BRIDGE

タグ Misfit Shine

シンプルで安価なフィットネストラッカー「Misfit Shine」の新モデルが登場

SHARE:

アメリカのMisfit Wearables社が提供するコイン型のフィットネストラッカー「Misfit Shine」の新モデル「Shine 2」が発表された。 前モデルと同様、コイン型の形状で、バッテリーはボタン電池で6ヶ月持続。様々なバンドと組み合わせて手首はもちろん、靴紐につけたり、ネックレスとして首から下げることもできる。 スマートフォンのMisfitアプリと連携し、歩数や水泳のデータ、そして…

20151026_misfit

アメリカのMisfit Wearables社が提供するコイン型のフィットネストラッカー「Misfit Shine」の新モデル「Shine 2」が発表された。

前モデルと同様、コイン型の形状で、バッテリーはボタン電池で6ヶ月持続。様々なバンドと組み合わせて手首はもちろん、靴紐につけたり、ネックレスとして首から下げることもできる。

スマートフォンのMisfitアプリと連携し、歩数や水泳のデータ、そして睡眠データ(浅い眠り、深い眠りまで検出してくれる)を記録し、カロリーを算出し、Misfitを身につけるだけで日々のフィットネスデータの記録・分析をしてくれる。

「Shine 2」は、見た目は前モデルとあまり変わらないが、新たに3軸加速度センサーに磁力計を搭載し、アクティビティや睡眠の追跡機能が改良された。

また通知機能が強化され、バイブレーションでフィットネスの進捗を知らせてくれたり、12個のLEDライトでさまざまなパターンで点滅して通知も行うようになった。またBluetooth4.1で、有効範囲が広がり転送速度も早くなった。

20151026_misfit2

「Shine 2」は、カーボンブラックとローズゴールドの2色で、アメリカでは100ドルで既に販売が開始されている。

また、別の「Misfit Link」アプリと連動するスマートボタン機能を備え、スマートフォンの音楽再生や、カメラのシャッターなどのコントロールが可能、さらにIFTTTとの連携も可能となっている。