BRIDGE

タグ crazy wedding

ウェディング業界に風穴を開けるアウトサイダー、「crazy wedding」の山川咲さん【後編】

SHARE:

「ウェディング業界に風穴を開けるアウトサイダー、「crazy wedding」の山川咲さん」の後編をお届けします。【前編】はこちらをどうぞ。 「一番大事なことは、人が幸せに働くってことを普通に考えるってことかもしれないです。」 右も左もわからないまま新しいウェディング業界に飛び込んで、自らの志をまっとうする素晴らしい人生を送っている咲さん。そんな咲さんを突き動かすものについて聞いてみると、こんな答…

「ウェディング業界に風穴を開けるアウトサイダー、「crazy wedding」の山川咲さん」の後編をお届けします。【前編】はこちらをどうぞ。

Saki-Yamakawa

一番大事なことは、人が幸せに働くってことを普通に考えるってことかもしれないです。

右も左もわからないまま新しいウェディング業界に飛び込んで、自らの志をまっとうする素晴らしい人生を送っている咲さん。そんな咲さんを突き動かすものについて聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「うーん、なんだろう。昔はモチベーションとかあったんですけど、今はモチベーションがない世界っていう感じです。本当に毎日幸せだし。昔はモチベーションをあげなきゃって思ってました。でも今は自分の人生をかけて、自分がやりたいことをやっているから。」

提案やチャレンジが評価されなくなった前職時代

でもそんな彼女にも、自分の存在価値を疑い、自信を喪失していた時期があった。人材コンサルティングの職場にいた頃のこと。新しいことへのチャレンジ精神が賞賛される20人規模だった企業が大きくなるにつれて、変化=和を乱すことと捉える風潮が生まれ、身動きがとれなくなった。

もっと新しいことをしようという提案をすればするほど、慎重さを重んじて守りに入る姿勢が強まる。自分の存在価値を疑問に思いながら働き続けたものの、組織の枠組みの中の出来上がった人事評価制度の中で評価されることはなかった。

「実は流産をきっかけに、人事評価のことで会社と折り合わない部分があって。そのとき、人生をかけてがむしゃらに働いてきたのに、今の自分って何なんだろうとか、私って会社にとって価値がない人間なのかなって思う瞬間がありました。

大好きな会社で、大好きな仲間がいて、それだけで頑張る理由になるだけの大きな存在だったけど、もう前のようには働けない自分がいました。結局今から考えると従業員として会社に翻弄されて働く生き方自体に、限界を感じたのだと思います。」

ボロボロになって旅立ったオーストラリア

当時は、自分で決めたものの大好きな会社を辞めるという自分の決断に、心も体もボロボロだった。どこかに逃げなきゃ。そう思い立ってオーストラリアに飛び立ったのがその3日後。1ヶ月くらいオーストラリアを旅していくうちに、どんどん傷が癒されていった。オーストラリアの現地人、それはカフェで働いて生計を立てる人もサーフィンをしている人も、みんなそれぞれの人生を謳歌している。

そんな姿を見ているうちに、人生に怖いものなんてないと思えるようになっていった。心の中のしこりがとれて、とめどない自分への疑問や人生への不安も徐々に薄れていった。

「旅をしている1ヶ月間、自分がやってきたことをひらすら振り返っていました。それこそ、自分がどれだけ両親に愛されてきたのか。周りの人たちにどれだけ支えてもらってきたか。

自分の価値を疑いながら生きてきたけれど、5年間がむしゃらに働いて、量も内容もとんでもないことをやってきたなって自分を認めることができたんです。それがストンと落ちたら、自分って今のままで素晴らしい人間じゃない。別に失敗を恐れることもないなって思えるようになりました」

超絶理想主義で運営するチーム

晴れの舞台を迎えるカップルに引っ張りだこのcrazy wedding。でも、チームの歩みはまだまだ始まったばかり。企業としての拡大、また今のやり方を仕組み化して量産し、ビジネスにしていくこと。

その一環として、プロデューサーズと呼ばれる、フリーランスのウェディングプロデューサーを外に排出する取り組みを始める。最低限の面会時間は必要になるものの、子育てをしながら、また専業主婦の女性などが新しい働き方を見つけるきっかけにしたいと話す咲さん。

咲さんのチャレンジを支えるのは、会社の代表であり夫の森山さん、そしてUNITED STYLEという会社の仲間たち。この会社もまた、常識にとらわれる事無く、組織という新しい概念を生み出すために咲さんが育てて来た、彼女の宝物のような存在だ。

「自立した個人がスタイルを持って集い、偉大な仕事をしよう」毎日自然食を全員で食べて、高い目標に向かって、お互い屈託の無い意見を交わして家族のように生きている、新しい組織のあり方がそこにはある。

