THE BRIDGE

タグ M Cash Integrasi

インドネシア証券取引所上場のM Cash、「ワルン」をデジタル化する新たな提携をローンチ

SHARE:

インドネシアのデジタルキオスクプラットフォームの M Cash は本日(2月27日)ジャカルタにて、ミニマーケットチェーンの PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk(AMRT)とフィンテック企業の PT Digital Artha Media(DAM 社)による新たな提携に参画すると発表した。 このプロジェクトでは、Outlet Binaan Alfamart (OBA)プログ…

M_Cash_new_partnership
(左から)M Cash 取締役社長 Martin Suharlie 氏, DAM 社 マネージングディレクター Fanny Verona 氏, AMRT 不動産および零細・小規模事業開発部長 Hans Harischandra Tanuraharjo 氏, Kresna Graha Investama マネージングディレクター Suryandy Jahja 氏.
Image Credit: M Cash

インドネシアのデジタルキオスクプラットフォームの M Cash は本日(2月27日)ジャカルタにて、ミニマーケットチェーンの PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk(AMRT)とフィンテック企業の PT Digital Artha Media(DAM 社)による新たな提携に参画すると発表した。

このプロジェクトでは、Outlet Binaan Alfamart (OBA)プログラムを実施している5万を超える小規模オフライン小売店(ワルン)が AlfaMikro Application を使って事業のデジタル化を手助けすることを目標としている。

ワルンの店主は、Alfamikro アプリを活用することにより電話利用のクレジットや航空券チケットなど「数百の」デジタル製品の販売、様々なデジタル決済方法の受け入れができるほか、商品注文の手段としてこのアプリを利用することも可能になる。

本提携において M Cash はデジタルコンテンツアグリゲータの役割を果たす一方、DAM 社は、アプリを動かすブロックチェーン対応プラットフォームの Warung Goes Online(Wagon)を提供する。

M Cashは、O2O e コマースプラットフォームの Kioson に続くインドネシア証券取引所(IDX)に上場された2社目のインドネシア発スタートアップとして知られる。

同社は Kresna Graha Investama とともに2,200万米ドルを調達した。IPO 後には、MatchMove の事業部門を買収している

インドネシア系スタートアップの間では最近、ワルンの店主が事業をデジタル化するのに役立つプラットフォームを提供することでワルンと協業する傾向が顕著にみられる。

East Ventures の Warung Pintar プロジェクトも最近、シードラウンドで400万米ドルを調達した

Kioson や Kudo といった企業は、ワルンの店主が様々な e コマースやフィンテックサービスのチャネルとして機能できるサービスも提供している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

各種デジタル決済サービスを提供するM Cash Integrasi、11月にインドネシア証取に上場へ——インドネシア発のスタートアップで2例目のIPO

SHARE:

複数のメディア情報によると、インドネシア証券取引所(IDX)の企業審査部長 Samsul Hidayat 氏は本日(9月11日)、同国の e コマーススタートアップ M Cash Integrasi が11月の新規株式公開 (IPO)に向けた準備を進めていると発表した。同取引所に上場されるインドネシアのスタートアップとしては2社目となる。 Hidayat 氏は次のように述べた。 今年、(IDX に…

複数のメディア情報によると、インドネシア証券取引所(IDX)の企業審査部長 Samsul Hidayat 氏は本日(9月11日)、同国の e コマーススタートアップ M Cash Integrasi が11月の新規株式公開 (IPO)に向けた準備を進めていると発表した。同取引所に上場されるインドネシアのスタートアップとしては2社目となる。

Hidayat 氏は次のように述べた。

今年、(IDX には)Kioson と M Cash という2社のスタートアップが上場します。Kioson はすでに(公式発表を)果たしており、M Cash がこれに続きます。スタートアップによる IPO に関する規制はまだ制定されていないため、両社は現行規制の下で上場され、小売業セクターに分類されるでしょう。

2010年に設立された M Cash はデジタルキオスクサービスを提供しており、ユーザはモバイルクレジット、コンサートチケット、前払いの電気料金トークンなど様々なデジタル製品の取引ができる。SIM カードの購入、料金支払い、e マネーサービスのチャージも可能だ。

M Cash のデジタルキオスクは、ジャカルタとブカシで展開しているスーパーマーケットチェーンの Fresh Market や Ranch Market の様々なロケーションで利用できる。

Hidayat 氏はさらに、規制により IDX が定めている通り、主たる収益源の情報をもとに、同社の上場分類はテック企業ではなく小売業になると説明した。

上場に向けた手続きの進行度合いは「およそ40%まで完了」したという。

取引所では、別の企業審査プロセスが必要になります。

M Cash の投資家 Kresna Graha Investama は DailySocial に対し、株式公開は10月初めになされるとコメントしている

同社による IPO の計画が初めて浮上したのは5月だったが、11月が近づくにつれて進捗状況が明らかになった。

Kresna Graha Investama のマネージングディレクター Suryandy Jahja 氏によると、M Cash は現在ブックビルディングの準備を進めているという。

同社は新株の25%ほどの公開を予定しており、調達目標金額は、当初予想の2,500億インドネシアルピア(1,800万米ドル)を上回る3,000億インドネシアルピア(2,200万米ドル)としている。

1株あたりの価格は公開されなかった。

Jahja 氏はさらに、新たに調達した資金の60%は運転資金に、30%は資本支出に、残りは他の必要経費のために支出されると述べた。

Jahja 氏は詳細にわたる説明は避けたものの、M Cash はすでにビジネスとして採算を確保していると発言している。

IPO を終えてから、この会社は未来に向けて大きな成長を実現できるでしょう。

Kresna Graha Investama は、同スタートアップ株式の17.6%を保有している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------