Meet Global by Business Next(数位時代)

Meet Global by Business Next(数位時代)

Launched by Business Next Media since 2011, Meet is a go-to platform for startup community, news, events, talents, partners, funding and more. Meet is the pioneer fostering the startup ecosystem and social network in Taiwan, by providing various online and offline service. Meet Taipei Startup Festival, powered by Meet, is bound for the largest tech startup conference and exhibition in Asia.

https://meet.bnext.com.tw/

執筆記事

「メンズウェアの未来は、所有ではなくアクセス」——米国で人気、AIが選ぶシャツのレンタルサブスク「Taelor」

eBay や Facebook でプロダクト責任者を務めた Anya Cheng(鄭雅慈)氏が率いる男性ファッションのレンタルサブスクリプションサービス「Taelor」は4月28日、オーバーサブスクリプションのプレシードラウンドで230万米ドルを調達したと発表した。 このほか、エンジェル投資家として、Guitar Hero(吉他英雄)の創業者 Samantha Chien 氏と Kai Huang…

Image credit: Taelor

eBay や Facebook でプロダクト責任者を務めた Anya Cheng(鄭雅慈)氏が率いる男性ファッションのレンタルサブスクリプションサービス「Taelor」は4月28日、オーバーサブスクリプションのプレシードラウンドで230万米ドルを調達したと発表した。

このほか、エンジェル投資家として、Guitar Hero(吉他英雄)の創業者 Samantha Chien 氏と Kai Huang(黃中凱)氏 夫妻、Morgan Stanley Taiwanの元マネージングディレクタ Sean Chao(趙辛哲)氏、シカゴと関係のあるスタートアップにフォーカスするエンジェルグループ Chicago Early、女性主導でポテンシャルの高い企業にフォーカスする投資会社 Golden Seeds のシリコンバレー支部共同設立者から投資を受けた。

ファッションをサステイナブルに提供する

Taelor 共同創業者の2人。左から:鄭雅慈(Anya Cheng)氏、Phoebe Tan 氏
Image credit: Taelor

ファストファッションのブームで、ZARA、H&M、ユニクロなど国際的アパレルブランドが世界中にどんどん店舗を増やしている。人々は、大量の服を購入しても、一度しか着ないことに慣れ始めている。その結果、廃棄される衣服の山が深刻な環境問題となっている。

Taelor は、服のレンタルサービスを提供するだけでなく、一流のスタイリストを雇い、服選びを手伝ってもらうことでこの問題を解決しようとしている。AI を活用して、顧客のために服を選んでもらおうとしているのだ。

メンズウェアの未来は、所有ではなくアクセスだ。我々の使命は、人々が格好良く、目標を達成し、環境を救うのを助けることだ。(Cheng 氏)

若い世代はソーシャルメディアの影響でファッションへの意識が高く、サステナビリティを支持し、古着を購入することもある。だからこそ、Taelor は、見栄えを良くしたいが所有物は少なくしたいという多くの若い男性にとって本当に完璧なソリューションなのだ。(Taelor 共同創設者兼 COO の Phoebe Tan 氏)

Taelor に最初に登録した顧客は、スタイルに関するアンケートに回答し、Taelor のスタイリストによる個人的なカウンセリングを受ける。そして、スタイリストと人工知能(AI)が、顧客の好みに合わせて洋服を選んでくれる。洋服は客に発送され、客は数週間着用して返品するか、通常の小売価格の最大70%オフで購入することができる。その後、客にはまた新たな箱が届けられる。

ドレスシャツ、ジャケット、ポロシャツ、ヘンリーシャツなど、4種類のアイテムが各ボックスに収められている。近日中にパンツも加えられる予定だ。ドライクリーニングと往復送料は共に無料なので、衣類のレンタルと返却を簡単に行うことができる。

Taelor は、個人顧客だけでなく、企業と連携し、社員やクライアントへの特典やギフトとしてサブスクサービスを提供する計画だ。また、独自のデータを活用し、ブランドや小売業者がトレンドを予測し、売れ残り在庫を削減できるよう支援する。

Taelorは、アパレル・ブランドにとっての出発点のようなものだ。SaaS データ企業として、ブランドや小売業者が製品をテストし、新しい顧客を見つけ、消費者の真の好みを発見する手助けをするのだ。(Cheng 氏)

