BRIDGE

タグ ad

YOOSEがKomli Mobileと提携、東南アジアとインドの人々にロケーションベースの広告を提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 シンガポールのハイパーローカル携帯の広告ネットワークYOOSEは、Komli Mediaの一部門であるKomli Mobileとの営業提携を発表した。 東南アジアとインドで影響を持つ今回の提携により、Komli MobileはYOOSEのモバイルアプリとウェブサイトのネットワークを通して、顧客にロケーションベースのモバイル広告を提供できるようになる。Koml…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

iphone

シンガポールのハイパーローカル携帯の広告ネットワークYOOSEは、Komli Mediaの一部門であるKomli Mobileとの営業提携を発表した。

東南アジアとインドで影響を持つ今回の提携により、Komli MobileはYOOSEのモバイルアプリとウェブサイトのネットワークを通して、顧客にロケーションベースのモバイル広告を提供できるようになる。Komli Mobileは東南アジアのみで、モバイル広告のインプレッション数は14億4000万に達することになる。

YOOSEは広告主に対して、店舗あるいはレストランのような実際の場所に消費者を連れてきたり、オンラインで購入あるいはクリックのようなアクションにつなげることができるだろう。ある場所付近にいるユーザが、モバイル端末でインターネットをチェックしていると、例えば近くのレストランの広告が表示されたりするというわけだ。

ユーザが広告をクリックすると、商品を購入したり、企業に電話をしたり、クーポンをダウンロード、あるいは動画を見るといった行動が起こされることになる。さらに、ウェブページやソーシャルメディアのプラットフォームにリダイレクトされるようにもできる。

YOOSEはCEOであるChristian Geissendoerfer氏によって設立され、シンガポールに本社があり、ベルリンとインドにオフィスを構えている。同社はLocation-based Marketing Associationのシンガポール支部に属する。同社の顧客にはSingTel、NokiaやAccentureが含まれる。

Komli Mediaはプラットフォームの垣根を越えるデジタル広告会社である。同社はリアルタイム入札広告プラットフォームでオーディエンスデータを統合する技術等を提供している。ムンバイに本社を置く同社はインド、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア、中東、北米とイギリスの18拠点で400人の従業員がいる。

同社への出資にはNorwest Venture Partners、Nexus Venture Partners、Helion Venture Partners、Draper Fisher JurvetsonとWestern Technology Investmentが参加している。

【via SGE.io】 @SGEio

Mediba、広告プラットフォームを東南アジアに展開:タイ、ベトナム、インドネシアに新しいオフィスを設立

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本のモバイル広告企業Medibaは、東南アジア3ヶ国における事業拡大計画と、ベトナム、タイ、インドネシアにおける新オフィスの設立を発表した。これは、昨年のシンガポール及び今年2月の韓国のオフィス設立に続くもので、東南アジアにおける事業拡大への大きな取組みとなる。 Medibaは、夏に予定される開業日より早く、ホーチミン、バンコク、ジャカルタの各地域に人材を…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本のモバイル広告企業Medibaは、東南アジア3ヶ国における事業拡大計画と、ベトナム、タイ、インドネシアにおける新オフィスの設立を発表した。これは、昨年のシンガポール及び今年2月の韓国のオフィス設立に続くもので、東南アジアにおける事業拡大への大きな取組みとなる。

Medibaは、夏に予定される開業日より早く、ホーチミン、バンコク、ジャカルタの各地域に人材を配置している。各オフィスの開業日はベトナムが6月、タイは7月だが、インドネシアは2012年前半と幾分おおまかな予定となっている。プレスリリースによると、これらすべての取組みは「広告ネットワークとコンテンツ事業の提携パートナーの開拓及び推進」のためだ。

Medibaは、スマートフォン市場が拡大していて、同社がプラットフォームとする高価なスマートフォンに魅力を感じる人がますます増えている各国を選んでいると述べている。

MedibaのOtohiko Kozutsumi氏はTech in AsiaとのEメールのやりとりで、Kozutsumi自身がベトナムの代表者で、彼の同僚であるYojiro Koshi氏がタイ、Yoshito Onomura氏がインドネシアオフィス責任者兼アジア太平洋地区の責任者であることを明らかにした。

特にベトナムはここ一年で数多くの日本企業が注目しており、多額の投資が行なわれている。例を3件だけ挙げれば、CyberAgent VenturesDeNANTT Docomoがそうだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia