BRIDGE

タグ zuknow

中高生にも使いやすいようにUIを目指してーー学習アプリ「zuknow」がデザインをリニューアル

SHARE:

ビズリーチが提供しているソーシャル暗記帳アプリ「zuknow」がデザインの改修作業を実施した。これに合わせて、学研教育出版「高校入試ランク順」に対応した中高生向けコンテンツの配信を開始する。 2014年1月にリリースした「zuknow」は現在、累計25万ダウンロードを突破し、アプリ上で27,000 個以上のコンテンツが作られている。その後、ソーシャルとの連携、一斉テスト機能など、ユーザのニーズに合…

quiz

ビズリーチが提供しているソーシャル暗記帳アプリ「zuknow」がデザインの改修作業を実施した。これに合わせて、学研教育出版「高校入試ランク順」に対応した中高生向けコンテンツの配信を開始する。

2014年1月にリリースした「zuknow」は現在、累計25万ダウンロードを突破し、アプリ上で27,000 個以上のコンテンツが作られている。その後、ソーシャルとの連携、一斉テスト機能など、ユーザのニーズに合わせて機能追加を実施してきた。

ユーザの学習継続をサポートするために、と高機能化を進めてきた「zuknow」だったが、機能が増えたことにより、複雑さも生まれた。

サービスのコンセプトが伝わるUIに

「自分の欲しい機能にたどり着く前に離脱してしまう、アプリを使いこなせないユーザが出てきてしまいました」、ビズリーチで「zuknow」の開発を担当している鈴木康弘氏はそう語る。

ユーザビリティテストを重ねたことで、ユーザが機能を使う前に離脱してしまっていることがわかり、UIの見直しが行われた。

鈴木氏「私たちは「zuknow」を単なる単語帳アプリとは位置づけていません。学習の継続を支援するアプリとして位置づけているのですが、そのコンセプトがユーザに伝わっていないことがわかりました。コンセプトをしっかりと伝えていくために、チュートリアルを徹底的に見直しました」

チュートリアルの改善には、Gmailのスマホアプリ等のチュートリアルを参考にしたという。一枚絵で見せていくのではなく、視線を誘導していけるよう、タイトルを出し、その後ビジュアルでイメージを訴求するようになっている。一度にすべての情報を出すのではなく、順番に出すことで効率的にメッセージを伝えられるようにしたそうだ。

ペーパープロトタイピングの段階、実機テストの段階、そしてリリース前の段階と3回ユーザビリティテストを実施して、新しいUIの感触を確認するなど、入念にテストを実施して今回のリリースに至った。

中高生のデジタル学習に対応する

「zuknow」は、学校の先生が定期テストに備えた学習用に利用したり、学校の友達同士で小テスト対策にアプリを利用するなど、中高生の学習に効果を発揮している。中には、富山県の学校で先生が「zuknow」を利用したことでクラスの平均点が10%アップするという事例も生まれているという。中高生の学習にも役に立つことがわかり始めている一方、中高生にとって使いやすいUIにはなっていなかったこともあり、今回のリニューアルが行われた。

今後、中高生がスマートフォンやタブレット端末を利用して学習することは増えていくと考えられる。「zuknow」は今回のUIの改修に合わせ、今後は冒頭にも触れたように学研教育出版「高校入試ランク順」対応コンテンツの配信を行うなど、中高生に向けた学習コンテンツの配信にも注力していく。

今後は、幅広いユーザの学習ニーズに対応していくことで、今年中に100万ダウンロードの突破を目標としている。

ソーシャル暗記帳アプリ「zuknow」が一斉テスト機能を公開、学習継続性の向上を図る

SHARE:

ビズリーチが提供している暗記帳アプリ「zuknow(ズノウ)」は、本日、全国のユーザが参加できる「一斉テスト」機能を公開した。zuknowは、今年の1月にサービスをリリース、約1年が経過した12月時点で累計 20 万ダウンロードを突破している。 zuknow は今年の8月にリニューアルを実施。単語帳機能に加えて、友人と競い合うソーシャル機能を追加したところ、その後3カ月でアクティブユーザ数が8倍に…

zuknow

ビズリーチが提供している暗記帳アプリ「zuknow(ズノウ)」は、本日、全国のユーザが参加できる「一斉テスト」機能を公開した。zuknowは、今年の1月にサービスをリリース、約1年が経過した12月時点で累計 20 万ダウンロードを突破している。

zuknow は今年の8月にリニューアルを実施。単語帳機能に加えて、友人と競い合うソーシャル機能を追加したところ、その後3カ月でアクティブユーザ数が8倍に成長したという。