Taelor は、R2 Amsterdam、Son+Fathers、REESEDELUCA、TAGS など、すでに100以上のアパレルブランドと提携している。 消費者の購買率は30%近くに達し、継続率は90%を超えている。

Taelor 創業者のチームメンバーと Tim Draper 氏。
Image credit: Taelor

Taelor は、多くの注目と評価を受けている。伝説の投資家 Tim Draper 氏が主催するスタートアップコンペティション「Draper Demo Day」で優勝した。また、台湾の 500 Global アクセラレータにも選出された。

Chen 氏によれば、今回の資金調達は、台湾での技術チームの構築や、台湾の衣料品業界との協力関係の加速など、グローバルな採用拡大に充てられる。また、今回の資金により、台湾やアジアの既製服を中心としたアパレルブランドとのコラボレーションを拡大する予定だ。

この計画では、既製服メーカーは Taelor に在庫を預け、レンタルや再販を行うことができる。Taelor を利用して、これから市場に出る新しい製品をテストしたり、アメリカ市場への新しいゲートウェイにしたりすることができるという。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


台湾のポスト量子暗号スタートアップChelpis(池安科技)、2.6億円を調達

台湾スタートアップの Chelpis(池安科技)は、台湾政府の行政院国家発展基金と菓子製造大手 I-Mei Foods(義美食品)CEO の Luis Ko (高志明) 氏らが参加したラウンドで約5,850万ニュー台湾ドルを調達したと発表した。 量子コンピュータの登場により、新しい暗号プロトコルが登場し、古いセキュリティ機構は安全でなくなり、新しい暗号標準アルゴリズムで情報を保護する必要が出てくる…

Chelpis(池安科技)のチームメンバー
Image credit: Chelpis(池安科技)

台湾スタートアップの Chelpis(池安科技)は、台湾政府の行政院国家発展基金と菓子製造大手 I-Mei Foods(義美食品)CEO の Luis Ko (高志明) 氏らが参加したラウンドで約5,850万ニュー台湾ドルを調達したと発表した。

量子コンピュータの登場により、新しい暗号プロトコルが登場し、古いセキュリティ機構は安全でなくなり、新しい暗号標準アルゴリズムで情報を保護する必要が出てくるだろう。

情報を安全に保護するには、新しい暗号標準アルゴリズムを使うしかない。(Chelpis 創業者兼 CEO の Ming-Yang Chi=池明洋氏)

暗号アプリケーションに注力していた Chelpis は、この問題に着目し、量子コンピュータの新アルゴリズムが引き起こす情報セキュリティ問題を解決するソフトウェアサービスを考え出した。

問題解決に必要なのはスピード

RSA や ECC など既存の公開鍵暗号は、ファイルやメッセージを送信する際に、いずれかの鍵(公開鍵)で乱数の束に暗号化する方式を採用している。しかし、量子コンピュータは、既存の公開鍵暗号方式を破れるほど強力であるため、量子コンピュータの計算能力に対応した新しい公開鍵暗号方式が必要となり、これはポスト量子暗号(PQC、post-quantum cryptography)と呼ばれている。

つまり、ポスト量子暗号は速さを追求するものであり、特殊な能力を持ち、計算が速い量子コンピュータが安全な時間内に解読できないような鍵の交換方法を、さまざまな数学的アルゴリズムを使って作り上げることなのだ。

ポスト量子暗号アルゴリズムのソフトウェア化

2017年に設立された Chelpis は、暗号技術やアルゴリズムの応用に深く関わっており、ARM や Academia Sinica(台湾中央研究院)と連携、Cointech や DoQubiz(奕智鏈結)といったブロックチェーンや情報セキュリティのスタートアップが Chelpis のサービスを利用している。 量子コンピュータの成熟がもたらす新たなビジネスチャンスに注目した Chelpis は、2020年にソフトウェア企業が利用するための暗号製品「AORTA」を誕生させた。

AORTA は、VPN の拡張版と考えることができ、ポスト量子暗号を利用して、企業ネットワークと各種クラウドサーバーとの接続に仮想的なプライベート伝送路を作成する。 AORTA は、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が公開した「SP(Special Publication)800-207 Zero Trust Architecture」の暗号化規格を採用しており、仮想チャネルを利用したい人は許可を得なければ入れないようにすることで、セキュリティを担保している。

