Readyforと筑波技術大学が寄付金獲得を目的としたクラウドファンディング業務提携を開始 -第一号プロジェクトを公開-

by READYFOR株式会社 on 2019.3.25

READYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)と国立大学法人筑波技術大学(所在地:茨城県つくば市、学長:大越教夫)は、寄附金獲得による教育・研究の活性化を目的とした業務提携を開始し、クラウドファンディングプロジェクト第一号となる「障害を超えて誰もがスポーツのワクワクを共有できるシステムを!」を開始いたします。なお、第二号プロジェクト「聴覚障がい者が解説!博物館の手話ガイド育成支援プロジェクト」は、4月15日(月)に公開予定です。

PR TIMESで本文を見る