タグ BingoBox(缤果盒子)

中国のBingoBox(繽果盒子)、無人コンビニ向け最新AIテクノロジーを公開

SHARE:

中国の無人コンビニスタートアップ BingoBox(繽果盒子)は本日(原文掲載日:9月28日)、「Fan AI」という最新型 AI ソリューションをローンチした。これは、画像認識、顔認証、マシンラーニングに対応したスマート商品棚および最新型の会計システムだ。 BingoBox は24時間営業のセルフサービス式コンビニ。顧客はスマホをスキャンすれば入店でき、商品を選んで RFID タグで会計できる。…

中国の無人コンビニスタートアップ BingoBox(繽果盒子)は本日(原文掲載日:9月28日)、「Fan AI」という最新型 AI ソリューションをローンチした。これは、画像認識、顔認証、マシンラーニングに対応したスマート商品棚および最新型の会計システムだ。

BingoBox は24時間営業のセルフサービス式コンビニ。顧客はスマホをスキャンすれば入店でき、商品を選んで RFID タグで会計できる。BingoBox は RFID タグシステムを廃止し、画像認識テクノロジーに対応したカメラを使って商品をスキャンすることができればと考えている。この最新型システムが実用化されれば、顧客は商品を重ねた状態で会計に進み、WeChat Pay(微信支付)や Alipay(支付宝)を使ったスマホでの支払いが可能となる。

さらに同社は本日、カメラとディスプレイを内蔵したスマート商品棚システムをローンチした。このカメラは顧客の行動を捉えて、随時データを収集する。ディスプレイは最新かつカスタマイズされた販促メッセージを表示し、必要に応じて料金タグを修正する。

このスマート商品棚はただ価格を表示するだけでなく、顧客とのコミュニケーションツールになればと考えています。そうなれば素晴らしい販促ツールになるでしょう。

同社 CEO 兼設立者の Chen Zilin(陳子林)氏は、本日(原文掲載日:9月28日)北京で開かれたブランド戦略リリースのカンファレンスの場でそう話した。

店内のカメラ
Image credit: TechNode

また、イノベーション・リサーチ部門 VP の Wang Liangqi(王良旗)氏はこのように話している。

画像認識の正確読取率は99%に達しました。さらに多くの店が開くにつれて大量のデータが集まり、Fan AIの訓練ができるようになります。

<関連記事>

AIシステム「Fan AI」は将来、BingoBox 店舗の経営とオペレーションの支援に活用されるようになるという。スマート商品棚と会計システムは今年中に実用化される予定だ。Chen氏 は、4人のチームメンバーが40のセルフサービス式店舗を管理するのが理想だと話している。

商品には現在RFIDタグが装着されているが、今年この方法は廃止される予定
Image credit: TechNode

昨年の設立以降、同社は上海、深圳、北京など中国で158店を開設してきた。まもなく、内モンゴル自治区のオルドスにも進出するとしている。

今回新たに導入された新型チェックアウトカウンター
Image credit: TechNode

【via Technode】 @technodechina

【原文】

 

スマホだけで購入できる無人コンビニ〝中国版Amazon Go〟の「BingoBox(繽果盒子)」を試してみた【動画あり】

SHARE:

BingoBox(繽果盒子)は顔認識技術を活用した無人コンビニで、Alibaba(阿里巴巴)の取り組みとあわせて中国小売業界の革新的事例の1つになっている。しかしこのコンセプトには、初期の問題がないわけではない。上海の BingoBox はあまりにも熱くなってしまって閉まっていたし、私たちも実際に試してみたところ、無効な商品タグや紙なしのレシートなどの欠陥があったりして利用者の不満を招いていた。 …

BingoBox(繽果盒子)は顔認識技術を活用した無人コンビニで、Alibaba(阿里巴巴)の取り組みとあわせて中国小売業界の革新的事例の1つになっている。しかしこのコンセプトには、初期の問題がないわけではない。上海の BingoBox はあまりにも熱くなってしまって閉まっていたし、私たちも実際に試してみたところ、無効な商品タグや紙なしのレシートなどの欠陥があったりして利用者の不満を招いていた。

BingoBox は24時間365日営業の無人コンビニで、利用ユーザーはスマートフォンを持っている必要がある。無人店舗として先行するAmazon Goの言わば中国の答えのようなものだ。同社は世界トップ10の小売業者の1つ、Auchan Group(欧尚)との戦略的パートナーシップを締結することで、中国東部地域の BingoBox のサプライチェーンをカバーすると同時にグローバル展開をも可能にした。ちなみにこれはまだ完全に無人ではない:すなわち、現場で取材班は BingoBox に商品を補充していた Auchan の従業員に会っている。

BingoBox はシリーズAを完了し、GGV Capital(紀源資本)Qiming Venture Capital(啓明創投)、 Source Code Capital(源碼資本)Ventech China(銀泰資本)、その他組織等から1億人民元(1400万ドル)の資金を獲得している。私たちの姉妹サイト、TechNode Chinese(動点科技) が7月3日にレポートしたものだ。

BingoBox とは? どのような仕組み?