VPN との大きな違いは、AORTA はゼロトラスト・インフラを使用しており、データ送信とデータアクセスの両方に、精密な認証を求められる点だ。
Image credit: Chelpis(池安科技)

我々の主な顧客はクラウド SaaS 企業だ。彼らは背後に多くのクラウド接続サービスを提供していて、我々は異なるドメイン接続のセキュリティの問題を解決するからだ。 AORTA は、複数のクラウドを同時に利用し、クロスクラウドを必要とするソフトウェア企業のためのテーラーメイドと言える。(Chi 氏)

AORTA は、すでに 5G 技術プロバイダ、Qualcomm、ブロックチェーンプラットフォーム「FormosaVerse」と連携しており、今年中に主要なパブリッククラウドと国内のクラウドマーケットプレイスで利用できるようになる予定だ。 また、Chelpis は積極的に国際協力を展開しており、欧米の多くの情報セキュリティ企業や上場企業と、量子攻撃対策アルゴリズムやゼロトラストセキュリティフレームワークの提供などの戦略的提携を締結している。

ポスト量子暗号を採用した仮想通貨ウォレット「Kevin Wallet」。
Image credit: Chelpis(池安科技)

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


マイナビも出資、アジア最大の職業SNSを目指す台湾発「CakeResume」

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に最後にインタビューしてから5年が経った。彼は、一人で始めたスタートアップを、今や30人以上の強力なチームに育て上げ、世界中で220万人以上の登録ユーザと、データベースに登録された50万人以上のレジュメという人材プールを持つまでに成長させたのだ。そして今、日本の人材派遣会社大手マイナビからのシード資金調達に成功し、さらに大…

2016年、香港で開催された RISE でピッチする、CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏
Image credit: Trantor Liu(劉君羿)氏

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に最後にインタビューしてから5年が経った。彼は、一人で始めたスタートアップを、今や30人以上の強力なチームに育て上げ、世界中で220万人以上の登録ユーザと、データベースに登録された50万人以上のレジュメという人材プールを持つまでに成長させたのだ。そして今、日本の人材派遣会社大手マイナビからのシード資金調達に成功し、さらに大きなシェアを獲得する準備が整っている。

我々はアジアの LinkedIn のアジア版となり、アジア太平洋地域で最大のプロフェッショナル向けソーシャルネットワークになりたいと考えている。(Liu 氏)

もしあなたが台湾のテック業界で働いているのなら、おそらく CakeResume のことをすでに聞いたことがあるかもしれない。この急成長中のプロフェッショナル・ネットワークは、求職者の履歴書作成を支援するだけでなく、Amazon Web Services、Google、MediaTek(聯発)、TSMC(台湾積体電路製造)など多くのテック企業と連携して、技術人材の採用を支援している。

CakeResume の創業者兼 CEO Trantor Liu(劉君羿)氏に前回インタビューした5年前から、明らかに多くのことが起こっている。起業当初は一人で経営していたが、今では30人以上のチームを率いて、世界中の何百万人ものユーザを支援している。もちろん、我々は、彼がどのようにスタートアップを成功に導いたか、そして、彼が将来どんな野心的な計画を持っているかについて、もう一度彼と話をしたいと思った。

LinkedInに挑み、アジア最大の技術者プールを構築

現在、CakeResume のユーザ数全世界で220万人を突破し、アジア太平洋地域にも積極的に進出している。

特に、インドネシアは急成長している市場であり、重点的に取り組んでいる。

UI 言語をたくさん用意し、ランディングページから登録ユーザへのコンバージョン率を見ていくのが我々の戦略だ。インドネシアの場合、コンバージョンレートが40%前後と高かったので、そこにチャンスを見出し、マーケティングや現地のインフルエンサーキャンペーンに投資し、この地域でのオンラインプレゼンスの確立に着手した。今では、インドネシアで「CV maker(履歴書作成ツール)」などのキーワードを入力すると、検索結果のトップ3に表示されるようになった。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

台湾で人材プールを構築した戦略と同様に、海外拡大に関しても、最初のステップは潜在的な候補者の大きなデータベースを開発することだと Liu 氏は説明する。

なぜなら、十分なユーザを獲得すれば、企業が人材採用の手助けを求めに来るからだ。

アジア太平洋地域への進出の最終目標は何か?

