THE BRIDGE

タグ ラブグラフ

出張撮影のラブグラフが総額2億円の資金調達、家族や企業向けにもターゲットを拡大

SHARE:

出張フォト撮影サービスを提供するラブグラフは2月6日、総額2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先となったのは、NTTドコモ・ベンチャーズ、グリーベンチャーズ、朝日メディアラボベンチャーズ、AGキャピタルおよび個人投資家のDrone Fund General Partnerの千葉功太郎氏、Supership元取締役の古川健介氏、アカツキ代表取締役CEOの塩田元規氏、ヘイ代表取締役社長…

2019-02-06 6.59.22
写真左よりCPOの吉村創一朗氏、CCOの村田あつみ氏、代表取締役の駒下純兵氏、カメラマンマネージャーの宮村優哉氏

出張フォト撮影サービスを提供するラブグラフは2月6日、総額2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先となったのは、NTTドコモ・ベンチャーズ、グリーベンチャーズ、朝日メディアラボベンチャーズ、AGキャピタルおよび個人投資家のDrone Fund General Partnerの千葉功太郎氏、Supership元取締役の古川健介氏、アカツキ代表取締役CEOの塩田元規氏、ヘイ代表取締役社長の佐藤裕介氏。株式比率や払込日は非公開。

同社が運営する「Lovegraph(ラブグラフ)」はカップルや家族、友達をターゲットとした出張での写真撮影サービス。カメラマンが依頼者の行き先に同行し、記念日や結婚式の前撮り用の写真を撮影する。サービス開始時からの撮影累計件数は1万3000組、ラブグラフに登録しているカメラマンと写真を撮影して欲しい人がマッチングするプラットフォームの形になっている。登録カメラマンは取材時で300人だ。

出張での写真撮影を軸に事業を展開する同社は、企業向けの出張写真撮影サービス「ヒストリ」やカメラマン向けの撮影レッスンなどを提供する「ラブグラフアカデミー」といったブランドラインを展開している。

調達資金はカメラマンの採用やファミリー層をターゲットとしたサービスの拡大に充当する。また、画像解析によるレタッチの効率化などの研究開発も推進する。

比較しないオンリーワンのブランドを確立する

2019-02-06 7.39.39

ラブグラフといえば、愛をテーマにしたいわゆる”エモい”カップル写真が撮影できるサービスとしてミレニアル世代に指示を得ていた。今回、同社代表取締役の駒下純兵氏に取材で話を聞いたところ従来のカップルから家族向けに注力しつつある、ということだ。

「マタニティフォトや七五三、ハーフバースデーといった利用シーンへの訴求を増やしています。これまで多くのカップルを撮影してきましたが、ラブというコンセプトは変わらず、むしろラブのストーリを一緒に追っていける家族撮影は実現したいことができていると感じています」(駒下氏)

現時点で全体利用者の約60%は家族の利用になっており、今後も子供の成長にあわせて共に撮影をしていくよう利用を狙う。

aMiなど出張フォトサービスも増えつつある中で利用シーン拡大により、ラブグラフのカップルというひとつのブランド性が見えづらくなってしまわないのか。駒下氏はラブグラフのブランドについて、下記のように話してくれた。

「ラブグラフの考えるブランド力は『比較しないモノである』ということです。多くの人が安いから、楽だからといってラブグラフを選ぶのでなく、SNSで友達の撮影写真を見て『ラブグラフで撮りたい』と利用してくれています。品質や信頼、目に見えづらいカルチャーによるファンの構築を大切にしています」(駒下氏)

----------[AD]----------

カップルや友達の愛をテーマにした出張撮影サービス「ラブグラフ」が総額1.4億円を調達、若者層が求める「撮影される体験」を提供

SHARE:

最近の女子大生の間では盛れないカメラアプリを「ブスカメラ」と呼ぶらしい。(盛れないとは可愛く写真が取れないことを指す) 自撮りアプリのSNOWや撮影女子会など可愛く盛れる写真、いわゆる「フォトジェニックな写真」を撮れるアプリやサービスを若い女性たちは日常的に利用している。 そんなフォトジェニックな写真を撮れるサービスのひとつ、カップルや友達同士の撮影サービス「ラブグラフ」は7月7日、総額1.4億円…

photo 2.jpg

最近の女子大生の間では盛れないカメラアプリを「ブスカメラ」と呼ぶらしい。(盛れないとは可愛く写真が取れないことを指す)

自撮りアプリのSNOW撮影女子会など可愛く盛れる写真、いわゆる「フォトジェニックな写真」を撮れるアプリやサービスを若い女性たちは日常的に利用している。

そんなフォトジェニックな写真を撮れるサービスのひとつ、カップルや友達同士の撮影サービス「ラブグラフ」は7月7日、総額1.4億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はグリーベンチャーズ、3ミニッツ取締役CFOを務める石倉壱彦氏とその他個人投資家で、株式比率や払込日は非公開。

ラブグラフはカップルや友達、家族とお出かけする際にプロのカメラマンが同行して写真撮影をするサービスで、記念日や結婚式の前撮りなどに多く利用されている。2014年1月より開始された同サービスは現在全国で対応しており、累計撮影数が3500組、月間撮影数は200組を超える。

photo_1
同社メンバー/同社提供

 

ラブグラフは写真スタジオではなくリッチ版のプリクラ体験

photo_2
同社取締役CCOの村田あつみ氏/同社提供

ユーザーは全体の47%が大学生、次いで新卒1〜2年目の社会人が全体の22%。申し込みの8割を女性が占める。10代後半から20代前半のユーザーが写真館やフォトスタジオではなく、ラブグラフを利用する理由を同社取締役CCOの村田あつみ氏に聞いてみたところ、下記のように回答してくれた。

「まず、この世代のユーザーはラブグラフを写真館や写真スタジオと比較するという概念がありません。撮影された写真を目的にしているというよりは、写真撮影をする体験に価値を感じてラブグラフを選んでいただいています。比較するのであればディズニーランドも行きたいけど、ラブグラフもしたい!というような感覚ですね」(村田氏)。

また若年層がラブグラフなどのフォトジェニックなサービスにユーザーが惹かれる理由を次のように語る。

「撮影されるという体験からモデル気分を味わう。さらに、写真がもらえるので思い出になる。もらった写真をSNSでシェアすることでいいね!やコメントがもらえることに価値観を感じる。というような3段階がポイントだと思っています。写真撮影というよりプリクラに似ている感覚です。

世界観はラブグラフで言うと、ほっこりするというコンセプトが支持されています。この彼氏は本当にこの彼女が好きなんだろうな、という表情や暖かい気持ちにさせるような写真に共感する人が多いです」(村田氏)。

今回調達した資金は、新規顧客の開拓のための人件費およびマーケティングに充当する。また初回利用のハードルを下げるための撮影会にも取り組む。

----------[AD]----------