THE BRIDGE

タグ Android Wear

Android Wearアプリの総ダウンロード件数が、500万回を突破

SHARE:

Wear スマートウォッチと Android 携帯を接続する Android Wear アプリの総ダウンロード件数が500万回を突破した。昨日(9月12日)、Google Play ではアプリのインストール回数が「100万回~500万回」と表示されていたが、今日(9月13日)は「500万回~1,000万回」を示している。参考までに、Android Wear は2015年3月に100万回のマイルスト…

android_wear_watches

Wear スマートウォッチと Android 携帯を接続する Android Wear アプリの総ダウンロード件数が500万回を突破した。昨日(9月12日)、Google Play ではアプリのインストール回数が「100万回~500万回」と表示されていたが、今日(9月13日)は「500万回~1,000万回」を示している。参考までに、Android Wear は2015年3月に100万回のマイルストーンを達成した。

Google は実際に使用されている Android Wear デバイスの数や販売数を発表しておらず、Android Wear の成長を調べるにはこの数値の変動をみるのが最善の方法だ。Google は Google Play サービス付き Android 携帯の販売数と有効化された数を追跡できるはずだが(Kindle 商品などサービスの入っていない Android デバイスについては追跡不可)、ほとんどの Android Wear ウォッチは単に Android 携帯の拡張機能であり、有効化された数と使用されている数を追跡するのは難しい。

android_wear_app_installs

誤解のないように言うと、今日新たに明らかにされた数字はダウンロード数とインストール数であり、販売数ではない。ユニークユーザの数とは異なるということだ。機種変更にともなうダウンロードや、ダウンロードはしたもののデバイスは使用していない場合、何らかの理由による再ダウンロードもカウントされている。

言い換えれば、Android Wear のアクティブユーザ数はおそらく500万人を下回るということだ。しかし、現在その数は100万人をはるかに超え500万人に迫る勢いだ。

IDC の推定によると2016年の Android Wear 出荷台数概算が約610万台であることを考えれば、これは注目に値する数値だ。プラットフォームの滑り出しは Google が期待したほどではなかったため、同社は数を公にしておらず、Google Play やサードパーティーによる概算に頼るしかない。

それでもなお、ウェアラブル市場の成長にともない、Android Wear の伸びも期待されている。そして、Google はプラットフォームへの投資を継続している。

同社は5月、I/O 2016デベロッパーカンファレンスでスタンドアロンアプリの入った新デザインの Android Wear 2.0を発表した。他にも多数の新しい Android Wear ウォッチを計画中であり、Google Assistant をサポートするものも出るのではないかと噂されている。

マイルストーンについて詳細を得るため、Google に問い合わせを入れた。回答があれば後日詳細を更新する。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

気分に合わせてワンタッチでバンドを交換できるグーグルの「MODE Band」

SHARE:

グーグルから、Android Wearスマートウォッチ用の交換バンド「MODE Band」が発売された。 工具等を使わずにワンタッチで付け替え可能な「MODE テクノロジー」が採用されているのが特徴だ。 Apple Watchのバンドも工具を必要とせず着脱可能だが固定部分に独自の機構を採用しているのに対し、MODE Bandは普通の腕時計と同じバネ棒を使っていて、バネ棒を固定したまま、バンドを引っ…

20160511_androidmode

グーグルから、Android Wearスマートウォッチ用の交換バンド「MODE Band」が発売された。

工具等を使わずにワンタッチで付け替え可能な「MODE テクノロジー」が採用されているのが特徴だ。

Apple Watchのバンドも工具を必要とせず着脱可能だが固定部分に独自の機構を採用しているのに対し、MODE Bandは普通の腕時計と同じバネ棒を使っていて、バネ棒を固定したまま、バンドを引っ掛けてロックして、パチっとボタンをスライドさせるだけでバンドを交換することができる。

20160511_androidmode2

本革製は10色、シリコン製は6色を展開。例えばジムでスポーツをするときはシリコンバンドに、オフィスワーク時はスーツに合うように革のバンドにするといった具合に、気分やシチュエーションに合わせてバンドを気軽に変えられる。

デザインは、Hadley Romaが担当していて、サイズ(幅)は16mm、18mm、20mm、22mmを展開。バックルと着脱部分はステンレススチール製で、価格は50~60ドル程度で比較的安価に手に入れることができる。

日本ではまだ販売していないようだが、米国のAmazonで購入すれば日本への配送も可能。

幅が合ってさえいれば、スマートウォッチではない普通の腕時計用の交換バンドとしても利用できる。

----------[AD]----------

Android Wear、最新のアップデートでWi-Fi対応とemojiで相手にメッセージできる機能を追加

SHARE:

<ピックアップ>Android Wear update with Wi-Fi support and emoji is rolling out now | The Verge Apple Watchの発売によってスマートウォッチがますます注目されています。Appleだけがスマートウォッチではない、と先行しているAndroid Wearもアップデートを行っています。 最新のアップデートで…

Image by Kārlis Dambrāns on Flickr
Image by Kārlis Dambrāns on Flickr

<ピックアップ>Android Wear update with Wi-Fi support and emoji is rolling out now | The Verge

Apple Watchの発売によってスマートウォッチがますます注目されています。Appleだけがスマートウォッチではない、と先行しているAndroid Wearもアップデートを行っています。

