たまごサイズの超小型衣類圧縮バキュームマシン「VAGO」でスーツケースの中身を圧縮

by Mayumi Ishikawa Mayumi Ishikawa on 2016.5.15

20160424_vago01

スーツケースの中でも最もかさばるのは衣類だろう。最初の荷造りの段階でスーツケースをパンパンに荷物を詰め込んで、旅行先でさらに洋服やおみやげを買ってしまって、いよいよ荷物が入らない…そんな途方に暮れた経験はないだろうか。

圧縮袋を使いたくても、旅行先で吸引するための掃除機は自由に使うことが難しい。そこで現在Kick Starterでクラウドファンディング中のポータブル衣類圧縮機「VAGO」を紹介する。VAGOは衣類の入った圧縮袋を簡単に真空化してくれる、いわゆる超小型バキュームマシンだ。

20160424_vago02

空気を吸い込み、専用の圧縮袋の中を真空化することで、衣類の体積を50%圧縮してくれる。使用済みの衣類もVAGOの圧縮袋に入れておけば、真空で匂いやバクテリアを閉じ込めておけるので、かばんの中が臭くなることもなくなる。

20160424_vago03

マイクロUSBで充電することもできれば、電源に接続して給電状態でも利用可能。専用の圧縮袋に衣類を詰め込み、セットしてボタンを押すだけで圧縮してくれる。圧縮袋の空気量はセンサーで検知するので、吸引作業は全部VAGOにお任せ。

20160424_vago04
カラーはブラック・ホワイト・ピンク・パープルの4色。サイズは縦7cm×横3.6cm、重量もわずか86gとかなり小さく、卵くらいのサイズ。VAGOそのものがかさ張ること無く気軽に旅行先に持っていけそうだ。

価格は、31ドル(約3400円)で、VAGO1本、専用圧縮袋1枚から。出荷は2016年8月を予定しており、日本への発送料は無料。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------