マイナビからのシードラウンドが成功した今、我々はより大きなシェアを獲得するためにさらに野心的になっている。アジアの LinkedIn に相当する存在になり、アジア太平洋地域で最大のプロフェッショナル向けソーシャルネットワークになりたいのだ。(Liu 氏)

Liu 氏によると、CakeResume は LinkedIn と多くの類似点があるが、求職者の履歴書を作成する方法が1つの重要な差別化要因になっているそうだ。

我々の競争優位性は、我々のプラットフォームが、デジタル世界における求職者のスキルや経験を最もよくアピールできる履歴書をデザインし、パーソナライズしていることだ。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

新たなパートナーシップと製品機能で成長を加速

CakeResumeは、Google や TSMC など、効果的な技術者採用がビジネスの成功に欠かせないテック大手とのパートナーシップを急速に拡大している。

TSMC の求人情報を見ると、技術関連の求人ばかりだ。適切な技術者を見つけるのは簡単ではない。これは、あらゆる規模の企業が、技術スペシャリストの人材プールにアクセスするために、我々を訪れていることの証しだ。(Liu 氏)

CakeResume が多くの技術者やソフトウェアの専門家を惹きつけるのは、CakeResume が履歴書をデザインする方法が、従来の履歴書の常識を覆すものだからだと、Liu 氏は言う。

我々の履歴書はマルチメディア形式で作られており、求職者は自分の強みをどのようにアピールするか、非常にクリエイティブに考えることができる。そのため、我々のプラットフォームは、最初の段階から技術系の人材を惹きつけた。彼らが自分を最大限にアピールするための方法を CakeResume は知っているからだ。(Liu 氏)

Image credit: CakeResume

CakeResume は、その成長を支えるために、公開プロフィールを設定する機能、雇用者が求職者に直接コンタクトを取るためのチャット機能、履歴書の校正を支援する Grammarly に似た機能など、新機能によってプラットフォームを革新し続けている。

もう一つの特徴は、誰もが記事や写真、その他達成した様々なプロジェクトをアップロードできる「ポートフォリオ」セクションだ。

我々は、技術系に強い人材プールを持っているが、あらゆる業界にわたってプレゼンスを拡大し、築いていきたいと考えている。例えば、小売業や接客業の方であれば、自分が作った料理のアルバムを作成することができる。(Liu 氏)

起業から成功まで

起業家としての歩みについて、Liu 氏は、常に野心的で、何百万人もの人々に影響を与えることができる優れた製品を作りたいと考えてきたと語る。当初は、自分一人でゼロから何かを作り上げようとするのは大変だったが、ビジネス開発からマーケティングまですべてを学ぶことができたので、それも学びのプロセスの一部だったと言う。

今では、チームをマネジメントする際、各部門をどのようにサポートし、必要なリソースを与えればよいかがわかるという。

私はソフトウェアの出身だが、スタートアップの創業者として、技術的なことだけでなく、ビジネス全般を知る必要があると最初から考えていた。(Liu 氏)

彼は、最初の資金を自分の貯蓄から確保する、ブートストラップ・スタートアップとしての謙虚な始まりを今でも覚えている。彼は1日18時間働き、時間とお金を節約するために、少なくとも6ヶ月間は毎日コンビニエンスストアでの買い物で食事を済ませた。

今振り返ってみると、本当に幸運なことに、すべてがうまくいったと思う。例えば、シードラウンドへの出資は、必要なときに必要なだけ行われたし、物事が適切なタイミングで行われるのは、運次第だと思う。だから、今のように成長できたことに、とても感謝している。(Liu 氏)

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


台湾のKeego(智果移動)、フードデリバリ用電動バイクを世界に販売へ

「台湾は自転車産業の世界本部だ」と語るのは、台湾在住歴22年のスウェーデン人連続起業家 Elias Ek 氏だ。台湾にはエンジニアやバイクの部品が豊富にあり、Keego(智果移動)はフードデリバリに使われる電動バイクを作るために設立されたと Ek 氏は言う。そして、ヨーロッパや北米の市場を視野に入れ、プロ仕様の電動バイクを海外に送り出している。 ペインポイントの解決 フードデリバリ用電動バイクを作…