「今まで、チームって「管理する」というイメージだったと思います。人は怠けるものだという前提で、どうマネージするのか。でも、私たちには超絶理想主義と名付けたポリシーがあって。まず理想を考えて、そこから判断するんです。

それはもちろん社内の制度や文化にも反映されていて、会社に雇われている人は一人もいないし、利益が出たらそれをみんなに配分する。望めば会社を1ヶ月休めるような制度も設けています。一番大事なことは、人が幸せに働くってことを普通に考えるってことかもしれないです。」

チーム全員が世界旅行へ、最後はパタゴニアの地に

Crazy-Wedding-Patagonia

crazy weddingを運営するUNITED STYLEのチームは、2013年終わりからそれぞれ世界一周の一人旅に出た。そして1月3日に南米のパタゴニアで集合。パタゴニアは、代表の森山さんが創業の判断軸を決めた思い入れのある場所。素敵な仲間たちと共に、crazy weddingを始め、世界的な事業を育て、「Style for Earth」という理念をもとに今後2000社を創出していく決意を新たにした。

「会社員として働いていた頃は、夢が叶うとかって言っている人のことを「へー」って、どこか遠い事のように見ていました。でも今、自分が一つの夢を叶えることができた。人生って本当に自由だし、夢は絶対に叶う。というか、世の中にできないことなんてそうそうないよって思えるようになった」

そんな咲さんの思いは、近々一冊の本になって登場する予定。これからもウェディングに絞ることなく、チャレンジを続けていく。パワフルでハッピー。活躍している女性を表現するときにありがちな言葉だけれど、山川咲さんはそれを実写化したような女性。そして苦しい時は苦しんで、強がらず、ちゃんと助けを求められる人。そして彼女を助けたいという人がたくさん集まる人。

世の中、社会、女性のためにこんなことがしたいと提言するまでもなく、彼女が自らの心に素直に従っていれば、自ずとそれが周囲のためになる。そんな不思議な力が、彼女にはある気がする。

*山川咲さん(crazy weddingブランドマネージャー)のプロフィール*

----------[AD]----------

ウェディング業界に風穴を開けるアウトサイダー、「crazy wedding」の山川咲さん【前編】

SHARE:

「やっぱりわたしは、この世界を変える、人生を変えるウェディングがしたい。」 ウェディング業界に風穴を開ける、完全オーダーメイドのオリジナルウェディングを手がけるプロデュースチーム「crazy wedding」。全力投球で駆け抜けた会社員時代を経て、オーストラリア一人旅で転機を迎え、自ら立ち上げたcrazy weddingのブランドマネジャーとして活躍する山川咲さん。 その眩しい笑顔と幸せのオーラは…

Patagonia-Saki-Yamakawa

「やっぱりわたしは、この世界を変える、人生を変えるウェディングがしたい。」

ウェディング業界に風穴を開ける、完全オーダーメイドのオリジナルウェディングを手がけるプロデュースチーム「crazy wedding」。全力投球で駆け抜けた会社員時代を経て、オーストラリア一人旅で転機を迎え、自ら立ち上げたcrazy weddingのブランドマネジャーとして活躍する山川咲さん。

その眩しい笑顔と幸せのオーラは、本人が意図せずとも周囲に伝染する。一度は自分を見失ったと話してくれた咲さんが、いまの自分にたどり着くまでのお話、そして彼女の今をお伝えします。

アウトサイダーとして飛び込んだウェディング業界

長い間、人事の責任者を経て、企業の研修や採用のコンサルティングをしていた咲さん。例えば、新卒学生に向けた会社説明の設計。企業の強み、求める人材を把握した上で、そこに適した人材が集まるようなコンセプトに落とし込み、ビジュアルとコンテンツを作り込む。

彼女が組み立てた会社説明会に参加すると、参加した学生誰もがその企業に入りたくて仕方がなくなってしまう。そんなウェディングとはかけ離れた仕事から、唯一無二のウェディングをデザインする現職に彼女がたどり着いたのは2年ほど前のこと。現在は、crazy weddingのウェディング事業の代表として、多数のウェディングをディレクションしている。

会社を立ち上げた当初はまったくのアウトサイダーで、ウェディング業界の知識やネットワークは一切持っていなかった。まずはウェディングを自分たちの手に任せてもらい、まずは実績を作ることだと考えて、最低でも半年かかるウェディングプランニングをたったの10万円という価格で引き受けたことも。

結婚が決まったら、ウェディング雑誌を読んで、会場を選び、その会場のパッケージに沿ってプランニングを進めるという、この業界のセオリーを彼女は一新した。新郎新婦に合ったコンセプト作りをしてから会場を提案し、コンテンツ・料理・装飾までをプロデュースするという、業界では斬新な手法がお客様から受け入れられ、メディア取材などが徐々に増えていった。