IMG_8073
Auchan スーパーマーケットの前にある BingoBox ストア(画像提供:TechNode)

コンビニに入って物を購入するにはスマートフォンさえあればOKだ。ユーザーは WeChat(微信)アカウントを使って QR コードをスキャンする。そうするとテキストメッセージ認証後にドアが自動的に開く。ユーザーは商品を選択してキャッシャーのようにスキャナーで商品をスキャンする。画面にはお会計が表示され、Alipay(支付宝)と WeChat Pay(微信支付)を使用して支払いを完了することができる。

BingoBox の主な製品は、ビスケットやポテトチップス、インスタントラーメン、乳製品、およそ500〜800種類のドリンク類だ。BingoBox は他のコンビニエンスストアのブランドよりも約5%ほど価格が安く、新規ユーザーに対しては60人民元の割引を提供している。

2013年に同社はフルーツデリバリー事業のO2O版である BingoFruit(繽果水果)を開始した。同社は独自の流通チャネルを持ち、2時間での宅配を初めて可能にしたと語っている。2016年8月に彼らは広東省の中山市に無人コンビニエンスストアを初めてオープンし、今年6月6日に上海の2か所にも開店した。

2017年の初めには人工知能の進化によって200種類以上の商品を正確に識別したとしている。深層学習のエキスパートチームでは、アルゴリズムの最適化とトレーニングを通じて、商品識別と分類アルゴリズムの開発に取り組んでいるということだ。今年8月には大規模商用人工知能ソリューションを立ち上げる予定にもなっており、彼らは現在、盗難防止システムや自動課金システム、顔認識など16の国際特許を保有する。

BingoBox 利用ユーザーたちの声

IMG_8061
利用ユーザーの Wang Ran 氏(30歳)(画像提供:TechNode)

Amazon の無人店に興味があったので BingoBox についての記事をウェブサイトで読み、友人のDeng Fei 氏と一緒にテスト利用するためにやってきました。ここに来るのに30分かかりました。以前は Alibaba の Tmall(天猫)のサプライチェーン技術部門で働いていました。

彼らはまたこれを利用したいということだった。

コンセプトはとても良いと思います。一人で購入することができるのは楽しいです。パッケージ製品なら私はここで購入し、新鮮な食料品についてはスーパーマーケットで買うと思います。コンビニエンスストアによく似ていて、試してみると簡単なので、もっと多くの人がこのタイプのストアを利用するんじゃないでしょうか。牛乳とスプライト、ビールを買いました。

IMG_8065
商品を補充する Auchan の従業員は自分用にヨーグルトを購入(Image Credit:TechNode)

Auchan で2年間働いてます。今年6月6日にオープンしたBingoBoxは多くの方にご利用いただいてます。私は完売した製品を補充するために、約6〜7回ここにきます。価格はAuchanと同じで本当に便利です。個人的にも飲み物を買うためにここを使ってます。

IMG_8045
利用ユーザーの Fang Tuanzi 氏(29歳)(画像提供:TechNode)

この辺りに夫婦で住んでます。約2週間前にこの店を見つけて、Auchan で大きなものを買ってここで水を買いました。水のボトルを買おうとすると、長い間(他の店で)待たなければならなかったんです。バーとかバスケットボールのコートの周りにBingoBoxを置くことができるんじゃないでしょうかね。飲み物や軽食を買うのに便利じゃないですか。簡単なものだったら BingoBox の商品で十分ですし。ただ店が大きくなるとこのモデルでうまくいくのかどうかはわかりません。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国で人気を集め始めた無人営業コンビニの「BingoBox(繽果盒子)」、シリーズAラウンドで1億人民元(約16.6億円)を調達

SHARE:

Amazon は昨年、レジのない実店舗を発表し、小売業界に夢を与えた。多様な商品を扱う Amazon だが、実店舗が一般向けにオープンするまでにはまだ課題がある。一方で、中国のスタートアップたちも努力を怠ってはいない。すでに数社は競合となり得る機能を開発し、オープン間近の段階に入っている。 自動化された店舗は「スタッフレス」とも呼ばれている。目新しいものではないが、インターネット企業らが最新のテク…

Amazon は昨年、レジのない実店舗を発表し、小売業界に夢を与えた。多様な商品を扱う Amazon だが、実店舗が一般向けにオープンするまでにはまだ課題がある。一方で、中国のスタートアップたちも努力を怠ってはいない。すでに数社は競合となり得る機能を開発し、オープン間近の段階に入っている。

自動化された店舗は「スタッフレス」とも呼ばれている。目新しいものではないが、インターネット企業らが最新のテクノロジーを導入したことで活気を取り戻しつつある。ちょうど自転車レンタルが再び脚光を浴びているのと同じ具合だ。無人店舗の最も原始的なタイプは自動販売機であり、今や世界中に広まっている。一例として、日本ではもはや自動化が崇拝されていると言っても良いレベルで、23人に1台の割合で自販機が設置されており、年間600億米ドルを超える売り上げを計上する。日本で無人ストアが流行する背景には、人件費が低く抑えられることや、不動産が高額なことなどを始め、複数の理由がある。

なぜ中国で? なぜ今?

