ギリア、セイコーエプソンの製品設計において、設計者のCAE作業をAIがサポートする実践的検証を実施

SHARE:

独自開発のAIを用いた設計・開発の高度化、高速化によりCAE作業の生産性向上を目指す

ギリア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:齋藤真、以下 ギリア)は、セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、代表取締役社長:小川恭範、以下 セイコーエプソン)と、製品設計の期間短縮を目指し、ギリアが独自に開発したAIをCAE(シーエーイー *1)解析に活用することで合意し、実践的な検証を開始いたしました。

製造業や建設業など設計・製造を行う業種では、実際にモノを作り出す工程の前に問題点を洗い出し、あらかじめ不具合を予測、発見することで品質を高める「フロントローディング」の取り組みが積極的に進められています。一方、フロントローディングで重要となる、設計作業と並行して行うCAE作業は、一般的に負荷が高く、CAEツールを使いこなすために習熟を必要とするなどの課題があります。

ギリアは、製品設計の期間短縮を実現するために、独自に開発したAIによるCAE作業の効率化をセイコーエプソンに提案いたしました。このAIの活用により、蓄積された複数のデータパターン分析や設計者の解析条件設定に関する機能の評価、熟練者の模倣学習を行った設定の提示といった実践的な検証に取り組んでいます。検証を通じて、CAEツール操作を行うエンジニアの習熟度による精度の差を抑えるとともに、試行回数を減らすことでCAE作業の負荷を軽減し、設計プロセスのさらなる高速化を目指しております。

【図】今回の検証で目指す、設計プロセス全体におけるAI活用

PR TIMESで本文を見る