タグ MiddleField

浮き足立った「2.5億円シリーズA」と苦悩ーーMiddleField・中山翔太さん × フェムトパートナーズ・曽我悠平さん【Monthly Pitch ポッドキャスト】

SHARE:

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 起業家と投資家の関係はこの10年で随分と変化しました。スマートフォンシフトといったトレンドの変化、Y Combinatorなどの登場でシード投資のハー…

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

起業家と投資家の関係はこの10年で随分と変化しました。スマートフォンシフトといったトレンドの変化、Y Combinatorなどの登場でシード投資のハードルが一気に下がり、投資サイド・起業家サイド共に大きく数が増えたことが大きな要因です。特にシード期から志を共にするような場合、その関係は十数年に及ぶこともあります。事業における最愛のパートナーたちはどのようにして出会い、成長し、そしてその後の関係はどのようなものになるのでしょうか。

シード投資を長年に渡って手がけてきたサイバーエージェント・キャピタル(CAC)では、この「投資家と起業家」の関係に注目した連載を開始します。毎月開催される「Monthly Pitch」にこれまで参加してくれたキャピタリストと創業者のお二人をお招きし、出会いのきっかけや乗り越えたハードル、関係構築のポイントなど、ここだけでしか聞けない裏話を語っていただきます。

今回のゲストはカーパーツのEC「モタガレ」を展開するMiddleField代表取締役の中山翔太さんと、ごく初期から支援しているフェムトパートナーズのジェネラルパートナー、曽我悠平さんにお越しいただきました。モータースポーツという、テック・スタートアップからやや遠い業界から起業を選択した中山さん。創業期は文字通り「右も左も」分からない状態だったそうです。そんな中山さんは国内で厚みを増したスタートアップ・エコシステムの恩恵を受け、あるきっかけからインキュベーションプログラムに参加することになります。

そこで出される課題をクリアする内に、徐々にサービスのイメージや骨格が出来上がり、投資家たちのバトンはやがてフェムトパートナーズに渡ります。ミーティングしてすぐに掴んだシリーズAの切符、2.5億円という大型出資に浮き足立つ若きスタートアップチーム。その後の成長痛を乗り越えてのシリーズBへの挑戦。中山さんとベテランの曽我さんの二人三脚のお話は、これからスタートアップする「異業種」の起業家にとってとても参考になる内容になるかもしれません。(ポッドキャスト収録の一部をお送りします。太字の質問はMonthly Pitch編集部)

ーフェムトさんの付き合いは長いと思うんですけど、曽我さんと中山さんはどうやってお会いになられたんですか

曽我:2017年の夏くらいだと思いますが、もともと入ってらっしゃった既存のエンジェル投資家の方と我々が知り合いでして、ご紹介いただいてお会いしたのが最初だったと思いますね

ーサービススタートから一年ぐらいでシリーズA。シリーズAは超えるのが難しいと思うんですけれども、ポンと2.5億円と、かなり高い評価をされました

曽我:我々は2013年からやっているベンチャーキャピタルでして、シード・アーリーステージから継続して投資をしていくという投資スタイルをとっています。基本的に億円単位というようなある程度まとまったお金を「これはいけるだろう」という方々に投資させていただき、その後も継続してやっていくというコンセプトでやっていますので、金額的には大きいですが、我々としては大体そういう投資をしているかなというところですね。

ー初めてのシリーズAというタイミングでこの大型の出資を受けられた時、かなり手応えを感じたんじゃないですか

中山:手応えもうそうなんですけど、浮足立ちまして(笑)フェムトさんは本当に早くて。プレゼンをした後すぐに連絡をいただきました。そこから継続してコミュニケーションをとらせていただくんですけど。とにかくそこの判断が早くてですね。しかも、すぐに「可能性あるよ」っていう風に言ってくれたので非常に心強かったですね。

ー創業期の時のお話について聞かせてください。フェムトのチームと出会う2017年までのお話ですね。中山さんはもともとアフターパーツメーカーのお仕事をされていて創業される訳なんですけれど、スタートアップする時に、エンジェルだったり投資系の人たちだったり、どなたか相談する相手はいましたか

中山:相談する相手ができたのは起業してからですね。そもそもレーシングチームから起業する人が周りにいないですし、正直やり方も分からなかったので最初はグーグルで「起業 やり方」みたいに調べたりしていました(笑)

その後、個人で会社をやっている友達に行政書士を紹介してもらって登記して、よし、ITで車業界でやってくぞ、みたいな感じで始まったんですけど。全然分からなかったのでとにかくグーグルでいろいろと調べていったら、なんか「スタートアップ」っていうのがあるぞ?と。スタートアップという言葉すら知らなかったので、なんだろうと思って調べていくと、僕より若い人たちが資金調達して会社を大きくしていると。調べていくうちにReality Acceleratorの郡さんのブログに出会い、Facebook経由で連絡しました。個人でメンターをしているということだったので、そこに入れてもらうところから始めました。

ー「スタートアップ 起業」で検索するのは起業する方あるあるですね(笑)

