BRIDGE

タグ Zookal

配送時間を劇的に短縮、Flirteyの無人飛行機がオーストラリアの学生にZookalの教科書を配達予定

SHARE:

教科書レンタルサイトのZookalが、Flirteyの無人飛行機(ドローン)を使ってオーストラリアの学生に荷物を届ける予定だ。これにより、配達時間が短縮されるという。 オーストラリアの教科書レンタルサイトZookalは、教科書の配達に商用の無人飛行機サービスを提供するFlirteyと業務提携を結び、独自の教科書配達戦略をとることを発表した。2社の業務提携は、世界初の完全自動化された商用無人飛行機の…

zookal1

教科書レンタルサイトのZookalが、Flirteyの無人飛行機(ドローン)を使ってオーストラリアの学生に荷物を届ける予定だ。これにより、配達時間が短縮されるという。

オーストラリアの教科書レンタルサイトZookalは、教科書の配達に商用の無人飛行機サービスを提供するFlirteyと業務提携を結び、独自の教科書配達戦略をとることを発表した。2社の業務提携は、世界初の完全自動化された商用無人飛行機の活用事例となる。

この業務提携により、ZookalはFlirteyのサービスを利用して利用者の元へ荷物を無料で直接届けることができるようになる。無人飛行機のエリア内にいる顧客はスマートフォンで通知を受け取り、GPSで荷物の位置を確認できる。その後、野外であればどこでも直接荷物を受け取ることができるのだ。この配達方法により、荷物の到着までの待ち時間を2~3日からわずか2~3分にまで劇的に短縮することが可能だ。

無人飛行機は事前にセットされた目的地まで自力でたどり着くことができる。また、木、高い建物、鳥、強風によるトラブルを防止するための衝突回避機能が搭載されており、バッテリー駆動だ。

今月初旬にZookalは55万米ドルの資金を調達し、今日までの合計の資金額は合計198万米ドルを上回る。

ZookalのCEOであるAhmed Haider氏は、Flirteyとのジョイントベンチャーは将来の荷物配達コストに関する計画から生まれたと話す。

「荷物の配達はeコマースを行うすべてのビジネスにとって重要な事柄であり、特に私たちにとっては中心となる存在です。私たちの事業が成長するにつれ、現在の選択肢ではコスト面、品質面から持続が難しいと気が付きました。

Flirteyとの当ジョイントベンチャーによって、商品を劇的に速くそして効率的に届けつつ、環境面とコスト面にも配慮することが可能になりました。無人飛行機の使用によって配達ごとに8.6米ドルから0.8米ドルの費用削減になると見込んでおり、また、無人飛行機はバッテリー駆動であるため、環境への影響は最小限に抑えられます。」

とCEOのAhmed Haider氏。

無人飛行機による配達は2014年3月から本格展開される。ZookalはFlirteyを2015年にアメリカで展開する前に、アジア太平洋地域で使用する予定だ。

「スマートフォンが私たちの生活を変えてくれたように、Flirteyが空を変えてくれると私たちは信じています。」

とHaider氏は言う。

「世界の中で商業用無人飛行機の使用が認められた数少ない国の1つとして、オーストラリアは新たな無人飛行機産業を作り出し、この分野での規制を形成するユニークな立場にあります。」

【原文】

----------[AD]----------

学生向け教科書レンタルポータルのZookalが55万米ドルを調達、東南アジア進出を目指す

SHARE:

オーストラリアの学生向け教科書レンタルサイトZookalが最近の資金調達ラウンドで55万米ドルを調達し、次は東南アジアをターゲットにしている。 シドニーを拠点とする教科書レンタル会社のZookalが、アメリカの学生向けに教科書レンタル事業を展開するCheggの元CFO、Omer Regev氏(同氏は現在Gemini Israel Venture FundsのCFOを務める)およびシリコンバレーのF…

zookal-website

オーストラリアの学生向け教科書レンタルサイトZookalが最近の資金調達ラウンドで55万米ドルを調達し、次は東南アジアをターゲットにしている。

シドニーを拠点とする教科書レンタル会社のZookalが、アメリカの学生向けに教科書レンタル事業を展開するCheggの元CFO、Omer Regev氏(同氏は現在Gemini Israel Venture FundsのCFOを務める)およびシリコンバレーのFiltro Investmentsにより率いられた最新の資金調達ラウンドで55万米ドルを調達したと発表した。今回のラウンドで同社への投資金額は合計198万米ドルに上る。

Zookalは2011年に教科書レンタルプラットフォームとして設立された。その後、デジタル教科書、デジタル授業ノート、オンライン指導、インターンシップなど様々なサービスを提供している。Zookalは大学の教科書を購入し、学生に購入価格の半額でレンタルしている。現在教科書の在庫は1万冊以上、今後3ヶ月以内に年間売上が100万オーストラリアドル(約94万米ドル)に達する見込みだ。

ZookalのCEO、Ahmed Haider氏によると、新たな調達資金はオーストラリアでのアーリーステージにあるテック系スタートアップの買収に使われる他、教育分野のインフラ・テック系企業への投資にも使われる。調達資金はまた、Zookalがアジアへ拡大して高額の教科書に代わるものを提供し、コピー機の普及に対抗していくためにも活用される予定だ。

CEOのAhmed Haider氏は、

「実際に会うことなく、ただスカイプを通じてRegev氏やGemini Israel Venture Fundsからの資金調達ラウンドを完了しました。」

StartupSmartに語った。

「予算を浪費せず、世界中を飛びまわることなく外から資金を調達することが全く可能なんです。それは地元の起業家にとっては困難なことですが、私たちはそれを障壁としてはならないのです。」

現在、Zookalは東南アジアでも英語を使う人口が密集している地域に拡大の焦点を絞っている。シンガポールとマレーシアのパートナーと合弁事業をすでに設立し、市場規模がさらに大きく収益性の高いインドネシア市場に来年進出する計画だ。同社はシンガポールに本社を設置しているところでもある。Ahmed氏は次のようにStartupSmartに語った。

「スタートアップにとってアジアは、開拓時代の米国西部に少し似ています。アジアでは、ショップを開いて1週間後にはビジネスが盗まれてしまいますが、シンガポールは安心だと感じました。スタートアップ環境として、シンガポールがスタートアップに対していかに進歩的でインセンティブや奨励プログラムが優れているかという観点から見ると、他の東南アジアの国々より魅力的でした。」

Zookalは4億6600万米ドル規模のオーストラリアの教科書市場での初期成長を見込み、アジアの120億米ドル規模の市場の一片を模索している。同社は新サービス開発と自社プラットフォームの世界進出に向けて追加投資を模索しており、今月下旬にアメリカの投資家とのミーティングを控えている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------