THE BRIDGE

Mayumi Ishikawa

Mayumi Ishikawa

株式会社ロフトワークに所属、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」の広報と、ライター業の2つの仕事に従事。HDRフォトグラファー。主に海外のガジェットネタを得意とする。

http://uramayu.com

執筆記事

ロフトワークが本格的にアジアに進出、 香港に「MTRL Hong Kong」を開設

SHARE:

【情報開示】筆者はロフトワークの広報担当者である。 ロフトワークは新たに香港に拠点を設立、ドロップイン型のクリエイティブラウンジ「MTRL Hong Kong(マテリアル香港)」を12月8日にオープンした。 MTRL Hong Kong は香港の中心部、香港島の Sheung Wan(上環)エリアに位置し、吹き抜けのある2F建ての長屋をリノベーション。昔から香港で広く使われてきた人造研ぎ出し石や、…

【情報開示】筆者はロフトワークの広報担当者である。

ロフトワークは新たに香港に拠点を設立、ドロップイン型のクリエイティブラウンジ「MTRL Hong Kong(マテリアル香港)」を12月8日にオープンした。

MTRL Hong Kong は香港の中心部、香港島の Sheung Wan(上環)エリアに位置し、吹き抜けのある2F建ての長屋をリノベーション。昔から香港で広く使われてきた人造研ぎ出し石や、飛騨の広葉樹を使用するなど、ユニークな質感と素材を空間の中に散りばめられ、席数は38席とコンパクトなスペースだ。

2Fの吹き抜けを前にするワーキングエリア。窓の向こうは naked Hub(裸心社)が見える。

MTRL Hong Kongの道を挟んだ真正面の16階建てのビルには、アジア版 WeWork とも言うべき naked Hub(裸心社)が5ヶ月前にオープンしている。800以上のデスクを設けることができる巨大なコワーキングスペースで、MTRL Hong Kong にとっては、競合が立ちはだかったように見えるが、むしろチャンスと捉えているようだ。MTRL Hong Kong は、ものづくりやプロトタイプに特化しているスペースのため、充分に棲み分けが可能、この Sheung Wan にスタートアップやクリエイティブな人材が集まる良いきっかけとなる。

12月8日のオープニングレセプションには、香港のクリエイターやアントレプレナー、日系企業の重役など、100人以上が集まった。
「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場するタチコマを再現した、Cerevo 開発のスマート・トイ「1/8 タチコマ」を日本から取り寄せ展示。
タッチセンサーとワイヤレスセンサーを内蔵した木製のディバイス「mui」 のプロトタイプの展示と、デザイナーの廣部氏によるプレゼンテーション。
日本から取り寄せた様々な「素材(マテリアル)」が展示

今後、東京や京都の MTRL と連携し、クリエイターのものづくりのインスピレーションとなるような、様々な素材(マテリアル)を取り寄せ、展示していく予定だ。

MTRL Hong Kong にはカフェが併設され、一般ユーザーやクリエイターには、ドロップイン型のコワーキングスペースとして、また企業向けには「自社サービスの体験をインストールする場所」として利用できるようにしていく。プロトタイプを展示してテストマーケティングを行ったり、また集中的に議論や作業を行なったりする場所としても利用可能だ。

ロフトワーク香港創業メンバーの林千晶氏のブログには、次のように綴られている

IoT、金融、ビッグデータなど、これからのサービスにおいて、国境に起因する制約はますます薄まる。日本で開発をしてから、各国に合わせてローカライズなんてしている暇はない。リサーチ・計画段階から、世界を視野に入れてプロジェクトを実行することが重要だ。そんな挑戦を応援するために、ロフトワークはアジアを代表するクリエイティブカンパニーを目指す。

また毎月のミートアップでは、デザイナー、エンジニア、起業家、投資家、政府関係者、大学関係者、メディアなどを招き、良質な人の繋がりを育てる。日本、台湾、香港、中国を中心に、互いの価値観を理解し、コラボレーションを促進させるネットワークを提供したい。

ロフトワーク香港創業メンバー。左から:Tim Wong 氏、Eda Chow 氏、林千晶氏、諏訪光洋氏、Harvey Chung 氏。建築・クリエイティブ・コミュニケーションのバックグラウンドを持つメンバーが揃う。

