BRIDGE

PR TIMES編集部

PR TIMES編集部

プレスリリースサービス「PR TIMES」よりスタートアップ企業の発表情報を厳選し、読みやすく要約した記事を掲載しています(BRIDGEは2018年4月よりPR TIMESのグループメディアとして運営されています)

執筆記事

パーソナライズD2CサブスクのSparty、ヘアケアに続きスキンケアに参入

SHARE:

Sparty は22日、パーソナライズスキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」を発売した。スマートフォンでの10の簡単な質問とカメラ撮影による解析から肌状態を診断し、その結果に合わせて処方・調合されたスキンケア商品を届ける。商品は、ローション(化粧水)100mlとモイスチャライザー(美容乳液)80mlで構成され、価格は通常9,200円、定期コース8,…

「HOTARU PERSONALIZED」
Image credit: Sparrty

Sparty は22日、パーソナライズスキンケアブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」を発売した。スマートフォンでの10の簡単な質問とカメラ撮影による解析から肌状態を診断し、その結果に合わせて処方・調合されたスキンケア商品を届ける。商品は、ローション(化粧水)100mlとモイスチャライザー(美容乳液)80mlで構成され、価格は通常9,200円、定期コース8,280円(いずれも税抜)。商品が届くたびに肌を再診断し、処方を変更することも可能だ。

Sparty は2018年5月、パーソナライズシャンプー「MEDULLA」を発売。昨年4月には、処方のバリエーションをより細分化しリニューアルした。MEDULLA のウェブサイトと有楽町マルイの MEDULA 店舗のほか、東京・渋谷ヒカリエ ShinQs や大阪・阪急うめだ本店にもポップアップストアを展開。Sparty 発表で、会員数は約14万人(​2020年5月現在))に達している。

<関連記事>

Sparty は2018年3月、ジンズホールディングス(東証:3046)、XTech Ventures、アカツキ(東証:3932)から、その後、同社が商品生産を委託するサティス製薬やアイスタイル(東証:3660)から資金を調達。また、今年1月、丸井グループ(東証:8252)、XTech Ventures、アカツキ、ジンズホールディングスから6億円の資金調達を発表している。この際、ヘアケアからスキンケア商品に進出する計画があることを明らかにしていた。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ブロックチェーン・プラットフォーム「ToposWare」にマネックスG松本氏ら2億円出資

SHARE:

ブロックチェーン・プラットフォーム開発の「ToposWare」は5月11日、シードラウンドとして1億9700万円の第三者割当増資を4月30日までに完了したと発表している。出資したのは個人投資家としてマネックスグループの松本大氏、ミクシィの笠原健治氏、その他個人投資家、およびデジタルハリウッドなどの事業会社としている。出資者の詳細や出資比率などは公表していない。 ToposWareは高度な情報セキュ…

Screen Shot 2020-05-16 at 2.28.51 AM

ブロックチェーン・プラットフォーム開発の「ToposWare」は5月11日、シードラウンドとして1億9700万円の第三者割当増資を4月30日までに完了したと発表している。出資したのは個人投資家としてマネックスグループの松本大氏、ミクシィの笠原健治氏、その他個人投資家、およびデジタルハリウッドなどの事業会社としている。出資者の詳細や出資比率などは公表していない。

ToposWareは高度な情報セキュリティを求める行政機関・企業・個人に向け、次世代のデータプラットフォームとなるブロックチェーンを開発しているスタートアップ。暗号資産の決済だけでなく文字列やファイルなどの多様なデータを対象に、改ざん耐性とデータプライバシー(秘匿性)を提供する。なかでも「ゼロ知識証明」という知識を送信せずにその知識を保有していることを証明する暗号論的手法も活用し、強固なデータ秘匿性を提供することを特徴としている。

ToposWareは、今回の調達資金により開発を推し進め、2020年内でのソフトウェアのリリースと法人との実証実験の実施を計画しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

スタートアップの未公開株売買マッチング、マネーフォワードシンカが開始

SHARE:

