THE BRIDGE

PR TIMES編集部

PR TIMES編集部

プレスリリースサービス「PR TIMES」よりスタートアップ企業の発表情報を厳選し、読みやすく要約した記事を掲載しています(THE BRIDGEは2018年4月よりPR TIMESのグループメディアとして運営されています)

執筆記事

外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ユニット)」、エニグモ須田氏らが出資

SHARE:

外泊したら家賃が安くなるサービス「unito(ユニット)」は2月25日、新規投資家および既存投資家を引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫などからの融資により総額約7000万円の資金調達を実施したと公表している。 増資にはガイアックス、須田将啓氏、薄葉直也氏、他力野淳氏らが参加した。同社はこれまでに、スカイライトコンサルティングや個人投資家から4500万円の資金調達を実施している。 unit…

Screen Shot 2020-02-27 at 1.13.00 AM

外泊したら家賃が安くなるサービス「unito(ユニット)」は2月25日、新規投資家および既存投資家を引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫などからの融資により総額約7000万円の資金調達を実施したと公表している。

増資にはガイアックス、須田将啓氏、薄葉直也氏、他力野淳氏らが参加した。同社はこれまでに、スカイライトコンサルティングや個人投資家から4500万円の資金調達を実施している。

unitoは住んだ分だけ家賃を支払いたい人向けの居住サービス。住民が部屋に帰らないときはホテルとしてゲストに貸し出すことが可能で、貸し出した分の家賃が安くなる仕組みを提供する。また、内装の備品をホテルのような備え付けにすることでシンプルにし、コンシェルジュが郵便代行や洗濯代行、住民が外出中に室内クリーニングしてくれる。第1号店となる「unito Chiyoda」は2020年3月に東神田にオープン予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------

従業員の介護リスクを可視化する「LCAT」のリクシス、エンジェルから2.6億円を調達

SHARE:

仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」は2月25日、エンジェル投資家を中心とした引受先による第三者割当増資の実施を公表している。出資者名は非公開。調達した資金は2億6000万円で調達ラウンドはシリーズA。 LCATは企業内従業員に対する年1回20分のLCATテストによる定期的な実態調査を行うことで、組織の介護リスクを見える化するクラウド型ソリューション。各個人にいま必要な知識やアクションを継続的…

Screen Shot 2020-02-27 at 1.16.40 AM

仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」は2月25日、エンジェル投資家を中心とした引受先による第三者割当増資の実施を公表している。出資者名は非公開。調達した資金は2億6000万円で調達ラウンドはシリーズA。

LCATは企業内従業員に対する年1回20分のLCATテストによる定期的な実態調査を行うことで、組織の介護リスクを見える化するクラウド型ソリューション。各個人にいま必要な知識やアクションを継続的に伝えることで、仕事と介護の両立を支援する。企業は回答した人の介護リスクを測定できるほか、組織における介護リスク別の従業員分布を確認することができる。

2019年8月のメジャーアップデートから導入社数は20社を超える。

via PR TIMES

----------[AD]----------

お金の専門家Q&A「おかねアンサー」、W venturesらから約1.6億円を調達

SHARE:

お金に関する無料の専門家Q&Aサービス「おかねアンサー」を運営するセオリアは2月26日、W ventures、KVP、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。プレシリーズAラウンドで調達した資金は1億6000万円。 おかねアンサーの公開は2018年9月。一般消費者がお金に関するあらゆる悩みを専門家にインターネットを通じて無料で相談でき…

Screen Shot 2020-02-27 at 1.57.33 AM

お金に関する無料の専門家Q&Aサービス「おかねアンサー」を運営するセオリアは2月26日、W ventures、KVP、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。プレシリーズAラウンドで調達した資金は1億6000万円。

おかねアンサーの公開は2018年9月。一般消費者がお金に関するあらゆる悩みを専門家にインターネットを通じて無料で相談できるサービス。正式リリースから約1年で、月間ユーザー数は数十万人規模に到達した。

今後はQ&Aサービスにとどまらず、人々の信頼の上に日本におけるあらゆる生活者のお金に関する動向/データを蓄積し、そのデータを元に解決策としてのサービスを取り揃えることで、お金の悩み解決プラットフォームとしての成長を目指す。

via PR TIMES

----------[AD]----------

患者による疾患情報を共有できるソーシャルデータプラットフォーム「Activaid」1億円を調達

SHARE:

疾患特化型ソーシャルデータプラットフォームを運営するActivaidは2月26日、Archetype Ventures、ジェネシア・ベンチャーズを引受先とする1億円の資金調達を公表している。 Activaidは慢性疾患を抱える患者同士がお互いに支え合い、病気を管理することを通じて、慢性疾患に対する新しい治療法の発見に貢献していくためのソーシャルデータプラットフォーム。利用者による評価ができる仕組み…

