BRIDGE

タグ MAD Gaze

中国のスマートARグラススタートアップMAD Gaze、シリーズAラウンドで1,860万米ドルを資金調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 スマート AR(拡張現実)グラスを販売する中国の MAD Gaze は、先月1,860万米ドルを調達しシリーズ A ラウンドをクローズしたと発表した。これは、1,200万米ドルを調達…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


スマート AR(拡張現実)グラスを販売する中国の MAD Gaze は、先月1,860万米ドルを調達しシリーズ A ラウンドをクローズしたと発表した。これは、1,200万米ドルを調達した、2019年のプレシリーズ A ラウンドに続くものだ。

今回のシリーズ A ラウンドには、携帯電話アクセサリーや電子製品に特化したテクノロジー企業 DNS、香港拠点 の VC である Black30 Venture などが参加した。

Image credit: MAD Gaze

2013年に設立された MAD Gaze は、スマートグラスの製造に加え、アプリベースのオンラインマーケットプレイス、自動 AR アプリジェネレーター、開発者プラットフォーム、リモートソリューションプラットフォームなど、さまざまなソリューションを提供している。

MAD Gaze は、新しいスマートグラス、光学技術、AR 技術の研究開発に、今回の投資を集中させる計画だと述べた。また、スマートウォッチに進出し、新しい市場に進出することも検討している。これまでに、MAD Gaze は7つの AR グラスを発売しました。

同社はこれまでビジネス向けの製品に注力していたが、消費者市場向けに最新の製品「Glow」を設計したと述べた。

スマートフォンに接続するだけで、「Glow」はモバイルの画面をグラス上に投影できる。(MAD Gaze の CEO Jordan Cheng =鄭文輝氏)

2018年の Digi-Capital のレポートは、中国では画像解析と AR テクノロジーへの投資が年間39億米ドルに増加した。同時に、VR(仮想現実)に対する VC の感情は大幅に緩和された、と報告している。

この分野のもう1つの会社は、中国で没入型のエンターテイメントとカルチャー体験を創り出すことを目的とするハイテク企業 Sky Limit Entertainment だ。 同社は、VR、AR、MR(混合現実)のコンテンツソリューション開発・促進のため、2018年12月、Intel Capital からシリーズ A で資金を調達した(調達額非開示)。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

----------[AD]----------