BRIDGE

タグ Soul Machines

まるで生きてるみたいなバーチャルヒューマン開発「Soul Machines」、シンガポール政府系が出資

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 AI研究企業「Soul Machines」は1月11日、シンガポールのTemasekがリードするシリーズBラウンドで4,000万ドルを調達したと発表した。Lakestar、Sales…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


AI研究企業「Soul Machines」は1月11日、シンガポールのTemasekがリードするシリーズBラウンドで4,000万ドルを調達したと発表した。Lakestar、Salesforce Venturesに加えて既存の投資家であるHorizons Ventures、University of Auckland Inventors Fundもこのラウンドに参加した。

Soul_Machine
Photo credit: Soul Machines

2016年に設立されたSoul MachinesはAI、脳計算モデル、経験学習を組み合わせて自動アニメーションプラットフォームを開発している。ユーザーと面と向かって話すことができるほどの個性と性格を持つ、まるで生きているかのように感情を表わすことのできる「デジタルヒーロー」、つまりバーチャルヒューマンを作り出すことができる。

人が行うこと全てを機械ができるようにすることに焦点を当てた汎用人工知能 (AGI)の市場価値は、2016年から2026年にかけて年平均41.6%の成長率で、世界で約1,442億ドル規模にのぼると予想されている。

Soul Machinesによると、今回新たに調達した資金は、研究開発に特化した事業基盤を世界規模で拡大し続けていくために活用する計画だという。

同社はHumanOSプラットフォームを展開し、小売、自動車、金融、ソフトウェアテクノロジー、ヘルスケア、エネルギー、教育業界におけるグローバルブランドのためのデジタルヒーローを開発している。企業はこのプラットフォームを使って、自社アンバサダーや、営業スタッフのような従業員を完全にデジタル化し、ファンや顧客とやり取りすることができる。

ニュージーランドに拠点を置くSoul Machinesは120人以上の従業員を抱え、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、東京、メルボルン、オークランドにオフィスを構えている。2016年にはHorizons VenturesがリードするシリーズAラウンドで750万ドルを獲得した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------