マネーフォワードシンカは5月11日、投資家が保有する未上場スタートアップ企業の株式売却アドバイザリーサービスを開始すると発表した。新型コロナウイルス感染症拡大にともなう先行き不透明な状況を受けて高まっている投資家の未上場株式の売却ニーズに対応する。 本サービスは、スタートアップ企業へ出資している投資家を対象に、保有する株式の売却を支援するサービス。投資家からの株式売却リクエストをもとに、独自のデー…

Screen Shot 2020-05-16 at 1.41.01 AM

マネーフォワードシンカは5月11日、投資家が保有する未上場スタートアップ企業の株式売却アドバイザリーサービスを開始すると発表した。新型コロナウイルス感染症拡大にともなう先行き不透明な状況を受けて高まっている投資家の未上場株式の売却ニーズに対応する。

本サービスは、スタートアップ企業へ出資している投資家を対象に、保有する株式の売却を支援するサービス。投資家からの株式売却リクエストをもとに、独自のデータベースから売却先候補を選定、投資家に対して最適な売却先を紹介する。なお、売却に関する協議は、投資家が出資しているスタートアップ企業の同意のもとで行なう。

マネーフォワードシンカはサービスを通じて、「保有する未上場スタートアップ企業の株式を流動化したい」と考える投資家と「先行き不透明な状況でも長期的に投資をしたい」と考える投資家のマッチングに寄与し、スタートアップ業界における資本政策の課題解決に貢献していく予定だという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

痛みが少なく女性に優しい乳がん検査、東大発「Lily MedTech」が資金調達

SHARE:

女性に優しい乳がん検査装置を開発する「Lily MedTech」は5月12日、シリーズCラウンドの増資を公表している。昨年9月に実施したシリーズBの資金調達に続いてアルフレッサからの追加出資により実施している。増資実施は4月で調達額は公表されていない。 Lily MedTechは東京大学医学系研究科・工学系研究科での研究技術を基に、リング型の超音波振動子を用いた革新的な乳房用画像診断装置「リングエ…

Screen Shot 2020-05-16 at 1.24.06 AM

女性に優しい乳がん検査装置を開発する「Lily MedTech」は5月12日、シリーズCラウンドの増資を公表している。昨年9月に実施したシリーズBの資金調達に続いてアルフレッサからの追加出資により実施している。増資実施は4月で調達額は公表されていない。

Lily MedTechは東京大学医学系研究科・工学系研究科での研究技術を基に、リング型の超音波振動子を用いた革新的な乳房用画像診断装置「リングエコー」の開発を進めている。

従来、乳がん検診にはX線マンモグラフィやハンドヘルド型の超音波が用いられているが、マンモグラフィは圧迫による乳房の痛み、X線照射による被ばくリスク、デンスブレスト(高濃度乳房)に対する検出精度低下等の課題があり、ハンドヘルド型の超音波はがん発見が検査技師の技術に依存するという課題を抱えている。対してリングエコーは、被ばくリスクや圧迫による痛みがなく、操作者の技術に依存しない装置として期待されているという。

今回の調達により、開発中の乳房用超音波画像診断装置の将来的な販売拡大に向けた体制の整備をアルフレッサの協力のもと行っていく予定とのこと。

via PR TIMES

----------[AD]----------

900名の作家が参加、現代アートプラットフォーム「TRiCERA」フジテレビ系列らが出資

SHARE:

現代アートのグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」は5月14日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、DK Gate、グローブアドバイザーズ、そのほか個人投資家を引受先として第三者割当増資を実施したと発表。なお、個人投資家名および調達額は公表されていない。 TRiCERAは日本やアジア諸国をはじめ、世界中のアーティストが自由形式に作品を発表・販売できるオンラインプラットフォーム。同社に…

Screen Shot 2020-05-16 at 12.59.19 AM

現代アートのグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」は5月14日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、DK Gate、グローブアドバイザーズ、そのほか個人投資家を引受先として第三者割当増資を実施したと発表。なお、個人投資家名および調達額は公表されていない。

