NVIDIA社開催の「GTC 2020」に登壇。外観検査AI「Gemini eye for Jetson」を用いた製造業務向けエッジAIソリューションを紹介

SHARE:

最新の教師なし学習を用いた外観検査AIソリューションのエッジ端末への適用事例を紹介しています。全てのJetsonシリーズで動作可能で、安価でコンパクトにAI外観検査を行えます。

製造業向けAIシステム開発を手掛ける、株式会社Pros Cons(所在地:東京都渋谷区道玄坂2丁目15番1号 ノア道玄坂915、代表取締役:安部 正一郎)は、NVIDIA社が2020年10月5日から9日までの日程で開催する「GTC 2020」に登壇します。最新の教師なし学習を用いた外観検査AI「Gemini eye for Jetson」の製造業への適用事例を紹介します。
【概要】
NVIDIA社が2020年10月5日から9日までの5日間の日程で開催する「GTC 2020」に当社CTOの坂田 昌則が登壇します。「Unsupervised Visual Inspection on Edge Devices」(エッジ端末で動作する教師なし外観検査)と題し、外観検査AI「Gemini eye for Jetson」の製造業への適用事例を紹介します。

PR TIMESで本文を見る