Screen Shot 2020-02-27 at 2.05.25 AM

疾患特化型ソーシャルデータプラットフォームを運営するActivaidは2月26日、Archetype Ventures、ジェネシア・ベンチャーズを引受先とする1億円の資金調達を公表している。

Activaidは慢性疾患を抱える患者同士がお互いに支え合い、病気を管理することを通じて、慢性疾患に対する新しい治療法の発見に貢献していくためのソーシャルデータプラットフォーム。利用者による評価ができる仕組みがあるため、創薬研究にとって重要な情報となる患者自身の主観的なデータを蓄積することが可能。既に3万9,000件を超えるデータが蓄積されている(2020年2月現在)。

今回の資金調達を通じて、これまでの患者向けプロダクトに加え、新たに医療機関向けプロダクトの開発を加速させていく予定。

via PR TIMES

 

----------[AD]----------

飲食店のキッチン稼働率を最大化「クラウドフランチャイズ」がTHE SEEDらから資金調達

SHARE:

飲食店のアイドルタイムを効果的に活用するCLOUD FRANCHISEは2月26日、THE SEED、野口圭登氏、西尾健太郎氏を引受先とした資金調達を公表した。調達額は非公開。 CLOUD FRANCHISEは、フードデリバリーとFCのスキームを用いてクラウドフランチャイズ事業を展開している。飲食店のキッチンが空いた時間に、フードデリバリーで人気のブランドを導入することでキッチン稼動率の最大化を図…

Screen Shot 2020-02-27 at 2.19.20 AM

飲食店のアイドルタイムを効果的に活用するCLOUD FRANCHISEは2月26日、THE SEED、野口圭登氏、西尾健太郎氏を引受先とした資金調達を公表した。調達額は非公開。

CLOUD FRANCHISEは、フードデリバリーとFCのスキームを用いてクラウドフランチャイズ事業を展開している。飲食店のキッチンが空いた時間に、フードデリバリーで人気のブランドを導入することでキッチン稼動率の最大化を図り、飲食店の売上を改善する。また、販売データの活用と、廃棄処分になりにくいメニューを展開することで、費用を最小限にしているため、初期費用がかからずスタートが可能としている。

今回の調達資金を用いて、これまで実施していた約10店舗へのサービス展開を、年内100店舗まで拡大させていくとのことだ。

via PR TIMES

----------[AD]----------

知的障がい者の支援者向けeラーニング「Special Learning」、サムライインキュベートなどが出資

SHARE:

知的障がい者支援に必要な知識を習得するためのeラーニング「Special Learning」を運営するLean on Meは2月26日、第三者割当増資による資金調達を公表している。増資を引き受けたのはサムライインキュベート、さくらインターネット、スマートバリュー、シナジーマーケティングペイフォワードらとなっている。なお、調達額は非公表。 Special Learningは知的障がい者の支援者を対象…

Screen Shot 2020-02-27 at 2.29.41 AM

知的障がい者支援に必要な知識を習得するためのeラーニング「Special Learning」を運営するLean on Meは2月26日、第三者割当増資による資金調達を公表している。増資を引き受けたのはサムライインキュベート、さくらインターネット、スマートバリュー、シナジーマーケティングペイフォワードらとなっている。なお、調達額は非公表。

Special Learningは知的障がい者の支援者を対象に、支援をする上で必要な知識を3分間の短い動画で体系的に学べるマイクロラーニング方式を採用したeラーニング。権利擁護・虐待防止や安全面、提供価値面などテーマごとにコースが設定されており、200個以上の研修動画が提供されている。

今回の資金調達により、Special Learningのコンテンツやサービスの拡充と、さらなる普及を目指して活動を強化していく予定。

訂正(2/28): プレスリリース「新規出資企業様からのコメント」において、谷井 等氏がシナジーマーケティング会長として紹介されていますが、正しくは出資を行うのは谷井氏が代表であるペイフォワードとなります。

via PR TIMES

----------[AD]----------

文章解析AIのストックマーク、WiLから資金調達

SHARE:

日本語の文章を解析するAI開発を手掛けるストックマークは2月25日、WiLを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表。調達額に関しては発表されていない。 ストックマークは自然言語処理技術を用いた、組織の情報感度向上と組織変革に貢献するニュース及びナレッジ共有プラットフォーム「Anews」、世界中のニュースを解析し、経営に関わるトレンドを捉えて可視化する「Astrategy」、営業業務プロセス支援…