TRiCERAは日本やアジア諸国をはじめ、世界中のアーティストが自由形式に作品を発表・販売できるオンラインプラットフォーム。同社によると、現在アート市場は約7兆円と推定されているが、実際に作品販売によって生計を立てられているアーティストの割合はごく少数に限られる。また販売やプロモーション用のスペースレンタルには多大なコストがかかる。

TRiCERAではオンラインによる作品紹介・販売のプラットフォームを創出し、これまで海外マーケットにアクセスできなかったアーティストの露出と販売機会の増加を目指す。昨年3月にローンチした「TRiCERA.NET」には現在900名を超えるアーティストが参加し、総出品数5,000点を超える。総取扱高は約12億円。

今回の資金調達は、参加するアーティストと世界中のユーザーがよりマッチングしていくためのコンテンツ強化及び機能開発を目的としている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

てんかん患者のプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」運営がシード資金獲得

SHARE:

てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営するノックオンザドアは5月14日、シードラウンドにおいてヘルスケア・ニューフロンティア・ファンドを引受先とする第三者割当増資を公表している。調達額は公表されていない。ヘルスケア・ニューフロンティア・ファンドは神奈川県などが出資する官民ファンド。キャピタルメディカ・ベンチャーズが運営する。 nanacaraは、てんかん…

20200320_article01-1536x773

てんかん患者・家族向けプラットフォーム「nanacara(ナナカラ)」を開発・運営するノックオンザドアは5月14日、シードラウンドにおいてヘルスケア・ニューフロンティア・ファンドを引受先とする第三者割当増資を公表している。調達額は公表されていない。ヘルスケア・ニューフロンティア・ファンドは神奈川県などが出資する官民ファンド。キャピタルメディカ・ベンチャーズが運営する。

nanacaraは、てんかん症状を持つ子供とその家族が「発作の記録」と「服薬履歴の記録」を共有できるスマートフォンアプリケーション。2018年より2年にわたり、患者家族とてんかん専門医で構成する「SAChi Project(サチプロジェクト)」と共に、延べ200名を超える患者・家族と共同開発を実施した。2020年3月に正式リリースし、DL数は1カ月で2,000件、発作記録数は7,000回を超えた。

今回の資金調達により、機能バージョンアップ及び、記録を元にした医師・学校等施設との情報共有のスキーム構築を目指す。

via PR TIMES

----------[AD]----------

位置情報から人流を推定する「LocationMind」、個人投資家ら4億円出資

SHARE:

位置情報技術の社会実装を目指す「LocationMind」は5月15日、エンジェルラウンドで4億円の第三者割当増資を実施した。引受先には三菱総合研究所、吉銘、マリモホールディングス、および複数名の個人投資家が参加している。なお、出資した個人投資家の氏名は公表されていない。 LocationMindは東京大学の柴崎亮介研究室で開発された位置情報技術の社会実装を目指す企業。「位置情報ビッグデータを用い…

Screen Shot 2020-05-16 at 12.36.54 AM

位置情報技術の社会実装を目指す「LocationMind」は5月15日、エンジェルラウンドで4億円の第三者割当増資を実施した。引受先には三菱総合研究所、吉銘、マリモホールディングス、および複数名の個人投資家が参加している。なお、出資した個人投資家の氏名は公表されていない。

LocationMindは東京大学の柴崎亮介研究室で開発された位置情報技術の社会実装を目指す企業。「位置情報ビッグデータを用いた人流の推定や独自開発のAIアルゴリズムによる人流の予測」「IoTセンサを用いた位置情報解析及びIoTネットワークインフラの提供」「測位衛星からの信号を活用した先端的事業の開発と支援(高精度測位及び、特許技術である測位信号に対するセキュリティサービス)の提供」の3事業を手掛ける。

今回の調達資金は、事業化及び人件費に充て、短期的なCOVID-19禍での国内外の人流分析を含め、位置情報サービスのさらなる普及を目指すという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

コスメD2Cブランド「DINETTE」、セレスやポーラなど3億円出資

SHARE:

コスメのD2Cブランドと美容メディアを運営するDINETTEは5月7日、セレス、ポーラ・オルビスホールディングス、D2C&Co.、MTG Ventures、サティス製薬の計5社を引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は3億円。出資比率などの詳細は非公開。 今回調達した資金を元に、プライベートブランド「PHOEBE BEAUTY UP」のマーケティング施策の強化や人材の…