MTRL Hong Kong

  • 住所 G/F, 10 New Street, Sheng Wan Hong Kong(地図
  • 営業時間 10:00-19:00(日曜休)
  • 席数 38席
  • 料金プラン 3時間150HKD(1ドリンク付)、1日300HKD(2ドリンク付)、1日プラスプラン400HKD(2ドリンク、スイーツ、45分のレーザーカッター利用込み)
  • 設置機材 レーザーカッター、UV プリンター、3D プリンター(45分150香港ドル〜)
  • Webサイト http://mtrl.com/hk/
  • Facebook ページ https://www.facebook.com/mtrlhk
----------[AD]----------

デザイナーやエンジニアに良さそうな、仕事中に足をぶらぶら動かすだけでカロリー消費ができる器具

SHARE:

座って足をぶらぶらしているだけでカロリーが消費できるという「HOVR」。1日に10時間はデスクに座って仕事をしているかもしれないエンジニアやデザイナーにうってつけではないだろうか。 HOVRは、机の天板から吊り下げるか、机の下の床に置いて使う運動器具で、取りつけて両足を乗せて、足を動かすだけ。ちょうど足置きにもなるので、適度に足を動かすことによってむくみ解消にも良さそうだ。仕事中はもちろん、ソファ…

20160509_hovr

座って足をぶらぶらしているだけでカロリーが消費できるという「HOVR」。1日に10時間はデスクに座って仕事をしているかもしれないエンジニアやデザイナーにうってつけではないだろうか。

HOVRは、机の天板から吊り下げるか、机の下の床に置いて使う運動器具で、取りつけて両足を乗せて、足を動かすだけ。ちょうど足置きにもなるので、適度に足を動かすことによってむくみ解消にも良さそうだ。仕事中はもちろん、ソファでくつろいで映画鑑賞をしている時に使っても良い。

開発チームによると、座りながらにしてウォーキングに近い運動量があり、ただ座っている状態よりも17%以上もカロリーを消費できるとのこと。

20160509_hovr2

iOS、Android、スマートウォッチに対応した専用アプリもあり、運動量や消費カロリー量、目標達成状況などが確認できるようになっている。

非常にシンプルな発想の運動器具とあってか、Indiegogoでのクラウドファンディングキャンペーンでは、残り4日で目標金額の3万ドル(約321万円)から910%超えの約27万2千ドル(約2900万円)もの資金を集めている。1つ99ドル(約1万円)から入手可能で、机からぶら下げるタイプか、床に直置きするタイプの2種類がある。

どこまでカロリー消費に役立つかはわからないが、(足癖の悪い人なんかは特に)仕事中に足をぶらぶらできて嬉しい上に、運動にもなるというのだから、一度使ってみたい。

----------[AD]----------

遠隔で対話しながらおやつも与えられる、ペット見守りカメラ「Furbo」

SHARE:

愛犬と常に一緒にいたいけれど、仕事や外出は避けられない。そんな愛犬家のための離れていても家で帰りを待つペットと対話ができるスマートドッグカメラ、Furbo(ファーボ)が登場した。 スマートフォンのアプリから家の中の愛犬の様子を確認したり、犬と会話したり、さらにおやつを与えることもできる。120度の広角カメラと暗視機能を搭載し、高画質のライブ動画を配信するほか、マイクとスピーカーが内蔵され、遠隔で飼…

20160514_furbo

愛犬と常に一緒にいたいけれど、仕事や外出は避けられない。そんな愛犬家のための離れていても家で帰りを待つペットと対話ができるスマートドッグカメラ、Furbo(ファーボ)が登場した。

スマートフォンのアプリから家の中の愛犬の様子を確認したり、犬と会話したり、さらにおやつを与えることもできる。120度の広角カメラと暗視機能を搭載し、高画質のライブ動画を配信するほか、マイクとスピーカーが内蔵され、遠隔で飼い主の声をペットに届けながらコミュニケーションを可能にする。

またFurboのユニークな機能として、外出前におやつをセットしておくことで、遠隔からおやつをポーンと与えてやることができるので、遠く離れていても愛犬と遊ぶことができるようになっている。

