静岡県西伊豆町とトラストバンク、ふるさと納税を活用した新事業を開始

by 株式会社トラストバンク on 2017.10.13

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

~ 寄附金の使途を明確にするガバメントクラウドファンディングで漁業活性化のための稚貝や稚魚の放流事業の資金調達事業を実施 ~

静岡県西伊豆町(所在地:静岡県賀茂郡西伊豆町、町長:星野淨晋、以下「西伊豆町」)と自治体契約数等で日本最大のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、10月13日から、ふるさと納税の制度を活用した、使途を明確にして資金調達をする「ガバメントクラウドファンディング」を開始しました。調達した資金は、稚貝や稚魚の放流事業に使われます。
本事業は、「ふるさとチョイス」のサイト上で寄附金を集めます。目標金額は300万円に設定され、期間は2017年10月13日~2017年12月31日の80日間です(注)。

西伊豆町は、カツオやマグロの遠洋漁業の基地として栄える港町として有名でしたが、少子高齢化や時代の流れと共に漁業の衰退が進み、現在の西伊豆町は観光に特化した産業形態となりました。今後も若者が町に住み続けられる環境づくりや、町の特色を生かした産業づくりの観点から、漁業就労者の維持は大変重要で、漁業の賑わいを創出することが同町の課題となっています。今回のGCFのプロジェクトで集めた寄附金は、稚貝や稚魚の放流事業に使われます。このプロジェクトを通じて、漁獲量の増加だけでなく、同町の漁業活性化に伴う後継者の育成や釣り客の誘致を通じた宿泊客数の増加が期待されます。

今年4月、総務省よりお礼の品に関する通達が出されたことで、寄附金の使い道に対する関心が高まり、自治体には、ふるさと納税の趣旨や目的に沿った制度運用が求められています。これにより、ふるさと納税の市場は、「モノ」から「コト」(「お礼の品」から「寄附金の使い道」)にシフトしていくと予測されています。

当社は、自治体が寄附金を集めるために、寄附金の使途を明確にすることが重要であると考えており、それに伴い、ふるさと納税の制度を活用したクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」によるプロジェクトの立ち上げが一般化されることが想定され、寄附者にとって寄附金の使途から応援したい自治体を選べる機会が増えると期待しています。

トラストバンクは今後も、本事業を通じて、ふるさと納税制度の趣旨や目的に沿った制度運用に注力するとともに、自治体が抱える課題や取り組みを積極的に支援することで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

□■ 新事業の概要 ■□
◆プロジェクト名: 西伊豆の漁業を元気にしたい!応援プロジェクト
◆サイト運営会社: 株式会社トラストバンク
◆募集額: 300万円
◆期間: 2017年10月13日~2017年12月31日(80日間)
◆使い道: 稚貝や稚魚の放流事業
◆プロジェクトURL:https://www.furusato-tax.jp/gcf/213
(注)募集期間は、延長の場合がございます。

【株式会社トラストバンクについて】
2012年4月設立。地域に「ヒト」「モノ」「おカネ」「情報」を循環させることをミッションに、持続可能な社会の実現のため、主に自治体支援サービスを提供。2012年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。同サイトは、約1億4,300万の月間PV数(2016年12月)、174万を超える会員数(2017年10月)、契約自治体数1,270自治体超(2017年10月)、お礼の品登録数14万5,000点超(2017年10月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年4月、ふるさと納税の制度を活用したプロジェクト型課題解決支援「ガバメントクラウドファンディング」をスタート。ふるさと納税市場におけるリーディングカンパニーとして、寄附金の「使い道」を明確にする啓蒙活動を積極的に展開。また災害等有事における被災地の支援の専用サイト「災害支援」を2017年4月に開設。自治体職員を対象にしたセミナーなどを全国で多数実施。2016年7月、都心にいながら「ふるさと」を身近に感じられる場所として「ふるさとチョイス Café」(有楽町)をオープン。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------