AR版ストリートファイターのようなモバイル格闘ゲーム「Jadu」がローンチ

SHARE:
Jadu は拡張現実(AR)を使った現実世界のストリートファイターのようなものだ。
Image credit: Jadu

Jadu は、拡張現実(AR)を使った仮想世界と物理世界を融合させた多人数参加型モバイル格闘ゲームをリリースした。

Jadu と名付けられたこのゲームは、iPhone と iPad 向けの App Store と Android 端末向けの Google Play で無料ダウンロードが可能となっている。

Jadu を使えば、プレイヤーは自分のアバターが遠隔地にいる相手とリアルタイムでプレイヤー対プレイヤー(PvP)のバトルを繰り広げることができる。

Jadu は、プレイヤーが現実世界の中で自分のアバターを操作できるようにすることで、ストリートファイターのコンセプトを実現したいと考えている。このゲームプレイ体験により、ユーザは自分のアバターをカスタマイズしたり、友人と戦ったり、新たな対戦相手と競い合ったりすることができる。

このゲームの技術には、LiDAR センサー、高解像度カメラ、最新のスマートフォンに見られる高速ネットワーク機能が使用されており、これまで他のプラットフォームでは実現できなかった没入感のあるゲーム体験を生み出している。

Jadu は、iOS と Android で利用可能な AR 格闘ゲームだ。
Image credit: Jadu
Jadu の際立った特徴のひとつは、各界の著名人とのコラボレーションだ。シングルプレーヤーのキャンペーンモードでは、「トランスフォーマー」のプロデューサー兼監督 Michael Bay 氏と共同でデザインしたエイリアンロボットとの戦いが楽しめる。さらに、Lewis Hamilton 氏、Grimes 氏、Snoop Dogg 氏がデザインしたホバーボードなど、ゲーム内限定のアイテムがプレイヤーを待っている。

Jadu は、ロサンゼルスを拠点とする Jadu Studio の CEO 兼創設者 Asad J. Malik 氏の発案によるものだ。Malik 氏は、Variety の「10 Innovators to Watch」、Rolling Stone の「Future 25」、Forbes の「30 Under 30」、Adweek の「Young Influentials」に選出され、AR のビジョナリーとして認知されている。彼が過去に手がけた AR 物語プロジェクト「Terminal 3」と「A Jester’s Tale」は、Tribeca や Sundance といった権威ある映画祭でプレミア上映された。

AR プロジェクトを立ち上げて7年、ようやく、スマートフォンで育った次世代のゲーマーにも広く受け入れられる、真の空間体験ができたと感じています。物理的な空間で遠隔地にいるプレイヤーの幽霊のような存在と戦うことは、ベータ版プレイヤーの想像力をくすぐる体験です。(Malik 氏)

Jadu はベータ版の段階で大きな注目を集め、1万人の参加者が10万試合以上をプレイした。General Catalyst のマネージングディレクター Niko Bonatsos 氏は次のように語った。

Jadu は、私がこれまで見てきたコンシューマ向け AR の試みの中で最も野心的なもののひとつです。Asad 氏と彼の素晴らしいデザイナー、エンジニア、クリエイターのチームは、AR の構築に何年もの経験を持っており、我々は、同社が Z 世代・α世代に新しい形のゲーム体験を提供するユニークな立場にあると信じています。

同社は、Bain Capital Crypto、General Catalyst、LG Tech Ventures、Com2Us、LionTree、Gaingels など著名企業から4,200万米ドルの投資を受けている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録