BRIDGE

タグ Hujiang CCtalk Cloud(沪江CCTalk)

中国のオンライン教育ライブストリーミングサービス、これから1年のうちに半分が消滅か

SHARE:

嬉しいことに、10月31日に開催された SLUSH 上海 のイベントにて、オンライン教育プラットフォーム Hujiang.com(沪江)のライブストリーミング子会社 Hujiang CCtalk Cloud(沪江CCTalk)社長の Lu Jian(陸堅)氏と話をする機会を得た。Lu Jian 氏はこの8月、360のライブストリーミングプラットフォームから Hujiang.com に加わった人物だ…

2016-11-02-5_002

嬉しいことに、10月31日に開催された SLUSH 上海 のイベントにて、オンライン教育プラットフォーム Hujiang.com(沪江)のライブストリーミング子会社 Hujiang CCtalk Cloud(沪江CCTalk)社長の Lu Jian(陸堅)氏と話をする機会を得た。Lu Jian 氏はこの8月、360のライブストリーミングプラットフォームから Hujiang.com に加わった人物だ。この動きにより、また新たな会社がライブ授業に特化するとみられた。

Lu Jian 氏はこう述べている。

この1年で、現在あるライブストリーミングサイトの半数以上が消滅するでしょう。なぜなら、Inke(映客) と Huajiao(花椒)を除いて成功しそうなビジネスモデルを彼らは持っていないからです。

ライブストリーミングプラットフォームは貪欲にキャッシュを求めているが、費用の大半はブロードバンド関連、しかも月1,000万人民元にも及ぶ。しかしこうした企業の収入源は KOL(キーオピニオンリーダー)向けに制作された「番組」からもたらされるものにすぎないが、今となっては大した金額ではない。それにもかかわらず、有名人と独占契約をするなどしており、多くのプラットフォームが数百万人民元ほどの損失を出している。

このような相反する収益環境もあり、こうしたプラットフォームはキャッシュを浪費するばかりで制作コンテンツは価値を生み出せていない。Lu Jian 氏は次のように話した。

1つの面白いトレンドとして、プラットフォームが一度多くの視聴者を獲得すると、ライブストリーミングを e コマースと結びつけようとします。

改めて合理的に考えてみると、実効性のあるビジネスモデルを持たない企業は資本を見出すのに苦労するため、その多くは恐ろしいほどの静けさを経験した後打ちのめされてしまうと彼は信じている。

Lu 氏は、主にライブストリーミング業界向けではまだ機会はあるとしており、医療やヘルスケア、そしてもちろん教育で大きな成長余地があると予想している。

こうした分野では硬直的需要を満たすことができるでしょう。

Hujiang の授業ライブストリーミングプラットフォーム CCtalk は早くも2012年に作られました。かつては有料会員向けのみのツールでしたが、今ではすべての人が利用でき、誰かに教えたい、シェアしたいという内容があれば、ご自身の授業としてライブ配信できます。(Lu 氏)

CCtalk の開発チームは、スライド、クイズ、挙手方式など他の教育ツールの導入にも取り組んでおり、できる限り実際の授業風景を再現しようとしている。

Lu 氏は Technode に対し、力強く語った。

最も重要なこととして、当社の授業は顧客にとって価値あるものですので、顧客はコンテンツに対して支払いをしてくれています。当社には収益性のある際立ったビジネスモデルがあります。

その他、CCtalk が地方の学校に提供している無料の公共教育授業にも誇りを持っている。これは生徒が優れたオンライン学校で優秀な教師や聴講授業に簡易にアクセスできるものだ。

彼は中国における過疎地や地方では資格を持つ教師が極端に不足している現状に言及しつつ、「ライブストリーミングは教育の不平等に対処する1つの方法です」と話している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】