防災ベンチャーKOKUA、日本気象協会公式 天気予報専門メディア「tenki.jp」にパーソナル防災コンテンツの提供を開始

SHARE:

提供サービスであるパーソナル防災サービスpasoboの知見を活かして、より多くの人にパーソナライズされた防災情報をお届けします

 株式会社KOKUA(本社:東京都渋谷区/代表:泉勇作・疋田裕二)は、天気予報専門メディア「tenki.jp( https://tenki.jp )」に対して、パーソナル防災コンテンツの提供を開始することをお知らせします。 KOKUAが提供しているパーソナル防災サービス「pasobo( https://pasobo.jp )」の開発や運営の知見を活かして、居住地や家族構成などひとりひとりの情報に合わせた災害危険性診断や、診断を踏まえた避難対策や防災グッズを提供いたします。

コンテンツ提供の目的と狙い 昨今激甚化している自然災害において、災害対策・防災の重要性がますます高まっています。KOKUAでは、2023年よりパーソナル防災サービスpasoboを運営しており、誰ひとり取り残さず、一人ひとりがより簡単に、より正しく災害の備えを実現できるようにサービスを提供しております。また、「tenki.jp」は年間約59億PV(2023年4月~2024年3月実績/Webページ・スマートフォンアプリ合算)を有する天気予報専門メディアで、市区町村毎の詳しい天気予報に加え、台風、地震などの防災情報、気象予報士によるわかりやすい天気解説など豊富な気象情報を提供しています。
 このたび、コンテンツ提供を実施することにより、「tenki.jp」のご利用者様にパーソナル防災コンテンツの提供を実現し、日常生活の中でより自然に防災対策を実施できる仕組みを作っていくことを目的としています。

天気予報サービスにパーソナル防災コンテンツを提供する意義 防災は、住んでいる場所や家族構成等によって対策する内容が異なるため、正しい対策を各ご家庭で揃えることは簡単ではありません。また、防災の準備をする人は被災リスクなど災害に対して既に関心を持つ人が多いため、そもそも関心がない人々に対して防災の準備を促すことは難易度が高いです。
 一方で、天気予報はあらゆる人が日常的に利用するサービスであるため、防災の認知度やその重要性を広げる機会になると考えています。特に、気象情報は自然災害を強く想起するタイミングでもあるため、多くの人々に対策を促すきっかけに繋がると考えています。
 このような背景から、私たちは「tenki.jp」へのコンテンツ提供を通じて、より多くの人々に対して効果的なパーソナル防災コンテンツを提供し、防災対策の浸透を図りたいと考えています。

提供コンテンツのご利用について 本コンテンツは、一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区/理事長:渡邊 一洋)及び株式会社ALiNKインターネット(本社:東京都豊島区/代表取締役 池田洋人)が「tenki.jp」にて提供する「tenki.jpメンバーシップ」のメンバーサービスとして提供される「いのちを守る 防災診断」にてご利用可能です。本サービスは、簡単な質問に回答するだけで自宅周辺の浸水や津波、土砂災害などの災害危険性やハザードマップの表示、お客様の家族形態ごとに適した避難対策や防災グッズの提案がうけられるサービスです。
 「tenki.jpメンバーシップ」を利用するためには、無料のメンバー登録が必要となります。パーソナルデータの登録をすることにより、「tenki.jp」では、天気予報を中心とした、利用者ひとりひとりに合わせた生活支援情報の提供が可能となります。 

PR TIMESで本文を見る