BRIDGE

タグ Journal+

Google+で何が人気かを発見できるJournal+

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Google+から人気の投稿を集めたウェブサイトのJournal+は、User Localによって発表された。それは、Google+から様々なカテゴリーや国によって人気の写真、ビデオ、ニュース記事を集めるウェブマガジンである。 Journal+を簡単に見てみると、ユーザはGoogle+で何が最も人気があるかのスナップショットを得ることができる。何度も投稿が再…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Google+から人気の投稿を集めたウェブサイトのJournal+は、User Localによって発表された。それは、Google+から様々なカテゴリーや国によって人気の写真、ビデオ、ニュース記事を集めるウェブマガジンである。

Journal+を簡単に見てみると、ユーザはGoogle+で何が最も人気があるかのスナップショットを得ることができる。何度も投稿が再共有され、+1sを獲得した多さが、サイトに表示される要因となる。620万以上のポストが現時点でJournal+にあり、420万人以上のユーザをすでに獲得している。(※サイト右上のステータスを参照)

主な特徴は以下のとおり

人気の投稿、写真、ビデオ、URL(世界中または国別閲覧可能である)
何回ユーザがサークル(世界中または国別)に加わったのかによるユーザランキング
ユーザごとに共有された投稿と+1sの人気ランキング
FacebookまはたTwitterやGoogle+上での共有

例えば、Journal+カスタムページで中国の投稿のみを閲覧できる。また、世界中から投稿された人気のG+写真と動画だけを集めたページもある。

Journal+は、生のG+データを得るのに良い方法である。Google+ユーザの数では、日本は世界8位だ-しかし日本から発信される投稿の数を見ると世界2位となっている。Google+は日本でも好スタートを切ったようだ。

Journal+では世界中のGoogle+のトップテンユーザを表示する。これがGoogle+ユーザ数の世界のトップテンリストだ。

1. アメリカ:30.03%

2. インド: 16.15%

3. イギリス: 3.14%

4. ブラジル: 2.98%

5. 中国: 2.82%

6. インドネシア: 2.82%

7. カナダ: 2.57%

8. 日本: 2.07%

9. ドイツ: 1.95%

10. ベトナム: 1.76%

ユーザー・ローカルは、早稲田大学にあり、分析ツールを提供している技術開発ベンチャーだ。そのサービスには、ヒートマップツールのUser Insightや、ツイッターの分析を提供するTwitTraqなどがある。

【via PennOlson】(@pennolson

----------[AD]----------