20160514_furbo2

ネットワークは、2.4GHz Wi-Fi (802.11 b/g/n)、Bluetoothで、カメラはHD画質 720P(解像度1280x720)、120度のワイドアングル、4倍ズーム、赤外線暗視機能を搭載する。重量は800グラム。1つのアカウントで、2人まで同時にFurboのアプリを利用できる。

Furboは、台湾のスタートアップ「Tomofun社が開発し、現在38,880円でで現在予約受付中で、2016年8月に出荷予定だ。

----------[AD]----------

気分に合わせてワンタッチでバンドを交換できるグーグルの「MODE Band」

SHARE:

グーグルから、Android Wearスマートウォッチ用の交換バンド「MODE Band」が発売された。 工具等を使わずにワンタッチで付け替え可能な「MODE テクノロジー」が採用されているのが特徴だ。 Apple Watchのバンドも工具を必要とせず着脱可能だが固定部分に独自の機構を採用しているのに対し、MODE Bandは普通の腕時計と同じバネ棒を使っていて、バネ棒を固定したまま、バンドを引っ…

20160511_androidmode

グーグルから、Android Wearスマートウォッチ用の交換バンド「MODE Band」が発売された。

工具等を使わずにワンタッチで付け替え可能な「MODE テクノロジー」が採用されているのが特徴だ。

Apple Watchのバンドも工具を必要とせず着脱可能だが固定部分に独自の機構を採用しているのに対し、MODE Bandは普通の腕時計と同じバネ棒を使っていて、バネ棒を固定したまま、バンドを引っ掛けてロックして、パチっとボタンをスライドさせるだけでバンドを交換することができる。

20160511_androidmode2

本革製は10色、シリコン製は6色を展開。例えばジムでスポーツをするときはシリコンバンドに、オフィスワーク時はスーツに合うように革のバンドにするといった具合に、気分やシチュエーションに合わせてバンドを気軽に変えられる。

デザインは、Hadley Romaが担当していて、サイズ(幅)は16mm、18mm、20mm、22mmを展開。バックルと着脱部分はステンレススチール製で、価格は50~60ドル程度で比較的安価に手に入れることができる。

日本ではまだ販売していないようだが、米国のAmazonで購入すれば日本への配送も可能。

幅が合ってさえいれば、スマートウォッチではない普通の腕時計用の交換バンドとしても利用できる。

----------[AD]----------

たまごサイズの超小型衣類圧縮バキュームマシン「VAGO」でスーツケースの中身を圧縮

SHARE:

スーツケースの中でも最もかさばるのは衣類だろう。最初の荷造りの段階でスーツケースをパンパンに荷物を詰め込んで、旅行先でさらに洋服やおみやげを買ってしまって、いよいよ荷物が入らない…そんな途方に暮れた経験はないだろうか。 圧縮袋を使いたくても、旅行先で吸引するための掃除機は自由に使うことが難しい。そこで現在Kick Starterでクラウドファンディング中のポータブル衣類圧縮機「VAGO」を紹介する…

20160424_vago01

スーツケースの中でも最もかさばるのは衣類だろう。最初の荷造りの段階でスーツケースをパンパンに荷物を詰め込んで、旅行先でさらに洋服やおみやげを買ってしまって、いよいよ荷物が入らない…そんな途方に暮れた経験はないだろうか。

圧縮袋を使いたくても、旅行先で吸引するための掃除機は自由に使うことが難しい。そこで現在Kick Starterでクラウドファンディング中のポータブル衣類圧縮機「VAGO」を紹介する。VAGOは衣類の入った圧縮袋を簡単に真空化してくれる、いわゆる超小型バキュームマシンだ。

20160424_vago02

空気を吸い込み、専用の圧縮袋の中を真空化することで、衣類の体積を50%圧縮してくれる。使用済みの衣類もVAGOの圧縮袋に入れておけば、真空で匂いやバクテリアを閉じ込めておけるので、かばんの中が臭くなることもなくなる。

20160424_vago03

マイクロUSBで充電することもできれば、電源に接続して給電状態でも利用可能。専用の圧縮袋に衣類を詰め込み、セットしてボタンを押すだけで圧縮してくれる。圧縮袋の空気量はセンサーで検知するので、吸引作業は全部VAGOにお任せ。