Image credit: Keego(智果移動)

「台湾は自転車産業の世界本部だ」と語るのは、台湾在住歴22年のスウェーデン人連続起業家 Elias Ek 氏だ。台湾にはエンジニアやバイクの部品が豊富にあり、Keego(智果移動)はフードデリバリに使われる電動バイクを作るために設立されたと Ek 氏は言う。そして、ヨーロッパや北米の市場を視野に入れ、プロ仕様の電動バイクを海外に送り出している。

ペインポイントの解決

フードデリバリ用電動バイクを作るスタートアップ Keego は黄金時代に生まれた。フードデリバリ業界は爆発的に伸びている。マッキンゼーによると、今や1,500億ドル以上の価値を持つ世界市場であり、2017年にはその価値が3倍になったという。さらに、在台北米国商工会議所によると、世界の自転車市場は2021年に593億米ドルに達し、今後8年間の年間成長率は8.2%と予測されている。環境に優しく健康的なライフスタイルに切り替えるため、通勤に自転車を選ぶ人が増えている。

アイルランド出身の Keego の創業者 Philip Corri 氏は、こうしたトレンドを観察する中で、フードデリバリ業界向けの電動バイクを製造しているところが無いことを発見した。そこで、そのギャップを埋めるべく、Keego が誕生したのだ。フードデリバリ産業が急成長しているため、このスタートアップはフードデリバリ用電動バイクを製造し、このペインポイントを解決しようとしているのだ、と Ek 氏は言う。

Image credit: Keego(智果移動)

台湾では、フードデリバリのドライバーはほとんどスクーターに乗っているが、これにはコストがかかり、環境にも有害だ。Keego の調査によると、スクーターに乗るドライバーは、平均して利益の20%をガソリン代に費やしているそうだ。

ヨーロッパでは、ドライバーは消費者向け自転車で配達するのが一般的だ。それは、大都市では交通渋滞の問題がよくあるからだ。ロンドンでは、現場から現場への平均速度は時速8kmだ。しかし、消費者向けバイクは配達用には作られていないし、重い荷物を運べないし、長距離・長時間の作業には耐久性に欠ける。

ヨーロッパには400万人以上のフードデリバリドライバーがいる。プロのデリバリーバイクは高い需要がある。(Ek 氏)

Keego は、配送業者が環境に配慮し、利益を上げるための完全なソリューションを提供する。総荷重65kgの Keego の最新電動バイク「KG4」は最高速度25km/hで走ることができ、バッテリ容量は120kmの走行距離をサポートすることができる。

台湾在住歴20年の Ek 氏と Corri 氏

Image credit: Keego(智果移動)

Ek 氏と Corri 氏は2001年から PaceBlade という台湾のスタートアップを経営していた。この会社は、Apple が iPad を発表する10年前にタブレット PC を発表している。それは液晶デスクトップ、ノートパソコン、タブレット PC が一体となったデバイスで、NASA や国際宇宙ステーションで採用された。PaceBlade はその後1年半ほど経営を続けた後、オランダの会社に売却した。二人は台湾で別々の道を歩み始めた。

Ek 氏は、テレマーケティングと電話応対のサービスを提供する Enspyre を立ち上げた。Enspyre は、大企業にはテレマーケティングサービスを、中小企業には電話応対サービスを提供しており、Ek 氏はここで B2B ビジネスモデルに関する豊富な経験を積んだ。一方、Corri 氏は台湾でいくつかのスタートアップを立ち上げ、ソフトウェアとハードウェアのインテグレーションや開発に取り組んできた。

2020年、Corri 氏は何か新しいことを始めたいと考えていた。そして、Ek 氏をチームに招いたのだ。

15年の経験を持つ Philip は、ソフトウェアとハードウェアの両方をうまく統合して開発することができる。我々は市場に合った製品を作るという考え方を持っており、フードデリバリ用のスマート電動バイクを製造するのは、Keego の強みだ。(Elias 氏)

Keego の宅配用電動バイク「KG4」には IoT モジュールが内蔵されており、ドライバーと管理者の間で常時通信が可能だ。ヨーロッパでは、フードデリバリのドライバーを正社員として雇用しているため、自家用車ではなく企業から指定された車両を使用している。ドライバーアプリとフリートマネージャーポータルは常時接続されている。ドライバーアプリでは、現在の速度、バッテリー残量、GPS による位置情報などのデータも把握できる。