<関連記事>

新たな競争要素「一斉テスト」

勉強に関連するサービスがどれも抱えているのはいかにしてユーザに勉強を継続してもらうかだ。長期的に目標を設定し、それに向かい続けることはモチベーションの維持に苦労するし、だからと言って自分で短期的な目標を設定することも難しい。

zuknowは全国のユーザが同じ条件で競い合う「一斉テスト」機能を追加することでこの課題をクリアしようとしている。テストが開催されることで、ユーザはそのテストに向けて短期的な目標を設定しやすくなる。zuknowは短期的な勉強目標をテストを課すことによって提供し、ユーザの学習継続を促す狙いだ。

zuknow_entry_001-e1418367990388 zuknow_ranking_02-e1418368350919

一斉テストのエントリー受け付けが開始されると、zuknow ユーザにはプッシュ通知が送信される。学校でのテストのように、出題範囲や開催日時が決まっており、事前にテスト勉強が可能。

テスト日時が訪れると、テストにエントリーしているユーザは制限時間内に同じ条件でテストを受ける。テストが終了すると、点数のランキングが発表される。ユーザは自分の点数が全国のユーザのなかで何位なのか把握でき、10 位までに入賞したユーザーは、zuknow が特別に表彰するという。

ソーシャル機能を追加して数字を大きく伸ばしたzuknowが、今回の新機能の追加によって、どれだけ数字を伸ばすのかに注目したい。

学習継続性を高めるための新機能を実装し「zuknow (ズノウ) 」はソーシャル暗記帳アプリへ

SHARE:

ビズリーチは、ユーザが学習ノウハウを共有して学び合うスマホアプリ「zuknow (ズノウ) 」で学習の進捗度合いを競い合う新機能を本日リリースした。 「zuknow (ズノウ) 」はスマホで暗記帳やノートを作成して共有し、学習ノウハウを共有するアプリとして今年の1月にリリースした。その後4月に限定されたユーザ同士で暗記帳を共有する「グループ機能」リリース。リリースから約半年でダウンロード数は約10…

「zuknow

ビズリーチは、ユーザが学習ノウハウを共有して学び合うスマホアプリ「zuknow (ズノウ) 」で学習の進捗度合いを競い合う新機能を本日リリースした。

「zuknow (ズノウ) 」はスマホで暗記帳やノートを作成して共有し、学習ノウハウを共有するアプリとして今年の1月にリリースした。その後4月に限定されたユーザ同士で暗記帳を共有する「グループ機能」リリース。リリースから約半年でダウンロード数は約10万になり、作られた暗記帳の数は1万5千にもなるという。

学習を継続させるためソーシャル化

これまでは学習の効率化を目指してサービスの改善を続けてきたが、学習における最大の課題といってもよい「継続性」を高めるために、ソーシャル性を高める機能を追加した。新たな機能として実装されたのは以下の3つだ。

  • クイズに回答した正答率で、ユーザ同士が競い合う
  • 他人の学習ペースを知ることで、学習意欲を高める
  • 同じ目標を持つ勉強仲間でグループをつくる

zuknow

単体のユーザに学習させるだけではなく、ユーザ同士で競い合えるような仕組みを導入。クラスや塾、同じ分野で勉強中の仲間同士でグループをつくることもでき、他ユーザの学習ペースを知ることで自身の学習意欲を高められるようにしている。これらの新機能によりzuknow は「ソーシャル暗記帳」アプリとなることを目指している。

カード型データベースとしての利用

zuknowは現状、中高生に対して先生が主導して利用させているという。中高生にとっては、ローカルなテスト対策も暗記帳を作ってシェアすることが可能になっているためまたTOEICを受けるような社会人のユーザも多い。

話を聞いていてユニークだったのは、医療系の単語など専門用語の暗記帳が作られているということや、「プラダを着た悪魔に登場する英単語」といった暗記帳や、語学以外の焼肉の部位を覚えるといった暗記帳も作成されているという点だ。

ユーザの工夫によって暗記帳が作成され、これが新たに追加されるソーシャル性とうまくマッチすれば、ユーザにとって便利で頻繁に使うアプリになる可能性がある。

学習コンテンツホルダーの参加

「ソーシャル暗記帳」への新機能追加に加え、今回新たに「zuknow 公式グループ」として、「TOEIC®公式アプリ」など5つのコンテンツホルダーが参画する。

これまでもzuknow上で有料の学習コンテンツの購入は可能となっていたが、今回からコンテンツホルダーはzuknowアプリ内で公式グループを立ち上げることが可能になる。

公式グループはユーザであれば誰でも参加できるグループで、zuknow限定のコンテンツや最新情報をユーザに提供する。「TOEIC®公式アプリ」や「Z会CA」などの zuknow 公式グループに参加したユーザは、zuknow 限定の暗記帳や最新情報など学習に役立つ情報を受け取ることができるようになる。

教育コンテンツを持っていても、自らのリソースでアプリを開発できるわけではないプレイヤーも多い。zuknowがコンテンツホルダーがその良質なコンテンツを活かすための場を提供することで、学習者とコンテンツホルダーをつないでいく狙いだ。

zuknowは現在日本語と英語に対応している。今後は世界展開も視野に入れながらサービスを展開していく。