BRIDGE

タグ DeepX

東京大発・生産現場の自動化に挑戦するDeepXが16億円調達

SHARE:

AI技術開発のDeepXは7月31日、スパークス・グループ(未来創生2号ファンド)、フジタ、SBIインベストメント、経営共創基盤を引受先とする第三者割当増資を公表している。調達した資金は16億円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。 同社は東京大学松尾研究室を出自とするスタートアップで、2016年4月に創業。「あらゆる機械位の自動化」の実現を目標に、各業界ごとに適したソリューションを開発・提供。…

Capture
DeepXウェブサイト

AI技術開発のDeepXは7月31日、スパークス・グループ(未来創生2号ファンド)、フジタ、SBIインベストメント、経営共創基盤を引受先とする第三者割当増資を公表している。調達した資金は16億円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。

同社は東京大学松尾研究室を出自とするスタートアップで、2016年4月に創業。「あらゆる機械位の自動化」の実現を目標に、各業界ごとに適したソリューションを開発・提供。さまざまな機械や現場作業の自動化に向け、汎用的なAI技術の開発を手掛けてきた。具体的な領域テーマとしては土木建設、食品加工、製造、港湾、農業等があり、これら産業の現場課題を個々に分析し産業用ロボットから重機までの自動化に取り組んでいる。

今回調達した資金は、建機自動化や工場内作業自動化、自動化モジュール提供等の事業化加速、エンジニアや計算資源に用いられる。特に、認識技術や制御技術の少数データでの開発可能性や実空間での頑健性、汎用性、説明可能性等を追求していくとしている。

現在進行形のユースケースには、今回出資したゼネコンのフジタと協業する「油圧ショベル自動化AIプロジェクト」や、組み合わせ計量システムの食品生産ライン機械メーカーのイシダと手掛ける「パスタを定量で盛りつけるロボット」などがある

via PR TIMES