最新のアップデートでは、Wi-Fiに対応し、スムーズなネット環境のなかで接続できるようになります。さらに、追加してメッセージなどを送るのにemoji(絵文字)が使える、とのこと。

スマートウォッチの画面上でドローイングをするだけで、顔文字や簡単なイラストを書くことができ、それを相手に送ることができるようです。

昨今のメッセージングアプリの盛り上がりにおいても、emoji(絵文字)は注目ですが、まさかスマートウォッチにも絵文字が即座に対応するのはびっくりですが、こうしたノンバーバルなコミュニケーションツールが意外と意味のあるものなのかもしれません。

----------[AD]----------

2014年に出荷された460万台のウェアラブル端末のうち、Androidのスマートウォッチはわずか72万台

SHARE:

4月に発売が予定されているApple Watchのプロモーション活動が最高潮に達する中、まだスマートウォッチの時代は来ていないということを私たちはつい忘れがちになる。スマートウォッチ時代の幕開けは2014年ではなかった。 これまでのところ最も広まっているスマートウォッチOSはAndroid Wearであり、Canalys Researchによる最新レポートによると、2014年に販売されたウェアラブ…

img_0548-780x520
4月に発売が予定されているApple Watchのプロモーション活動が最高潮に達する中、まだスマートウォッチの時代は来ていないということを私たちはつい忘れがちになる。スマートウォッチ時代の幕開けは2014年ではなかった。

これまでのところ最も広まっているスマートウォッチOSはAndroid Wearであり、Canalys Researchによる最新レポートによると、2014年に販売されたウェアラブルバンドのうちAndroid Wearの出荷数は72万台ほどでだったという。

MotorolaのMoto 360がAndroid Wearスマートウォッチの販売では群を抜いていた。360は年末にサプライチェーンに関する問題を引き起こすまでは第4四半期の販売は好調だったとCanalysは伝えている。

360は数で言うとSamsungのスマートウォッチを圧倒し、2014年で最も売れた端末となった。「Samsungは消費者との関わりで苦戦していますが、ウェアラブル端末用オペレーティングシステムのTizenに注力しつつもデベロッパーを惹きつけるよう懸命な取り組みをしなくてはなりません」とCanalysのアナリストであるChris Jones氏はコメントしている。

LGの丸みを帯びたG Watch Rはオリジナルの四角いG Watchに比べてかなりパフォーマンスが向上したが、他方でAsusとSonyが自社製Androidウェアラブル端末で市場に参入してきたとCanalysは伝えている。

Canalysによると、Pebbleは2013年のローンチから2014年末までに合計100万台を出荷し、「継続的なソフトウェア更新、アプリストアでのアプリ数増加、秋に行われた価格引き下げにより、年下半期の堅調な売上を維持できた」という。

Fitbitはベーシックなウェアラブルバンドでは世界最大手の地位を維持している。同社は最近2つの最新フィットネストラッカーを市場に投入した。1つは心拍数モニターを備えたもので、Surgeというフィットネスウォッチだ。

Xiaomiは13米ドルのMi Bandを100万台以上出荷した。この数字には1日で10万3000台販売したものが含まれる。

「Mi Bandは競合商品と比べて低マージンの製品ですが、Xiaomiはユニークな戦略でウェアラブル市場に参入してきました。その出荷数を見ると、同社が中国市場のみをターゲットとする分野でどのように急成長したかがわかります」とCanalysのアナリストJason Low氏はコメントしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Googleがウェアラブルデバイス用OS「Android Wear」の新しい画面を公開

SHARE:

<ピックアップ> Google Reveals New Images of Android Wear Apps ここ最近、iPhoneでソーシャル(Twitter/facebook)とメールのチェックをする時、ダメだと分かりながらついつい「歩きスマホ」をやってしまっている自分に気がつき、本格的にこれはダメだなと購入を真剣に考えているのがスマートウォッチです。 大切なメッセージがくればそ…

moto360

<ピックアップ> Google Reveals New Images of Android Wear Apps

ここ最近、iPhoneでソーシャル(Twitter/facebook)とメールのチェックをする時、ダメだと分かりながらついつい「歩きスマホ」をやってしまっている自分に気がつき、本格的にこれはダメだなと購入を真剣に考えているのがスマートウォッチです。

大切なメッセージがくればそれで分かりますし(というかほとんどの場合はどうでもいい情報だったりする)スマートフォンをできる限りカバンの中にいれて積極的にいじらないようにすることで、歩きスマホを根絶しようという試みです。自分に向けて書いてます。はい。

PebbleやサムスンのGearFitなんかもカッチョイイですが、ここはやはりGoogle/モトローラ連合軍が開発中のMoto360を狙いたいところです。

<参考記事> 充電方法は非接触?ーースマートウォッチMoto360に関する10の考察

発表からしばらく経ちますが、ここにきて新しいAndroid Wear(Moto360などの基本OS)の画面が公開されています。Google Nowのインターフェースっぽいので、普段Androidを使っている人であれば分かりやすいのではないでしょうか。下にイメージ貼付けておきます。

3 - clans4 - nest

7 - podcast6 - podcast

via Mashable 【G翻訳】

----------[AD]----------