スマホ画面をモノクロにしてデジタルデトックス、運転操作パネルデザイナーが開発したアプリ「minimalist phone」

SHARE:
Image credit: minimalist phone

ついつい Instagram や Threads、LINE を開いてしまうアナタ、モバイル中毒になっていないだろうか。

スマートフォンを頻繁に使う生活の中で、SNS を開く回数を減らし、自分の時間を見つけて集中するデジタルデトックスを提唱する人が増えており、台湾には「潮汐」「Forest(専注森林)」「ポモドーロテクニック(番茄時鐘)」など対策アプリがたくさんある。こうしたアプリは簡単な時間制御と邪魔しない設定により、スマートフォンの使用時間を減らし、仕事の効率を高めるように設計されている。

しかし、話はそう簡単ではない。

minimalist phone」というアプリは、3年足らずで200万ダウンロードを達成したデジタルデトックスツールだが、他の集中力アプリとは異なり、画面をロックしたり、邪魔しない設定をしたりせず、代わりにスマートフォンを白黒のインターフェースに変えてしまう。

その理念とは何か? そして、200万人を魅了した理由とは?

Image credit: minimalist phone

航空宇宙や自動車の操作パネルデザイナーがひらめき

minimalist phone の設立者兼開発者 Martin Moravek 氏は、大学でコンピュータグラフィックスを学び、卒業後は自動車や航空機向けの操作パネルをデザインしていた。

パイロットや自動車ドライバのためのユーザインターフェースをデザインする場合、考慮しなければならない要素がたくさんあり、グラフィックや色の違いによって運転行動や感情までも左右されることがある。ドライバーが運転に集中し続けるために、どのような情報がドライバにとって重要なのかを注意深く考えることが重要だ。

カラーデザインに関しては、各ブランドのメインカラーを除き、車のスクリーンインターフェースは通常、運転中の視覚的な注意散漫を避けるため、彩度の低い色とダークトーンでデザインされる。また、色が多すぎると、ドライバはより重要な選択肢を区別することができなくなり、運転中のドライバの注意を散漫にさせるため、色はできるだけ統一する。

Moravek 氏は、流行中にソーシャルメディアに多くの時間を費やしていることに気づき、色彩やグラフィックを長年研究してきた経験から、人々をスマートフォンに夢中にさせているのは、色彩やインターフェースにも関係しているのではないかと考え、minimalist phone の開発に着手した。ユーザはスマートフォンの使用時間や依存度を徐々に減らし、基本的なスマートフォンのインターフェースに慣れることで、デジタルデトックスを行う。

白と黒を基調としたミニマルなデザイン、アプリの通知をフィルタリング

minimalist phone のデザインコンセプトは、ユーザがスマートフォンの機能を使うことを止めることではなく、スマートフォンの使用時間を短縮することである。したがって、minimalist phone のインターフェースデザインから機能まで、minimalist phone の開発はこのコンセプトに基づいている。

minimalist phone の UI デザインは、黒と白をメインスクリーンとするミニマリスト的なものである。Moravek 氏によれば、この2色を選んだ主な理由は、黒と白の色がユーザの視覚体験を減らし、ひいてはスマートフォンの使用時間を減らすことになるからだという。

メイン画面の上部には日付と時刻が表示され、以下は個々のアプリが設定できるテキストメニューとなっている。ユーザは、カレンダー、時計、メールボックスなど、画面に表示させたい必須ツールを選択できるほか、車を呼ぶ、ナビゲーション、出前を注文する、ポッドキャストを聴くなどの機能も保持し、他のアプリは通知によってもたらされる干渉を軽減するためにスリープモードに入ると同時に、5分、10分、15分、最大30日間アプリを使用しないように設定でき、時間が過ぎると自動的に通知をポップアップし、アプリを終了する。

Moravek 氏によると、現在、minimalist phone のユーザの約93%が、アプリを使用する日中もスマートフォンの機能は使えるが、以前よりはるかに使用時間が短くなったと報告している。

スマホのデザイン向上と潜在市場の開拓

2020年にローンチした minimalist phone は、昨年までにすでにダウンロード数が200万回を突破しているが、Google Play でローンチされた当初、最初の有料ユーザを獲得するまでに2カ月以上かかったと Moravek 氏 は述べた。彼によると、minimalist phone は、フォントサイズ、フォント、色の調整、YouTuber とのプロモーション協力など、幾度かの改良とユーザ調査を経て、初めて現在の利用実績を得たという。

現在、minimalist phone は Android でのみダウンロード可能で、月額料金は4.99米ドル、年額料金は21.43米ドル、1回限りの料金は29.99米ドル。現在、利用者の多くは欧米に集中しているが、同社はより多くの人が自分の時間と関心を取り戻せるよう、他の国でも積極的に潜在市場を開拓している。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する