DEEPCORE TOKYO1号に、みずほ銀行、電通、Mistletoe Venture Partners、みずほ証券、日本政策投資銀行、日本ビジネスシステムズ、KSK Angel Fundが出資

by 株式会社ディープコア on 2018.12.17

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

AI特化型インキュベーター 兼 VCである株式会社ディープコア(本社:東京都文京区、代表取締役社長:仁木 勝雅、以下「DEEPCORE」、URL:http://deepcore.jp/)は、AIスタートアップへの投資を目的としたファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」(以下「DEEPCORE TOKYO1号」)に、新たに株式会社みずほ銀行、株式会社電通、 Mistletoe Venture Partners株式会社、みずほ証券株式会社、株式会社日本政策投資銀行、日本ビジネスシステムズ株式会社、本田 圭佑氏が手掛ける個人ファンドであるKSK Angel Fund LLC、その他の法人および個人投資家から出資を受けたことをお知らせします。

「DEEPCORE TOKYO1号」は、シードおよびアーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、成長を支援することを目的とするファンドです。DEEPCOREが運営するインキュベーションスペース「KERNEL HONGO」(http://kernel.deepcore.jp/)から生まれたAIスタートアップや、既に設立されているAIスタートアップを投資対象とします。これまでに株式会社VAAK、株式会社UsideU、Uplift labs, inc、メドメイン株式会社、株式会社Liaroをはじめとする合計11社への投資実績があります。

株式会社みずほ銀行 専務執行役員 山田 大介氏は、次のように述べています。
「最先端のAI技術を持つDEEPCOREのKERNEL HONGOや、投資先のAIスタートアップとの連携を通じて、既存ビジネスの改善、新規ビジネスの創出を加速させていきます」

Mistletoe Venture Partners株式会社 代表 孫 泰蔵氏は、次のように述べています。
「AIを研究するということはすなわち、人間と世界について深く考察するということにほかなりません。不断の努力で日夜研究に取り組み、その成果を社会に実装していくことによってより良い暮らし、より良い世界をつくるために挑戦を続ける起業家を支援するDEEPCOREに大いに期待しています」

DEEPCOREは、「DEEPCORE TOKYO1号」を通して、有望なAIスタートアップの成長を支援し、日本から世界に向けて破壊的イノベーションを起こすことを目指します。

「DEEPCORE TOKYO1号」について

DEEPCOREについて
DEEPCOREは、「CORE for Disruptive Innovations」をミッションに、AI、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家育成を目指すAI特化型インキュベーター 兼 ベンチャーキャピタル(VC)です。技術で破壊的イノベーションを起こす起業家を育成するエコシステムを構築し、ディープラーニングをはじめとしたAI技術の社会実装を目指します。東京都文京区本郷のインキュベーション施設「KERNEL HONGO」を拠点に、AIテクノロジードリブンなコミュニティ運営や企業などとの共同実証実験、スタートアップ支援を行っています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。