1年半ほどで、毎日のようにプランニングの問い合わせが来て、説明会を開催すれば50人がすぐ集まるほどのブランドに成長して今に至る。

パッケージ化された結婚式しかない世界を変える

Crazy-Wedding-Bride一見きらびやかに見えるウェディングの世界。

ところが、ふたを開けてみると実際は式場や専門誌メディアが主導権を握る、ここ30年間進化のない古い構造の業界。

パッケージの制約が多く自由にできる点が極端に少ない事、持ち込み料や高額なマージンなど、一般消費者の立場で見た業界に、彼女は率直に違和感を感じたという。

「日本の平均でも400万円程の金額を出して、たった2時間のパーティーをすることは長い人生できっと結婚式だけ。それなのに、何も知らないで契約をして、夢を持っている人たちがあれもこれもできないといわれることに私は単純に納得できなかったんです。時代は大きく変わっているのに、この業界は変化をしていないと思ったんです」。

そんな違和感から、起業前にこの業界で働く人たちにインタビューをして回ったときのことが、印象的だったと咲さんは話す。みんな結婚式が好きで働いているけれど、なんとなく肩身を狭くして妥協を受け入れて働いているように見えた。

ほとんどの人が、「変わらなくては行けない。でもしょうがない」と話したからだ。このウェディング業界の仕組み自体に咲さんは使命感を持った。これまでの当たり前を覆し、世界を変える・人生を変えるウェディングの実現を目指して立ち上げたcrazy wedding。

 「私がこの事業をやるならシンプルにもっと関わる人、お二人・ゲストはもちろん、プランナー・クリエイターが心から喜べる事業をしたい。そもそも業界で無理とされている大抵の事が、本当にできないのかということを確かめたいという気持ちだった」。

 この違和感に共感し、変化が必要だと感じる人たちが咲さんの背中を押してくれた。会社を立ち上げた当初、業界の大御所たちに会いに行った時のこと。

 「ウェディング業界でこんなことをやりたいんですって話をしたら、皆さんがいいじゃんって背中を押してくれて。咲はパワーもあるし、あなたならできるんじゃない?って。

最後に、この人に“いける”ってGO出してもらえたら絶対やってやろうって思っている方にお会いして。その方の「いいと思うよ、できると思う」で決心が固まりました」。

人材コンサルティングの経験を活かして作る唯一無二の晴れ舞台

 crazy weddingの強みは、何より提案力。新郎新婦とコミュニケーションをとり、その2人だけのコンセプトストーリーやビジュアルイメージを提案書にまとめる。これまでも桜ウェディングやハワイといったテイスト基準のオリジナリティの出し方はあったけれど、結婚という瞬間はもちろんのこと、2人がこれから共に歩む人生をもイメージしたコンセプトを編み出す。

 ここには、会社立ち上げ前のコンサルティング職で培ったスキルやノウハウが活かされていると話す咲さん。ウェディングのコンセプトを紡ぎ、ストーリーを紡ぎ、それをコンテンツとビジュアルに落とし込んで行く。その基本スペックを持ち備えていたことは大きかった。

実際、チーム作りに際してもウェディング業界の人は一人もおらず、広告やコンサルティングなどビジネスとクリエイティブができる人たちを積極的に採用。そこがcrazy weddingチームと他のウェディングプロデュース会社との最大にして最強の差別化。

でも、同社の何よりの強みは、業界を知らず、30年間をかけて染み付いた業界の常識に無知だったこと。それが、「できないはずがない」という原動力になった。

 現在20名のメンバーから成るcrazy weddingに集まるのは情熱的なメンバーたち。全員が世界を変える仕事をすることを願って同社に参加している。

そんな情熱的なメンバーの多くは知り合い採用なものの、前職の仲間もいれば、Facebook経由で参加した人、はたまた創業時の世界旅行でたまたまバスで隣に座った人など幅広い。crazy weddingでどうしても働きたい、と出待ちまでしてやっと参加したようなメンバーもいるんだとか。

 咲さん率いる女性中心のチームがウェディングプロデューサーとしての事業を担当し、事業や経営、マーケティングなどは咲さんの夫を筆頭とする男性陣が受け持つ。でも、その役割分担に関わらず、みんなに共通しているのが「世界を変えるような偉大な仕事をしてから死にたい」という揺るぎない思い。

20代を突っ走って、人生なんてこんなものかなと斜に構えてみたけれど、やっぱり諦められない。高い思考力と自分の人生を賭ける覚悟を持った仲間がそこにはいる。

Crazy-Wedding

後編につづく。

*山川咲さん(crazy weddingブランドマネージャー)のプロフィール*

----------[AD]----------