20160424_vago04
カラーはブラック・ホワイト・ピンク・パープルの4色。サイズは縦7cm×横3.6cm、重量もわずか86gとかなり小さく、卵くらいのサイズ。VAGOそのものがかさ張ること無く気軽に旅行先に持っていけそうだ。

価格は、31ドル(約3400円)で、VAGO1本、専用圧縮袋1枚から。出荷は2016年8月を予定しており、日本への発送料は無料。

----------[AD]----------

観葉植物の光合成の力で発電するポット「Bioo」、1日2-3回スマホのフル充電可能

SHARE:

クリーンエネルギーは世紀が必要としている。地熱、太陽光、風力など、様々なエネルギーを電力に変換するテクノロジーが注目されているが、一般家庭でも気軽に導入できそうな、植物発電による充電ポット「Bioo」がIndiegogoに登場、注目を集めている。 一見普通の観葉植物にしか見えないが、ポットの中にはUSB充電ケーブルが隠されている。太陽に照らされていない夜間でも充電可能、出力は3.5V、0.5Aで、…

20150425_bioo

クリーンエネルギーは世紀が必要としている。地熱、太陽光、風力など、様々なエネルギーを電力に変換するテクノロジーが注目されているが、一般家庭でも気軽に導入できそうな、植物発電による充電ポット「Bioo」がIndiegogoに登場、注目を集めている。

一見普通の観葉植物にしか見えないが、ポットの中にはUSB充電ケーブルが隠されている。太陽に照らされていない夜間でも充電可能、出力は3.5V、0.5Aで、かなり頼りなくはあるが、1日にスマートフォンを2回から3回フル充電できるとしている。

使い方も特別なことはなく、まず底の装置に水を注ぎ「起動」し、好みの植物(なんでも良いらしい)を土ごと植え、通常の観葉植物の育てるだけだそう。

20150425_bioo2

植物は光合成をする際に電子を放出する。

光合成によって生成される有機物の中には、植物の成長を促す成分が含まれているが、そのほとんどは根っこから土へと排泄されてしまう。そこにその有機物を食べようと微生物が集まるが、微生物が有機物を消費する際には、電子が放出されているそうだ。

それをポットの底の装置に配された電極により回収、電気エネルギーに変換し、それを吸い上げてUSBポートから給電できるようにしている。(Indiegogoの説明文には「光合成の過程で土へ排出された成分が電気エネルギーに変わる」とだけ説明されているが、光合成発電の仕組みはだいたいこうらしい)

20160424_vago05

地震などの災害時、通信手段や情報収集手段としてのスマートフォンを動かすための電力は最優先に必要、でも停電となるとバッテリー切れが避けられない。

一家にひとつこのBiooを備えておけば、いざというときの充電に役に立つかもしれないし、育てる植物にも格別の愛情を注げそうな気がする。

ひとつ99ユーロ(約12500円)から入手可能で、出荷は2016年12月を予定、世界中に出荷可能とのこと。記事執筆時点で目標金額の15000ユーロ(約188万円)を180%ほど超えて、プロジェクトは達成済みだ。

また、より大きな電力が得られる、100×100×25cmの「Bioo Panel」もあり、最大40wの発電が可能だそうだ。

----------[AD]----------

もっとも美しいブレスレット型ウェアラブルデバイス「RINGLY ARIES」

SHARE:

スマートジュエリーブランド「RINGLY」から、新しくブレスレットタイプの ARIESが登場した。 華奢なバングルに本物の宝石を大きくあしらったデザインは、一見ウェアラブルデバイスとは思えない高級感が感じられる。 既存の指輪型のRINGLYから比較すると、対応アプリが80種類から100種類に追加されている。bluetoothでスマートフォンとペアリングし、メール、電話、Facebook、slack…

20160412_ringly

スマートジュエリーブランド「RINGLY」から、新しくブレスレットタイプの ARIESが登場した。
華奢なバングルに本物の宝石を大きくあしらったデザインは、一見ウェアラブルデバイスとは思えない高級感が感じられる。