中国は日本の隣にありながら、自販機はそれほど普及しているわけではない。しかし、日本で自販機が大変な人気を集めることになったのと同じ事象が、中国でも起きつつある。

すなわち、人口ボーナス(訳注:総人口中の労働者層の割合が増加し、経済成長を促すこと)による数十年に渡った経済成長が終わりを迎え、中国では今、労働力不足と労働コストの上昇が起きている。これは日本と非常によく似た状態だ。また、人口密度が高く、都市部の不動産価格も高い。そのため、高額な販売スペースを賃貸するよりも、販売機や店舗の無人化を進める動きが生まれている。

人口ピラミッドの変化の他にも、ここ最近の中国では技術を使ったイノベーションが熱を帯びており、「新しいもの」を取り入れようという気風が国全体に満ちている。さらにモバイル決済の普及と O2O サービスの存在もあり、中国小売事業に先端技術を導入する準備は万端と言えよう。

事実、過去数年に渡ってこのセクターで急激に成長してきた中国企業は何社も存在する。Amazon が昨年 Amazon Goをローンチする以前でさえもだ。自動販売機を販売する Ubox(友宝)Gump Come(甘来)などの企業は、インタラクティブな自販機を運営しており、O2O サービスのパイオニアとして知られる。これらの自販機ではモバイルアプリから商品を購入することができる。

もちろん自動化の波は食料日用品のショッピングに留まらず、「新しい小売」の業界全体に押し寄せている。コーヒーメーカー、フレッシュジュースマシン、ひいてはミニカラオケやミニフィットネススタンドなどが自動化されている。

初の大規模な資金調達、他社も追随

無人コンビニエンスストアを手がける中国の BingoBox(繽果盒子)は月曜(7月3日)、シリーズ A ラウンドで1億人民元(1,400万米ドル)の資金調達を行ったと発表した。同ラウンドは GGV Capital(紀源資本)がリードし、Qiming Venture Partners(啓明創投)、Source Code Capital(源碼資本)、Ventech China(銀泰資本)も参加した。この分野のベンチャーとしては初の大規模な資金調達となる。当サイトの姉妹サイトである TechNode Chinese(動点科技)が報じた

広東省の中山市で創業した BingoBox は、完全に自動化された年中無休のコンビニを完成させた。WeChat(微信)と全面的に統合しており、買い物客は入退店時に WeChat のスキャン機能を利用する。

上海のスーパーマーケット Auchan の近くに設置された BingoBox
Image credit: TechNode

グローバル小売事業の Auchan とパートナーシップを結び、飲料、食料、処方箋不要の薬など、日常生活の必需品を含む200種以上のアイテムを各店舗に取り揃えている。支払いは WeChat か Alipay(支付宝)で行う。何か不具合が起きたり助けが必要だったりという場合は、リモートで待機するスタッフとビデオ通話を行うこともできる。さらに同社は、独自のサプライチェーンブランド「Beibianli(倍便利)」を開発中だ。

BingoBox の入口に貼られた QR コード
Image credit: TechNode

商品の読み取りと支払いは携帯を使って手動で行う必要があるため、Amazon Go と比べると未来感に欠けるかもしれない。しかし、現時点でこのような店舗が実現したのだ。競争の激しい中国のこのセクターでは、スピードが命と言っても過言ではない。

設立者兼 CEO の Chen Zilin(陳子林)氏がが TechNode に語ったところによると、同社は2016年8月、広東省の中山市でパイロットテストをローンチした。続いて今月初めに上海に展開しており、年末までに5,000店舗へ拡大する計画があるという。

同社のデータによれば、15平米の広さの BingoBox の店舗には、通常のコンビニの40平米相当の商品数を置くことができる。これは運営コストの削減につながる。

自転車レンタルでは盗難や破損といった問題が起きているが、BingoBox の無人サービスも同じ被害に悩む可能性がある。BingoBox では RFID タグによるセキュリティシステムを導入し、未払いの商品が店外に持ち出されないようにしている。

同社が現地メディアに語ったところでは、これまで5万回を超える買い物が行われているが、商品の盗難や破損などは検出されなかったという。理由として、店舗が高級エリアに立地し、監視カメラが24時間稼働しており、オンラインサービスの利用に関して中国政府が実名登録を推進していることが幸いしていると見られる。

セクターが活発化していることは好材料だが、競合がいないわけではない。これまで自販機を手がけてきた中国企業の Gump Come もライバルの一社で、セルフのコンビニ業界へ進出しつつある。また、他の無人ストアの例として、Moby Martというレジ無し店舗がある。

【via Technode】 @technodechina

【原文】