DINETTE

コスメのD2Cブランドと美容メディアを運営するDINETTEは5月7日、セレス、ポーラ・オルビスホールディングス、D2C&Co.、MTG Ventures、サティス製薬の計5社を引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は3億円。出資比率などの詳細は非公開。

今回調達した資金を元に、プライベートブランド「PHOEBE BEAUTY UP」のマーケティング施策の強化や人材の新規採用、2020年以降に発売する新商品の開発、ポップアップストアを活用した店舗販促の展開などに投資するという。

プライベートブランド「PHOEBE BEAUTY UP」は、2019年2月に第1弾のアイテムとして「まつげ美容液」をローンチし、同年11月には、第2弾アイテムの「フェイスマスク」を発売。5月7日より第3弾となる「毛穴美容液」の発売を開始している。

直近では外出自粛の影響で「おうち美容」ニーズが高まり、販売しているまつげ美容液が「まつ育」アイテムとして注目が集め、3月〜4月と過去最高売上を記録しているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

クラウドIP電話「MiiTel」のレブコムが8億円を調達、開始1年半で5000ユーザー利用

SHARE:

クラウドIP電話「MiiTel」を提供するRevCommは5月11日、WiLをリードとするシリーズAラウンドの増資を公表している。調達した資金は8億円。このラウンドに先立って新株予約権で出資していたPERSOL INNOVATION FUND、エン・ジャパン、ブイキューブも株主に加わることも伝えている。今回調達した資金は、新サービス開発および研究開発や海外進出、事業投資に充当するとしている。 「M…

クラウドIP電話「MiiTel」を提供するRevCommは5月11日、WiLをリードとするシリーズAラウンドの増資を公表している。調達した資金は8億円。このラウンドに先立って新株予約権で出資していたPERSOL INNOVATION FUND、エン・ジャパン、ブイキューブも株主に加わることも伝えている。今回調達した資金は、新サービス開発および研究開発や海外進出、事業投資に充当するとしている。

「MiiTel」は通話内容をAIでリアルタイムで解析し、定量的にフィードバックするAI搭載型クラウドIP電話。導入することで、通話における会話速度や顧客との会話のラリー回数、会話の被せ率等が可視化される。自動での議事録作成が行われ、成約率の向上や解約率、教育コストが低減する。また、従来の固定電話機が不要となるため、通信料やハードウェアコストの削減にも繋がる。教育目的やコンプライアンス目的などに活用されており、提供開始約1年半で5,000ユーザーに利用されているという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ステイク、日本発パブリックブロックチェーンPlasm Networkのメインネットをローンチ

SHARE:

ステイクテクノロジーズは、開発するパブリックブロックチェーンPlasm Network(プラズムネットワーク)をメインネットローンチし、同時にWeb3財団の主催するWeb3.0 Bootcampにてアジア15社の1社として選出されたことを発表した。 Plasm Networkは、ステイクの開発する日本発レイヤー1パブリックブロックチェーン。同ネットワークでは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題…

d42587-17-149226-0
Image Credit : ステイクテクノロジーズ

ステイクテクノロジーズは、開発するパブリックブロックチェーンPlasm Network(プラズムネットワーク)をメインネットローンチし、同時にWeb3財団の主催するWeb3.0 Bootcampにてアジア15社の1社として選出されたことを発表した。

Plasm Networkは、ステイクの開発する日本発レイヤー1パブリックブロックチェーン。同ネットワークでは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を目的とし、レイヤー1のPlasm Network上にレイヤー2ソリューションが実装されている。

Plasm Networkは過去にWeb3財団の助成金プログラムに複数回採択されている。またアメリカUC Berkeleyの主催するブロックチェーンアクセラレーションプログラムに選出された実績を持つ。プロダクト事前参加申し込みの段階で、約1カ月で16,783 ETH(日本円にして約3億円)がステイクの作成したスマートコントラクトにロックされている。

Via PR TIMES

----------[AD]----------