既存の指輪型のRINGLYから比較すると、対応アプリが80種類から100種類に追加されている。bluetoothでスマートフォンとペアリングし、メール、電話、Facebook、slack、Twitter、WhatsApp、Uber、Instagram、Pinterestといった通知を、4パターンの振動と5種類の光をカスタマイズして知らせてくれる。
また、ARIESからアクティビティトラッカー機能が搭載、歩いた歩数から消費カロリーを算出し、目標消費カロリーを達成すると知らせてくれるようになった。

20160412_ringly2

基本的な仕様は、従来の指輪型のRINGLYと大きく変わらないが、4時間の充電で24〜48時間利用可能、600〜900メートルまで受信が可能。

20160412_ringly3

トルマリンクオーツ、ラピス、レインボームーンストーン、ラブラドライトの4種類で、そしてサイズはS(16.51cm)、M(19.06cm)の2種類。
販売予定価格279ドル(約3万円)のところ、現在プレオーダー価格で(約2万1千円)となっているが、プレオーダーはアメリカ国内のみ対応とのこと。ただし2016年秋にはグローバルへの出荷を予定しているとのことだ。

----------[AD]----------

「ワインを飲む」という体験をスマート化しようとするとどうなるか

SHARE:

ワインの鮮度を長く保ちたい、一度にいろんな味を楽しみたい、飲んでいるワインの情報をもっとよく知りたい、コルク抜きが面倒、そういった要望と課題を解決するために生まれた「Kuvée」を紹介する。 Kuvéeは、専用のスマートボトルに専用のワインカートリッジボトルを装着してワインを注ぐようになっている。ボトルはWiFiに繋ぎ、搭載されているディスプレイにはワインの情報や、ワインが何杯分残っているかも表示…

20160416_kuvee01

ワインの鮮度を長く保ちたい、一度にいろんな味を楽しみたい、飲んでいるワインの情報をもっとよく知りたい、コルク抜きが面倒、そういった要望と課題を解決するために生まれた「Kuvée」を紹介する。

Kuvéeは、専用のスマートボトルに専用のワインカートリッジボトルを装着してワインを注ぐようになっている。ボトルはWiFiに繋ぎ、搭載されているディスプレイにはワインの情報や、ワインが何杯分残っているかも表示される。

赤・白、全部で48種類の専用カートリッジボトルは、1本750ml入りで15ドル(約1700円)から30ドル(約3400円)で購入可能。カートリッジボトルは開栓しやすいスクリュードライバー、ガラスのボトルより軽量、かつ最大30日間ワインを酸化させずにおいしく飲めるようになっている。(つまり、近所で買った自分好みのワインは使えず、必ずオンラインで専用カートリッジワインを購入する必要がある)

赤が飲みたい女性、白が飲みたい男性、でもワインのボトルを空けるには忍びない…そんな風に喧嘩することもなくなるいうわけだ。ワインが足りなくなったら、ワインボトルに表示されているディスプレイから、直接カートリッジを購入することもできる。

20160416_kuvee02

Kuvéeは現在WebサイトIndiegogoでプレオーダー中で、199ドル(約2万2500円)でKuvéeのボトルとワインカートリッジ4本を入手可能、出荷は2016年12月を予定しているが、現時点ではアメリカ国内のみとなっている。

一般家庭で日常的に利用するというよりは、飲食店でエンターテイメント性をもちつつ安定的にワインをサーブするのに向いているような気がする。

----------[AD]----------

ニューヨークの高級折りたたみ傘ブランド「Davek」に置き忘れ防止センサーが搭載

SHARE:

Davek(ダベック)は、風が強いニューヨークで生まれた高級折り畳み傘ブランド。亜鉛合金のハンドル、頑丈なスチール製シャフト(軸)、ポリマー炭素フレームによって高い強度を誇り、ワンタッチで傘の開閉ができる。 小型で持ち運びがしやすい丈夫な折り畳傘に、忘れもの防止のためのセンサーが搭載された「Davek Alert Umbrella」が登場した。 スマートフォンと連動し、家や会社、店などに傘を置き忘…

20160409_davel01

Davek(ダベック)は、風が強いニューヨークで生まれた高級折り畳み傘ブランド。亜鉛合金のハンドル、頑丈なスチール製シャフト(軸)、ポリマー炭素フレームによって高い強度を誇り、ワンタッチで傘の開閉ができる。