世界市場への挑戦

Image credit: Keego(智果移動)

我々は、お客様が何を求めているか、市場が何を求めているかを大切にしている。(Ek 氏)

Keegoは、市場調査だけでなく、街頭でのテストも数多く行ってきた。その結果、台湾のドライバーは、スクーターよりも安く、環境に優しく、駐車場も見つけやすい電動バイクを、自分用に購入することに興味を持っていることがわかった。

そこで、Keego は地域ごとに製品をカスタマイズした。台湾市場では、フードデリバリ用の丈夫な電動バイクを販売している。欧米市場向けには、IoT を搭載した電動バイクフリートが販売される。ヨーロッパでは、法律の規制により、契約ドライバーが正社員に変わりつつある。配送業者はドライバーのために車両を用意し、配送品質と連携を保証する必要がある。

Keego は、フードデリバリ用電動バイクのグローバル市場を積極的に拡大している。ドイツのベルリンに営業所を開設し、デリバリ業界のユニコーン5社に話を聞いている。また、年内にはアジアと北米でセールス・マネージャーを採用する予定だ。

2ヶ月前にスウェーデンでお客さんと話したとき、フードデリバリ業界向け電動バイクを製造していることに感謝されたんだ。我々が本当に必要とされているものを作っている証拠だ。(Ek 氏)

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


精神状態を改善してくれる微生物製品を開発、台湾Bened Biomedical(益福生医)が日本市場参入へ

メンタルプロバイオティクス技術と製品の開発に注力する Bened Biomedical(益福生医)は22日、Trans-Pacific Technology Fund(TPTF、華美科技創業投資基金)と JAFCO Asia がリードしたシリーズ A ラウンドで、総額1,000万米ドル超を調達したと発表した。 Bened Biomedical はこれらベンチャーキャピタルの支援により、国際市場での…

Image credit: Bened Biomedical(益福生医)

メンタルプロバイオティクス技術と製品の開発に注力する Bened Biomedical(益福生医)は22日、Trans-Pacific Technology Fund(TPTF、華美科技創業投資基金)と JAFCO Asia がリードしたシリーズ A ラウンドで、総額1,000万米ドル超を調達したと発表した。

Bened Biomedical はこれらベンチャーキャピタルの支援により、国際市場での急速な拡大、アメリカでの自社ブランド製品の発売、そしって FDA(アメリカ食品医薬品局)への生医療製品の申請に必要な事前臨床試験の完了を見込んでいる。

メンタルプロバイオティクスとは?

TPTF のマネージングパートナー林和源氏(上写真の左から2番目)によると、彼が初めてメンタルプロバイオティクスを知ったのは、TPTF のポートフォリオ企業で北米の微生物叢解析大手 Finch Therapeutics を通じてだったそうだ。このチームの研究・特許は、主に気分を改善する微生物を指す「メンタルプロバイオティクス」というプロバイオティクスの分野でユニークなものである。

TPTF は、北米で自閉症、ADHD(注意欠如・多動症)、パーキンソン病などのグループを対象とした疾患用特殊栄養食品「Medical Food」の開発を支援するほか、将来的には精神科用プロバイオティクスの微生物製剤の開発を支援することを期待している。

JAFCO Asia のグループマネージングディレクター林宇璋(上写真の右から2番目)は、Bened Biomedical 創業者の Ying-Chieh Tsai(蔡英傑)教授(上写真の中央)の研究開発力と、CEO Frankie Cheng(鄭勝徳)氏(上写真の左から1番目)の多国籍経営の経験により、次のヘルスケアユニコーンを再現できる可能性は十分にあると述べている。

JAFCO Asia は次のように述べている。

グループのリソースと蔡教授の日本のプロバイオティクス業界でのこれでまでの評判を組み合わせ、Bened Biomedical が日本に進出し、日本の健康食品業界における台湾のトップブランドとなることを期待している。

