PoliPoliがネット投票の研究と推進を行うVOTE FORと業務連携

by 株式会社PoliPoli on 2018.7.9

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

株式会社PoliPoli(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:伊藤 和真、以下「PoliPoli」)と株式会社VOTE FOR(本社:東京都港区、代表取締役社長:市ノ澤 充、以下「VOTE FOR」)は、本日、以下のとおり業務連携をいたしましたので、お知らせいたします。

■ 株式会社VOTE FORについて
株式会社VOTE FOR は、政治・選挙情報サイト「政治山」の運営で得たネットワークと、ブロックチェーン技術などを含めたネット投票に関する研究で蓄えた知見を活かして、ネット投票の実現を推進することを目指すPolitech企業です。

また、親会社のパイプドHD(東証一部上場)のグループ会社ではAKB総選挙のシステムを開発に携わるなど多くの実績があります。

■ 提携の背景
ネット投票は投票者の利便性を向上し投票率を上げると言った理由から行政も数年以内の導入を検討しています。

導入された場合、親和性がとても高いブロックチェーン技術を使うことも視野に入れています。
VOTE FORはインターネット投票を数年にわたって研究・推進し、PoliPoliはトークンエコノミーで政治コミュニティを作る「ポリポリ」をはじめとしブロックチェーン技術などに明るいスタートアップです。

Politech企業同士、政治をテクノロジーでアップデートしようとした想いが連携のきっかけです。

■ 連携の内容
トークンエコノミーを用いて政治コミュニティを作るPoliPoliと、選挙情報のデータベースを有しインターネット投票の研究と推進を行うVOTE FORが協力し、ネット投票時代の有権者と政治家の、新たな関係を構築・提案します。

ブロックチェーン技術コンサルティング、ネット投票のスキーム作り、政治山の「ポリポリ」アプリ内への記事提供、ネット投票に関してのイベントの共催、政治家データベースの共有、など多岐の連携にわたる予定です。

■ これからの流れ
まずVOTE FORからポリポリに「政治山」の記事や政治家情報を提供します。
この連携によって市民に良質な情報を届け、質の高い政治コミュニティを目指します。

そして、ブロックチェーンを使ったネット投票の研究と推進するために、ブロックチェーン技術コンサルティング、ネットワーク紹介、イベントの共催などポリポリは様々な点から協力して行き、数年内のネット投票の成功に向けて邁進して行きます。

■PoliPoliについて
ポリポリは政治というイノベーションが遅れている分野を「エンターテイン」することで、イノベーションを起こします。
トークンエコノミーを用いて経済圏を作り出すことで、政治家を有権者双方のニーズを満たすために立ち上がったプラットフォームプロジェクトです。

ユーザーが良い発言をすればポリポリの独自トークン「Polin」を貰えるようにすることで、トークンというインセンティブを与え質の高い発言をするようにし、誹謗中傷などが多く荒れやすい政治コミュニティサービスの質を高めることができます。
質の高い政治コミュニティによって、政治家と市民が発言しやすいプラットフォームを形成します。

企画書はこちら→ https://drive.google.com/file/d/1ckXIp_inVFFxWy2BLMZ7El0m8_X1eB2P/view?usp=sharing

■VOTE FOR 会社概要
会社名:株式会社VOTE FOR
代表者:代表取締役 市ノ澤 充
所在地:東京都港区
HP :https://seijiyama.jp/company/
事 業:政治関連活動に特化したポータルサイト「政治山」の運営及び投票ソリューションの提供に関する事業

■ PoliPoli会社概要
会社名:株式会社PoliPoli
代表者:代表取締役 伊藤和真
所在地:神奈川県相模原市
設 立:2018年2月27日
HP :https://www.polipoli.work/company
事 業:ブロックチェーン事業を中心としたサービス開発

■ 本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社PoliPoli
Email: info.polipoli@gmail.com
担当: 伊藤和真