BRIDGE

タグ Trend Micro

トレンドマイクロ、IoTスタートアップ向けに1億米ドルのファンドを設立

SHARE:

日本のサイバーセキュリティソリューション企業 Trend Micro(東証:4704) は、IoT などの新興テクノロジー市場におけるスタートアップやアイデアを支援するため、1億米ドルのコーポレートベンチャーファンドを開設した。 この VC ファンドは、資金面での援助に加え、同社が世界的に展開する対脅威インテリジェンスサービス、戦略的提携、さらに2万8,000を超えるパートナーからなるチャネルへの…

hacking-1685092_640
Image credit: Pixabay

日本のサイバーセキュリティソリューション企業 Trend Micro(東証:4704) は、IoT などの新興テクノロジー市場におけるスタートアップやアイデアを支援するため、1億米ドルのコーポレートベンチャーファンドを開設した。

この VC ファンドは、資金面での援助に加え、同社が世界的に展開する対脅威インテリジェンスサービス、戦略的提携、さらに2万8,000を超えるパートナーからなるチャネルへのアクセス権を支援先の会社に提供する予定。

Trend Micro はこの投資に取り組むことで、新たなビジネスエコシステムの機会、ディスラプティブなビジネスモデル、市場のギャップ、不足しているスキルなどについてのインサイトを得られることになる。

このファンドの投資対象となる他のテクノロジー分野や地域については明らかにされてはいない。現在 Trend Micro に詳細を確認中であり、回答が得られ次第記事を更新する予定だ。

このファンドは、世界で急速に成長している IoT 市場を活用しようという目的で開設された。Gartner の見積もりによると、2020年までに260億台のデバイスがインターネットに接続されるという。

Trend Micro の設立者で CEO の Eva Chen 氏は声明でこう述べた。

デバイスの爆発的増加は世界の機能、思考、行動に変革を起こしています。エコシステムがまだ進化していることは明らかであり、組織や個人がこの新しい現実の中で安全に活動し、生活していくことを確実にするために行うべき作業があります。

当社は、29年に渡ってあらゆるタイプの環境を保護するための技術動向を予測してきました。当社が捉えた最初の巨大な波は PC 市場の成長で、 私たちはいち早くエンドユーザの保護に取り組むことができました。2番目の波はすべてクラウドに関することでしたが、早期にクラウドのセキュリティを確保することに努め、これまで Amazon Web Services だけをとっても20億人時以上の工数を請け負ってきました。今回は IoT だと確信しています。 当社のファンドはこの機会を強化するでしょう。

1989年創業の Trend Micro はデータセンター、クラウド環境、ネットワークシステム、そしてエンドユーザ向けの様々な多重階層セキュリティを開発している。世界50ヶ国以上において5,000人を超える従業員を擁している。

【via e27】 @e27co

【原文】