Mielkaが政治情報可視化サービス「JAPAN CHOICE」を再リリース!データ・デザイン・テクノロジーによる包括的な政治情報インフラサービスへ。

by NPO法人Mielka on 2019.6.19

クラウドファンディングサービス「Readyfor」で資金調達を開始

「若者と政治をつなぎ、 投票の量と質を向上する」ために活動するNPO法人Mielka(代表:徐東輝(28))は、 2019年夏に実施される参議院議員選挙を前に、 政治情報可視化サービス「JAPAN CHOICE」の再リリースを決定。それに伴う開発費用をクラウドファンディング「Readyfor」にて資金調達を開始いたします。同サービスでは、日本初となったデータビジュアライズ技術等を駆使した候補者情報や公約比較のほか、今回新たに「公約実現度」、「予算の使いみち」、「世論の動向」のビジュアライゼーションを目指します。

■JAPAN CHOICEとは

有権者向けオンラインサービス「JAPAN CHOICE」は、2017年、特定のイデオロギーに固執しない政治的公平性を担保しつつ、 事実と解釈を分別した網羅的な政治情報の発信を開始しました。100万人を超える有権者に対して、 投票に行く際の手助けとなる情報を提供することを目的としており、 前回の衆院選ではリリース後10日で300万以上のPV数実績を達成しました。

PR TIMESで本文を見る