BRIDGE

タグ Garage+

台湾有数の大企業が支援するインキュベータGarage+、世界のスタートアップを招く10日間アクセラレーションプログラム第10期の募集を開始

SHARE:

Garage+ は、台湾有数の大企業20社が資金提供するNPO Epoch Foundation(時代基金会)が運営するスタートアップインキュベータだ。Garage+ は5日、第10期を迎えるアクセラレーションプログラム「Startup Global Program」の募集を開始した。2015年に始まったこのプログラムは年に2回実施され、これまでに世界中から139チームが採択・参加。その3分の1以…

2019年12月に開催された、第9期採択スタートアップを披露するデモデイ「Open House」
Image credit Garage+

Garage+ は、台湾有数の大企業20社が資金提供するNPO Epoch Foundation(時代基金会)が運営するスタートアップインキュベータだ。Garage+ は5日、第10期を迎えるアクセラレーションプログラム「Startup Global Program」の募集を開始した。2015年に始まったこのプログラムは年に2回実施され、これまでに世界中から139チームが採択・参加。その3分の1以上が、台湾企業からの投資や協業を実現している。

このプログラムの特徴は、10日間という短期間に、Epoch Foundation に加盟する Taiwan Semiconductor Manufacturing (TSMC、台湾積体電路製造、台湾証取:2382)、ノートPC の ODM 世界最大手 Quanta Computer(広達電脳、台湾証取:2382)、Foxconn(鴻海/富士康、台湾証取:2354)、Acer(宏碁、台湾証取:2353)など、台湾を代表する企業に起業家が直接会え、台湾やアジア地域でのビジネス可能性を模索できる点。アジアを代表するテック見本市「Computex Taipei」への参加も含まれる。

2019年12月に開催された、第9期採択スタートアップを披露するデモデイ「Open House」
Image credit Garage+

これまでの参加スタートアップの成功事例を紹介すると、カナダ・モントリオールに拠点を置く ImmerVision は、Quanta Computer との協業により360°パノラマカメラ「Pi SOLO」を完成させた。Pi Solo は2016年、Makuake で日本におけるクラウドファンディングに成功。今年に入って、韓国の ACE Solutech、中国の Zhonglan Electronic(中藍電子)というレンズメーカー2社に生産ライセンスの供与を発表した。

募集領域は、AI とデータアナリティクス、IoT とスマートデバイス、デジタルヘルス、AR/VR、ロボティクス、スマート交通などで、参加にはシードからシリーズ B 資金調達を模索しているスタートアップが適しているとのことだが必須条件ではない。

プログラムへはここから応募できる。主催が NPO という性格もあり、参加にあたって費用を求められたり、エクイティの拠出を求められたりすることはない。採択された参加者には、前出のような台湾企業への訪問機会のアレンジやマッチングのほか、台湾との往復航空券、10日分の宿泊環境、3ヶ月のワーキングスペース利用権、台湾への起業家ビザが無償支給される。プログラム開始は6月1日からで、応募締切は3月25日となっている。

カスタムカーのパーツカタログ「Garage」運営がフェムトから2.5億円調達、アフターパーツ市場のプラットフォーム目指す

SHARE:

スポーツカーなどのドレスアップやカスタマイズに必要なパーツ情報を集めたデータベースサイト「Garage」を運営するMiddleFieldは12月11日、フェムトグロースファンド2.0を引受先とする第三者割当増資を実施したと公表した。調達した資金は2億5000万円で株式比率などの詳細は非公開。フェムトグロースファンド2.0は磯崎哲也氏がゼネラルパートナーを務めるフェムトが運営するファンド。 Gara…

garage_003

スポーツカーなどのドレスアップやカスタマイズに必要なパーツ情報を集めたデータベースサイト「Garage」を運営するMiddleFieldは12月11日、フェムトグロースファンド2.0を引受先とする第三者割当増資を実施したと公表した。調達した資金は2億5000万円で株式比率などの詳細は非公開。フェムトグロースファンド2.0は磯崎哲也氏がゼネラルパートナーを務めるフェムトが運営するファンド。

Garageはレースや趣味の世界でクルマをドレスアップ、チューニングする際に必要な外装やエンジンなどのパーツをカテゴリ、メーカー別に収録しているデータベースサイト。車種を選択することで実際のデモカーが提示され、そこに追加されているパーツがどこのメーカーか、どこに問い合わせすれば購入できるのかなどの情報がリンクされている。

garage_002

収録しているブランドは現在1500社で、取り付けが可能なアフターパーツショップなど300店舗と提携している。ユーザーは必要なカスタマイズパーツの情報を得られるだけでなく、購入希望の人には問い合わせから取り付け店の紹介、予約などのサービスも受けられる。同社代表取締役の中山翔太氏に利用ユーザーの流入経路を聞いてみたが、やはりスマホが多いらしい。