ーーーポッドキャストではそのほかのエピソードも語っていただいています。シード期の起業家が投資家とどのようにコミュニケーションしたのか、ぜひお聞きください。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」運営のMiddleFieldが3.4億円調達

SHARE:

中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」などを展開するMiddleFieldは5月27日、D4Vをリードに、千葉道場ファンドから出資を受けたことを公表している。調達ラウンドはシリーズBで、このラウンドに先立ち、新株予約権付社債で既存投資家からも資金を受け入れている。調達した資金は総額で3億4000万円。これまでの累計調達額は6億円となる。 同社は、中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」や、自…


中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」などを展開するMiddleFieldは5月27日、D4Vをリードに、千葉道場ファンドから出資を受けたことを公表している。調達ラウンドはシリーズBで、このラウンドに先立ち、新株予約権付社債で既存投資家からも資金を受け入れている。調達した資金は総額で3億4000万円。これまでの累計調達額は6億円となる。

同社は、中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」や、自動車保険紹介コンシェルジュサービス「クルマの保険」等の事業を展開している。現在では、全国1,300社のパーツメーカー・1,000社の整備工場・200社の中古車販売店や、大手企業と提携し、月間300万人以上のユーザーがサイトを利用している。

今回調達した資金で事業者向けサービスの展開に投資をする。具体的には、業務フローをオンライン化することができる業務効率化システム「モタガレビジネス」を中古車販売店やパーツメーカーへ提供する。「モタガレビジネス」を利用することで、事務作業を始めとした様々な業務をオンライン上で簡単に行うことができるようになる。業務フローの効率化によって生まれる時間や費用を顧客対応や商品開発などの業務に活用できるとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


カスタムカーのパーツカタログ「Garage」運営がフェムトから2.5億円調達、アフターパーツ市場のプラットフォーム目指す

SHARE:

スポーツカーなどのドレスアップやカスタマイズに必要なパーツ情報を集めたデータベースサイト「Garage」を運営するMiddleFieldは12月11日、フェムトグロースファンド2.0を引受先とする第三者割当増資を実施したと公表した。調達した資金は2億5000万円で株式比率などの詳細は非公開。フェムトグロースファンド2.0は磯崎哲也氏がゼネラルパートナーを務めるフェムトが運営するファンド。 ニュース…

garage_003

スポーツカーなどのドレスアップやカスタマイズに必要なパーツ情報を集めたデータベースサイト「Garage」を運営するMiddleFieldは12月11日、フェムトグロースファンド2.0を引受先とする第三者割当増資を実施したと公表した。調達した資金は2億5000万円で株式比率などの詳細は非公開。フェムトグロースファンド2.0は磯崎哲也氏がゼネラルパートナーを務めるフェムトが運営するファンド。

Garageはレースや趣味の世界でクルマをドレスアップ、チューニングする際に必要な外装やエンジンなどのパーツをカテゴリ、メーカー別に収録しているデータベースサイト。車種を選択することで実際のデモカーが提示され、そこに追加されているパーツがどこのメーカーか、どこに問い合わせすれば購入できるのかなどの情報がリンクされている。

garage_002

収録しているブランドは現在1500社で、取り付けが可能なアフターパーツショップなど300店舗と提携している。ユーザーは必要なカスタマイズパーツの情報を得られるだけでなく、購入希望の人には問い合わせから取り付け店の紹介、予約などのサービスも受けられる。同社代表取締役の中山翔太氏に利用ユーザーの流入経路を聞いてみたが、やはりスマホが多いらしい。

「この業界も雑誌からスマホで検索の流れが主流となっております。弊社の流入も8割以上スマホです。また、こういったパーツを購入する方々は購入までに悩む人が多いんです。自分の予算の中で何のパーツを取り付けるのか。そのための情報収集手段が雑誌中心でしたが、雑誌を持ち歩くのは大変だし、そもそも雑誌には一部のメーカーしか掲載されていません。だから今はみんなスマホで探しているんです」。

筆者も車が好きで、過去にこういったパーツが掲載されている雑誌を購入したことがあった(取り付けまではやってないが)。しかし雑誌中心だった情報経路がスマートフォンに奪われる中、対応するショップ側がサイトを用意できていなかったり、掲載する情報が難しい(取り付け方法や費用など)といった問題を解決するためにはある一定のフォーマットが必要になる。そこを埋めるのがこのGarage、というわけだ。中山氏の説明では来年早々にサイトリニューアルも計画しているという。

garage_001

MiddleFieldの創業は2015年12月。数々のカーレースを経験した名門「LEXUS TEAM SARD」で事業開発を経験した中山氏が創業し、クルマ関連の情報メディア「Motorz」などを展開してきた。

2017年には朝日新聞社が主催する朝日メディアラボの育成プログラム「Asahi Shimbun Accelerator Program」に今回調達を成功させたサービス「Garage」で参加。DemoDay後にはインキュベイトファンドの「Incubate Camp 10th」やプロトスターの「StarBurst(スターバースト)」などで投資家から高い評価を獲得している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録