THE BRIDGE

タグ Craigslist

勢いづく韓国版CraigslistのHelloMarket、日本や他国への拡大に向けて資金を調達

SHARE:

See the original story on Tech in Asia 韓国拠点のHelloMarketは言わば韓国版Craigslistで、商品の写真が豊富でエスクローサービスも提供している。そのHelloMarketチームが本日、事業の成長とアジア各国市場への拡大に向けて30億ウォン(293万米ドル)の資金を調達したことを明らかにした。 この資金調達ラウンドはGS HomeShoppin…

HelloMarket-Koreas-Craigslist-on-steroids-gets-funding-to-expand-in-Japan-and-more-countries

See the original story on Tech in Asia

韓国拠点のHelloMarketは言わば韓国版Craigslistで、商品の写真が豊富でエスクローサービスも提供している。そのHelloMarketチームが本日、事業の成長とアジア各国市場への拡大に向けて30億ウォン(293万米ドル)の資金を調達したことを明らかにした。

この資金調達ラウンドはGS HomeShopping(KOSDAQ:028150)主導の下、Hanhwa InvestmentとDaesung Private Equity、Hanbit Investmentも参加した。

「HelloMarketは日本向けのマーケットプレイスを既に昨年3月にローンチしています」と説明するのは共同設立者のAlbert S. Hahn氏だ。資金の一部は事業拡大に向けて他のアジア諸国を特定する前に日本人ユーザベースを構築するために使われるという。

2011年の韓国でのローンチ以降、400万以上の商品が同マーケットプレイスに登録されており、そのうち270万アイテムが過去12ヶ月のものだ。

個人対個人の売買スタイルが日本では主流

個人対個人の売買が主流である日本は、HelloMarketにとって新たなマーケットになる。日本にはメルカリのように類似アプリやサービスが数多く存在しており、メルカリは最近1400万米ドルの資金を調達し、アメリカへの拡大を発表したばかりだ。

もしHelloMarketが東南アジアに進出した場合、CarousellやDurianaのようなアプリと競合することになるだろう。

HelloMarketは韓国や日本においてどのようにマネタイズしているのだろうか?「手短に言うと、私たちはまだマネタイズしていません」とHahn氏。彼は次のように説明してくれた。

「私たちのサービスには手数料も広告もありません。それよりもユーザエクスペリエンスの向上に向けて製品開発にほとんど全ての力を注いでいます。しかし、今年中にはマネタイズモデルを具体化することを予定しています。今回の資金調達では、当面の優先事項は依然として主に製品開発とユーザの獲得に確実に集中することです」(Albert S. Hahn氏)。

Hahn氏は加えて、サイト/アプリはフレキシブルで、エスクローサービスによるオンライン決済や直接会って売買する形式をとることもできるという。さらに、

「エスクローシステムは決済選択肢の1つです。ユーザの皆様がより自由に取引を行えるなら、私たちが支払いプロセスから離脱しても構いません。私たちの”所在地に基づいた”サービスを例に挙げると、基本的にはユーザの皆様が直接会っての取引を望まれるのであれば、それは私たちにとっても望ましいことであるということです。

その上で、HelloMarketにおける支払い改善には私たちも同等に責任があり、利便性の追求だけに終わらず安全面やこの仕組みを低価格でユーザの皆様に提供できるようにすることも優先事項と考えています」(Albert S. Hahn氏)。

via Tech in Asia【原文】

----------[AD]----------

ベトナム在住の日本人コミュニティをターゲットにしたCraigslist風サービス「PosteVN」

SHARE:

万人受けする商品を作り出そうとしているスタートアップのためにケーススタディを紹介しよう。まだ人の手が入っていないニッチな市場に焦点を絞ることの威力を証明するものだ。 ホーチミン市には約1万人の日本人がいる。ベトナム全体ではおそらく2万人程度だろう。日本企業によるオフショアリングや、工場の進出、観光客の増加によりベトナムにおける日本人の人口は過去2年で急増した。このような大量の人の流れを受けて、ベト…

PosteVN

万人受けする商品を作り出そうとしているスタートアップのためにケーススタディを紹介しよう。まだ人の手が入っていないニッチな市場に焦点を絞ることの威力を証明するものだ。

ホーチミン市には約1万人の日本人がいる。ベトナム全体ではおそらく2万人程度だろう。日本企業によるオフショアリングや、工場の進出、観光客の増加によりベトナムにおける日本人の人口は過去2年で急増した。このような大量の人の流れを受けて、ベトナムに住んでいるもしくは訪れる日本人のためのCraigslist風サイトPosteVnが登場した。

このサイトは2012年2月にベトナムで開設され、オンライン広告によりたちまち利益を上げた。PosteVnの創業者でCEOのTaka氏は以下のように語ってくれた。

「私はロサンゼルスで最大の日系雑誌で働いていたことがあります。ですからベトナムに移ってきた時に、海外在住の日本人にとって切実なニーズがあることは知っていました。

しかしベトナムの市場は紙の雑誌ばかりで、広告を行いたい広告主にとっては厄介な状況です。また紙媒体はやり取りが一方通行です。ベトナムに住んでいる日本人には双方向のコミュニケーションをしたいという思いがあります。」

それがまさにPosteVNがベトナムですぐに成功を収めることができた理由だ。日本人同士のつながりを実現するサービスはそれまで数少なかった。例えば、日本のビジネスマンの多くはベトナムに来ても住むのは3年間だ。そして家具を処分しなければならなくなった時に誰に売ればいいのか、誰にあげればよいのかわからない。PosteVNはこうした固有の問題に取り組んでいる。

「ウェブサイトを立ち上げる前に、簡単なPowerPointのプレゼン資料と自分の頭の中にあるアイデアを持って日本航空ベトナム支店のCEOにPosteVNをピッチしました。彼はすぐに理解し可能性を見出してくれて、日本行きのチケットを2枚くれました。」

PosteVNは、問題発見と解決の先例になっている。 現在、PosteVNのユーザ数は9000人で、ページ閲覧回数は月5万回だ。 日本人コミュニティ向けに3つのサービスに重点を置いている。つまり、ショッピングやレストラン情報、PosteVNチームによるインタビュー記事などの独自取材内容、そして現地の食材を使った日本料理のレシピだ。バイク、家具、求人情報やコミュニティの話題等を提供するCraigslistのご当地版とでも言うべきものだ。

今年7月にはPosteVNはマレーシアに進出予定で、ベトナムや日本の顧客がサイト独自の高級な日本製品を購入できるeコマースサイトも新しく開設する。そうなれば、ベトナムで日本製品を取り扱う興味深いeコマースプレイヤーがまた一つ誕生することになる。

Taka氏は、ベトナムの場合は今がちょうど良い時期だという。

「日本でPosteVNのようなものを始めるにはコストがかかり過ぎますし、タイのような国では既存の業者があり参入が難しいです。対して、ベトナムのエンジニアは人件費は安価だが質は良い。機は熟したと言えます。」

Taka氏はこの成功の勢いに乗り、他の技術の可能性に乗り出すことができる。 PosteVNの成功により、いかに問題を特定しそれを解決するかを学び取ることができる。そして、利益を生むことも。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------