「この業界も雑誌からスマホで検索の流れが主流となっております。弊社の流入も8割以上スマホです。また、こういったパーツを購入する方々は購入までに悩む人が多いんです。自分の予算の中で何のパーツを取り付けるのか。そのための情報収集手段が雑誌中心でしたが、雑誌を持ち歩くのは大変だし、そもそも雑誌には一部のメーカーしか掲載されていません。だから今はみんなスマホで探しているんです」。

筆者も車が好きで、過去にこういったパーツが掲載されている雑誌を購入したことがあった(取り付けまではやってないが)。しかし雑誌中心だった情報経路がスマートフォンに奪われる中、対応するショップ側がサイトを用意できていなかったり、掲載する情報が難しい(取り付け方法や費用など)といった問題を解決するためにはある一定のフォーマットが必要になる。そこを埋めるのがこのGarage、というわけだ。中山氏の説明では来年早々にサイトリニューアルも計画しているという。

garage_001

MiddleFieldの創業は2015年12月。数々のカーレースを経験した名門「LEXUS TEAM SARD」で事業開発を経験した中山氏が創業し、クルマ関連の情報メディア「Motorz」などを展開してきた。

2017年には朝日新聞社が主催する朝日メディアラボの育成プログラム「Asahi Shimbun Accelerator Program」に今回調達を成功させたサービス「Garage」で参加。DemoDay後にはインキュベイトファンドの「Incubate Camp 10th」やプロトスターの「StarBurst(スターバースト)」などで投資家から高い評価を獲得している。

台湾有数の大企業が支援するインキュベータGarage+、世界のスタートアップを招く10日間アクセラレーションプログラム第2期の募集を開始

SHARE:

Garage+ は、台湾有数の大企業20社が資金提供するNPO Epoch Foundation(時代基金会)が運営するスタートアップインキュベータだ。Garage+ は21日、第2期を迎えるアクセラレーションプログラム「Startup Global Program 2017」の募集を開始した。 このプログラムの特徴は、10日間という短期間に、Epoch Foundation に加盟する台湾セミコ…

Startup Global Program 第1期のプログラム期間中に Garage+ で開催された起業家ラウンドテーブルの様子
Image credit: Garage+

Garage+ は、台湾有数の大企業20社が資金提供するNPO Epoch Foundation(時代基金会)が運営するスタートアップインキュベータだ。Garage+ は21日、第2期を迎えるアクセラレーションプログラム「Startup Global Program 2017」の募集を開始した。

このプログラムの特徴は、10日間という短期間に、Epoch Foundation に加盟する台湾セミコンダクターマニュファクチャリング(TSMC、台湾積体電路製造)、ノートPC の ODM 世界最大手クアンタ・コンピュータ(広達電脳)、Foxconn(鴻海/富士康)、Acer(宏碁)など、台湾を代表する企業に起業家が直接会え、台湾やアジア地域でのビジネス可能性を模索できる点。2015年の第1期以来、プログラム参加スタートアップ3分の1が、台湾企業からの投資や協業を実現しているとのことだ。

一例を紹介すると、プライベートクラウド「FileFlex」を提供するカナダのスタートアップ Qnext は台湾企業7社との協業を実現、Startup Global Program が提供した Computex Expo 2016 への出展機会を通じて、日本企業から720万米ドル相当の受注に成功した。また、カナダの ImmerVision は、クアンタ・コンピュータとの協業により360°パノラマカメラ「Pi Solo」を完成させた。Pi Solo は昨年 Makuake で日本におけるクラウドファンディングに成功し、現在は Kickstarter でキャンペーンを張りアメリカ市場への参入を狙っているところだ。

募集領域は、IoT、スマートデバイス、デジタルヘルス、AR/VR、ビッグデータ、人工知能、ロボティクス、グリーンテクノロジーで、参加にはシリーズ B 資金調達を模索しているスタートアップが適しているとのことだが必須条件ではない。Startup Global Program 2017 の事前説明会を兼ねたネットワーキングイベントが8月から9月にかけ、ソウル(韓国)、テルアビブ(イスラエル)、サンフランシスコ(アメリカ)、アイントホーフェン(オランダ)、ボストン(アメリカ)、トロント(カナダ)、ウォータールー(カナダ)で開催される予定(残念ながら、日本国内でのネットワーキングイベントの予定は無い)。

プログラムへはここから応募できる。主催が NPO という性格もあり、参加にあたって費用を求められたり、エクイティの拠出を求められたりすることはない。採択された参加者には、前出のような台湾企業への訪問機会のアレンジやマッチングのほか、台湾との往復航空券、10日分の宿泊環境、3ヶ月のワーキングスペース利用権、台湾への起業家ビザが無償支給される。プログラム開始は11月27日からで、応募締切は9月24日となっている。