小型で持ち運びがしやすい丈夫な折り畳傘に、忘れもの防止のためのセンサーが搭載された「Davek Alert Umbrella」が登場した。

スマートフォンと連動し、家や会社、店などに傘を置き忘れてしまった時など、9メートル離れると通知してくれるというもの。使用していない時はスリープモードになり、バッテリーは1年以上持ち、簡単に交換可能。

20160409_davel02

ミニ(17センチ・453グラム)、オリジナル(30センチ・816グラム)、グランデ(38センチ・907グラム)の3サイズ展開(長さはいずれも閉じている時)。オリジナルとグランデはワンタッチ開閉ができる。

一般的な折り畳み傘は、6−8本骨傘が主流となっているが、Davekは9本骨傘にすることによって強度が増し形も美しくなっている。

20160409_davel03

折りたたみ傘にスマートフォンと連携するセンサーが搭載されただけといえばそれまでだが、すでに信頼と実績のあるブランド傘にテクノロジーが加味されたとあってか、「Davek Alert Umbrella」は、KickStarterに登場してから約3日程度で、目標額の8万ドル(約864万円)に対して、5万5千ドル(594万円/記事執筆時点で残り28日)の支援を順当に集めている。

49ドル(約5200円)以上の支援でミニ、79ドル(約8500円)以上でオリジナル、120ドル(約1万3千円)以上の支援でグランデを入手可能で、2016年9月に出荷を予定している。

----------[AD]----------

15分で窯の温度が500度まで上がるポータブル石窯で、いつでも本格ピザが食べられる

SHARE:

石窯で焼いたピザやパンの味は格別だ。熱々でサクサクと香ばしく、そして柔らかい甘みが口に広がり、食感と香りが普通のそれとは全然違う。 「Roccbox」はもともと石窯を開発していたプロフェッショナルが、持ち運びが可能な構造に出来ないかと数年かけて研究した末に、20kgのポータブル型の石窯を完成させた。 たった15分で窯の温度が500°まで上がり、90秒で本格的な石窯ピザが焼け、薪でもガスでもどちらも…

20160404_rocc

石窯で焼いたピザやパンの味は格別だ。熱々でサクサクと香ばしく、そして柔らかい甘みが口に広がり、食感と香りが普通のそれとは全然違う。

Roccbox」はもともと石窯を開発していたプロフェッショナルが、持ち運びが可能な構造に出来ないかと数年かけて研究した末に、20kgのポータブル型の石窯を完成させた。

たった15分で窯の温度が500°まで上がり、90秒で本格的な石窯ピザが焼け、薪でもガスでもどちらも使えるという構造だ。

一般家庭の庭などはもちろん、キャンプ場や川辺で本格的な石窯料理が堪能できる。

20160404_rocc3

石窯は郵便受けのような形状で、中の食材に超高温の熱を行き届かせることができる。

「Roccbox」は、ステンレス・スチールが何層にも断熱コーティングが施され、外面は外に熱が漏れないよう、シリコンのジャケットでカバーされ、内部にはステンレススチール、シリコン、石というさまざまな素材を使用。

一般販売している石窯を開発しているチームが慎重に設計しているので、安全面も充分に配慮されているという。

熱々の本格ナポリスタイルのピザはもちろん、肉や野菜や魚のローストも石窯で美味しく調理できる。
20160404_rocc2

20160404_rocc4

20160404_rocc5
美味しそう。

長さ約53cm、横、高さが41cm。折り畳み式で、車のトランクへの収納や持ち運びができる。

通常石窯は設置も難しければ動かすなんてもってのほかで、本格石窯ピザを売りにしているレストランくらいでしか味わうことができなかった石窯料理が、一般家庭でも楽しめるようになった。

現在 Indiegogo でクラウドファンディング中で、すでに目標金額を大きく上回ってプロジェクト達成済。残念ながらまだ日本への配送は行なっていないようだが、489ドル(約54,500円)から入手可能で、窯のほか、ガスバーナー、ウッドバーナー、ピザピール、レシピブック、取扱説明書が付いてくる。

「Roccbox」は2013年英国にて設立され、このポータブル石窯はすでに2015年の Virgin media のコンテストでセミファイナリストに残るなど、すでに注目を浴びている。

----------[AD]----------