renrenche(人人車) など多くのプレーヤーがいる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

シリーズDラウンドで1億ドルを調達した「Zhihu(知乎)」、中国Q&Aサイトで初のユニコーン企業に

SHARE:

中国版Quoraとも言えるQ&Aサービス「Zhihu(知乎)」がシリーズ D ラウンドで1億米ドルを調達したと本日(1月12日)発表したことを、姉妹サイト TechNode(動点科技)中国語版が報じた。中国スタートアップ界のパイオニアとして知られ、Zhihu の立ち上げ時にも支援を行っていたKaifu Lee(李開復)氏によると、今回の資金調達で Zhihu の評価額は10億米ドルに達し、…

中国版Quoraとも言えるQ&Aサービス「Zhihu(知乎)」がシリーズ D ラウンドで1億米ドルを調達したと本日(1月12日)発表したことを、姉妹サイト TechNode(動点科技)中国語版が報じた。中国スタートアップ界のパイオニアとして知られ、Zhihu の立ち上げ時にも支援を行っていたKaifu Lee(李開復)氏によると、今回の資金調達で Zhihu の評価額は10億米ドルに達し、同社はユニコーン企業となる見込みだ。

このラウンドでは、Capital Today(今日資本、NetEase=網易、 JD=京東、Meituan Dianping=美団−大衆点評にも投資した一流ベンチャーキャピタル)に加え、 Tencent(騰訊)、Sogou(搜狗)、SAIF Partners、Qiming Venture Partners(啟明)、Sinovation Ventureなどの既存投資家が参加した。

2010年12月にローンチした Zhihu は、現在では、様々な分野の専門知識を求める中国ネットユーザたちが頻繁に利用するようになった。もともとはハイテク分野の専門家や起業家向けの招待制 Q&A プラットフォームとしてスタートしたが、2013年に誰でも登録できるようになった。それをきっかけに、トピックが多様化し始め、ITや金融だけでなく映画やゲーム、カルチャーといった人気のトピックもカバーするようになった。

今年1月の時点で、Zhihu の登録ユーザ数は6,500万人、デイリーアクティブユーザ数は1,850万人だ。また、同社からの情報によると、2016年に同サイトに投稿された質問の数は600万件で、回答は2,300万件に上るという。

2016年は Zhihu にとっての重要な転換の年となった。新サービスをローンチすることでマネタイズに成功したのだ。その新サービスには、企業アカウント、広告サービス、書店との提携による電子書籍の販売などが含まれ、さらに、ユーザがトピックのエキスパートと一対一でやり取りできる有料サービス Zhihu Live(知乎専欄)が開始された。

しかし、ナレッジシェア業界における競争環境は熾烈で、同社は Baidu Zhidao(百度知道)のような既存のライバル企業に加えて、新たに参入してきた Fenda(奮達)も相手にしなければならない。ユーザエクスペリエンスやコミュニティエクスペリエンスを損なわずに商品をマネタイズするにはどうすべきか。Zhihu にとって、それは依然として大きな課題である。

Zhihu は、2011年1月にエンジェルラウンドで Sinovation Ventures(Innovation Works から社名を変更、中文表記は「創新工場」のまま)から100万人民元を調達し、同年11月にもシリーズAラウンドで Qiming Venture Partners と Sinovation Ventures から800万米ドルを調達した。その後も、2014年6月にシリーズラウンド B で SAIF Partnersと Qiming Venture Partners から2,200万ドルを調達し、2015年11月には Tencent がリードしたシリーズ C ラウンドで5,500万米ドルを調達、その時点で Zhihu の評価額は3億米ドルに達していた。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------