Screen Shot 2020-02-27 at 2.41.22 AM

日本語の文章を解析するAI開発を手掛けるストックマークは2月25日、WiLを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表。調達額に関しては発表されていない。

ストックマークは自然言語処理技術を用いた、組織の情報感度向上と組織変革に貢献するニュース及びナレッジ共有プラットフォーム「Anews」、世界中のニュースを解析し、経営に関わるトレンドを捉えて可視化する「Astrategy」、営業業務プロセス支援プラットフォーム「Asales」を提供する。

今回の調達資金は、プロダクトの付加価値向上のための研究開発費、事業規模拡大に向けた人件費、プロダクトの認知度向上のための広告宣伝費として活用する予定。

via PR TIMES

 

----------[AD]----------

AIが契約書をレビュー「LegalForce」がWiLなどから10億円を調達

SHARE:

AIを活用した契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」は2月21日、WiL、ジャフコ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、ドリームインキュベータ、京都大学イノベーションキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達ラウンドはシリーズBで、獲得した資金は10億円。 LegalForceは契約書に潜むリスクを人工知能で洗い出し、修正条文…

Screen Shot 2020-02-25 at 11.17.08 PM

AIを活用した契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」は2月21日、WiL、ジャフコ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、ドリームインキュベータ、京都大学イノベーションキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達ラウンドはシリーズBで、獲得した資金は10億円。

LegalForceは契約書に潜むリスクを人工知能で洗い出し、修正条文例のリサーチ、契約書管理まで、契約書業務にかかる一連の業務を効率化する。今回の資金調達により、レビュー精度の向上、既存機能の改善、新機能開発、多言語対応などの開発をより一層強化する。

2019年4月に正式版をリリースして以来、250社を超える企業の法務部や法律事務所にサービスを提供してきたという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

プログラミング学習のProgateが4億円調達、インドネシア法人立ち上げも

SHARE:

プログラミング学習「Progate」は2月17日、フリークアウトグループおよびEast Venturesを引受先とする第三者割当増資と、三菱UFJ銀行とりそな銀行からの融資により4億円を調達した。ラウンドはシリーズA。同社の累計資金調達額は5.5億円。今後は海外事業展開とそのための採用活動をより一層強化していく。 Progateは、ブラウザ上で実際にプロダクトを作りながらコードを書く練習をすること…

Screen Shot 2020-02-20 at 1.42.54 AM

プログラミング学習「Progate」は2月17日、フリークアウトグループおよびEast Venturesを引受先とする第三者割当増資と、三菱UFJ銀行とりそな銀行からの融資により4億円を調達した。ラウンドはシリーズA。同社の累計資金調達額は5.5億円。今後は海外事業展開とそのための採用活動をより一層強化していく。

Progateは、ブラウザ上で実際にプロダクトを作りながらコードを書く練習をすることで、初心者でも実践的なプログラミング学習が可能なサービス。世界的なエンジニア不足や国内で2020年に迫る公教育でのプログラミング必修化を追い風に成長し、創業から5年で100万人以上のユーザーを獲得した。

また、同社はこれに合わせてインドネシア法人を立ち上げたことも公表している。インドネシアの人口は日本の約2倍の2.5億人。今後のデジタル経済を担う人材の不足が指摘されいてる一方、プログラミング学習の環境は未整備で、ビジネスチャンスがあると見込んだ。

via PR TIMES

----------[AD]----------

リファレンスチェック「back check」など提供のROXX、サイバーエージェントなどから5億円調達

SHARE:

ROXXは2月19日サイバーエージェント、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。シリーズBラウンドで、調達した資金は5億円。同社の累積資金調達総額は約12億円となった。 同社は人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」および月額定額制リファレンスチェックサービス「back check」を運営する。 …

Screen Shot 2020-02-20 at 1.57.20 AM

ROXXは2月19日サイバーエージェント、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。シリーズBラウンドで、調達した資金は5億円。同社の累積資金調達総額は約12億円となった。

同社は人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」および月額定額制リファレンスチェックサービス「back check」を運営する。

agent bankは掲載されている2,000件以上の求人に対して、人材紹介会社が月額定額で自社で抱える転職希望者を掲載企業に紹介することが可能なサービス。求人企業は、完全成功報酬型で募集求人を何件でも無料で掲載できる。累計400社の人材紹介会社から掲載求人に対して紹介が集まる。

back checkは、書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得することができるリファレンスチェックサービス。採用予定の職種やポジションに合わせて数十問の質問を自動生成し、オンライン上で簡単にリファレンスチェックを実施できる。

今後は両事業への投資と採用を強化するという。

via PR TIMES

----------[AD]----------