エルブズと池田ケーブルネットワーク、異分野連携新事業分野開拓計画「新連携」に認定

by 株式会社エルブズ on 2018.2.14

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

~AI技術と仮想地域通貨による過疎地高齢者生活支援サービスネットワークの実現~

株式会社エルブズと株式会社池田ケーブルネットワークは、平成30年2月9日、中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画「新連携」に認定されたことを発表いたします。事業テーマは「AI技術と仮想地域通貨による過疎地高齢者生活支援サービスネットワークの実現」です。事業概要は「コア企業がAI技術を活用した御用聞きアプリケーションを提供、連携企業が光ネットワーク/モバイル回線を提供、過疎地域高齢者が外出しやすい環境を実現、生活支援サービスAIプラットフォームを提供する。生活支援に関しては、コア企業、連携企業に加え、複数の過疎地域の基礎自治体やNPO、官公庁が出資する道の駅運営企業などとも協力し、お買い物支援、認知症検知などを実現する」となります。
※本ニュースリリースは、株式会社エルブズと株式会社池田ケーブルネットワークの2社から配信しております。重複して受信される場合がございますが、予めご了承ください。

株式会社エルブズ
株式会社池田ケーブルネットワーク

株式会社エルブズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 秀樹、以下 エルブズ)と株式会社池田ケーブルネットワーク(本社:徳島県三好市、代表取締役社長:馬宮 㓛、以下 池田ケーブルネットワーク)は、平成30年2月9日、中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画「新連携」に認定されたことを発表いたします。

・新連携とは
「異分野の事業者が有機的に連携し、その経営資源(設備、技術、個人の有する知識及び技能その他の事業活動に活用される資源)を有効に組み合わせて、新事業活動を行うことにより新たな事業分野の開拓を図ること。」(中小企業庁 新連携の概要, p.1)

詳しくは、中小企業庁の下記ページを御覧ください。

中小企業庁 新連携の概要(PDF)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/shinrenkei_gaiyou.pdf

中小企業庁:経営サポート「新連携支援」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/index.html

認定された事業テーマ、及び事業概要は以下の通りです。

・事業テーマ
AI技術と仮想地域通貨による過疎地高齢者生活支援サービスネットワークの実現

・事業概要
コア企業がAI技術を活用した御用聞きアプリケーションを提供、連携企業が光ネットワーク/モバイル回線を提供、過疎地域高齢者が外出しやすい環境を実現、生活支援サービスAIプラットフォームを提供する。生活支援に関しては、コア企業、連携企業に加え、複数の過疎地域の基礎自治体やNPO、官公庁が出資する道の駅運営企業などとも協力し、お買い物支援、認知症検知などを実現する

認定については、中小企業庁の下記ページを御覧ください。

中小企業庁:中小企業等経営強化法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画を認定しました
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2018/180209Ibunya.htm

異分野連携新事業分野開拓計画認定一覧 – 中小企業庁(PDF)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2018/180209Ibunya.pdf

エルブズと池田ケーブルネットワークは、今後、新連携で認定された事業計画に基づき、過疎地高齢者生活支援サービスネットワークの実現を進めてまいります。エルブズのサービスは2018年4月4日にリリース予定です。下記ティザーサイトにて事前登録を募集しております。

あらゆる情報に対話の温かみを 私たちが社会課題を解決します
https://elvez.jp/services/

ぜひご登録ください。

『株式会社エルブズ』の概要
社名:株式会社エルブズ(Elvez,Inc.)
代表者:田中 秀樹(代表取締役社長)
設立年月:2016年2月26日
本店所在地:東京都渋谷区
主な事業内容:社会性エージェントサービスの提供、広告、教育、法人向けシステムコンサルティングサービス等
https://elvez.jp/

エルブズは、「社会性を持つAI(人工知能)で幸せを提供する」をビジョンとして掲げ、今後急速に増加する高齢者に寄り添うコミュニケーションサービスの提供を目指しているベンチャー企業です。エルブズは、「Agents of Socialization(社会性エージェント)」技術(※1)を用いた「御用聞きAI(R)」サービスの提供、広告配信、技術教育、システムコンサルティングサービスなどを事業としています。

※1 「Agents of Socialization(社会性エージェント)」技術:AIが社会に存在する具体的なアクターの代理人(エージェント)として、利用者と対話を行う基盤技術。IoTや機械学習、自然言語処理といったさまざまな要素技術を包含している
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

『池田ケーブルネットワーク』の概要
社名:株式会社池田ケーブルネットワーク(IkedaCableNetwork, Inc.)
代表者:馬宮 㓛(代表取締役社長)
設立年月:1987年5月11日
本店所在地:徳島県三好市
主な事業内容:CATV事業・放送局・広告業務、インターネットプロバイダー事業、通信業務・電気工事業務
http://ikedacable.co.jp/

本件に関するお問合わせ先
株式会社エルブズ 担当 曽我
E-mail:[email protected]

株式会社池田ケーブルネットワーク 担当 山下
E-mail:[email protected]