アメリカ疾病保健市場への参入

2015年の設立以来、Bened Biomedical は年平均88%近い売上高成長率を達成し、プロバイオティクス製品を世界40カ国以上に展開している。

Bened Biomedical CEO の Cheng 氏は、同社が市場で急速に成長しているのは、製品開発の独自性とビジネスモデルの成功の証であるが、スタートアップが国際市場で競争力を維持するには、依然として十分な資本と優れた外部リソースが必要であると述べた。 そのために、今回のシリーズ A ラウンドでは投資家を招き、潤沢な資金を提供するだけでなく、国際市場に向けて新しいアイデア、新しいパートナー、新しいマーケティング戦略を会社にもたらすことを求めたという。

Bened Biomedical は、TPTF の支援を受け、本年第3四半期にアメリカ FDA に準拠した医療用食品を発売し、自社 D2Cブランドを展開する予定だ。また、FDA の承認と業界のベンチャーキャピタル2社のリソースを活用することで、このモデルを日本を含む他国でも再現し、5年以内に売上高を15倍にすることを目標としている。

現在、Bened Biomedical のグループ傘下には、台湾内外に恵生研生物科技(台湾)、益福生物新薬(台湾)、Bened Life(アメリカ)、聯亜益生生物科技(上海)の4社があり、自社ブランドのプロバイオティクスの研究開発、新薬開発、グローバル ODM、販売などを中心に事業を行っている。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


シンガポール/台湾のIoTスタートアップUnaBiz(優納比)、Sigfoxを買収

フランス・トゥールーズの商事裁判所は、フランスの IoT 企業である Sigfox の経営を引き継ぐ企業として、9社の入札者の中から UnaBiz(優納比)が落札したと発表した。 2010 年に設立された Sigfox は、LPWAN(Low Power Wide Area Network)サービスを中心とした IoT(Internet of Things)企業であり、世界75カ国で事業を展開し、…

Image credit: UnaBiz(優納比)

フランス・トゥールーズの商事裁判所は、フランスの IoT 企業である Sigfox の経営を引き継ぐ企業として、9社の入札者の中から UnaBiz(優納比)が落札したと発表した。

2010 年に設立された Sigfox は、LPWAN(Low Power Wide Area Network)サービスを中心とした IoT(Internet of Things)企業であり、世界75カ国で事業を展開し、2000万台以上の IoT 機器に導入されている。Intel、Samsung、NTT、SK Telecom など多くのテクノロジー・通信企業から投資を受け、公開資金調達額は3億米ドルを超え、ユニコーン(評価額10億米ドル以上)となっている。

しかし、新型コロナウイルスやチップ不足の影響により、Sigfox は今年1月にフランスで破産法の適用を申請した。 Sigfox がフランスの裁判所に提出した資料によると、同社は9,100万ユーロ(約125億円)近い純損失と1億1,800万ユーロ(約162億円)の金融負債を抱えていたが、売上高はわずか2,400万ユーロ(約33億円)にとどまっていた。

<関連記事>

短期間での好転が期待されない中、中欧や中東の Sigfox 事業者、フランスのエンジニアリング企業や技術集団など9社が買収に関心を示し、アジアにおける Sigfox のサプライヤーとして UnaBiz が選ばれた。

裁判所の決定を受け、 UnaBiz は100名を超える Sigfox チームの従業員、グローバル資産、業務、財務情報を含む事業を Sigfox から譲受する。UnaBiz は、Sigfox の事業継続と顧客サービスの維持を支援し、Sigfox の既存の事業活動が適切に機能し、ネットワーク通信サービスの安定性が確保されるよう尽力する。

Image credit: UnaBiz(優納比)

Unabix の CEO兼共同創業者 Henri Bong(黄安利)氏は次のように語った。

Sigfox の所有権変更は、大規模 IoT 業界の新しい時代を意味する。UnaBiz は Sigfox の強みを生かし、LPWAN で再びポジションを獲得するとともに、LoRa、LTE-M、NB-IoT など他の通信技術とも協力して、大規模 IoT の発展を推進する。

2016年に設立された UnaBiz は、台湾とシンガポールにおける Sigfox の事業を運営。シンガポールに本社を置き、フランス、台湾、日本、ドイツなど世界各地からチームメンバーが集まっている。 創業以来、日本瓦斯(ニチガス)向けに100万台以上のスマートガスメーターを構築、台北市水道局のスマート水道メーター構築を支援、桃園にスマートガスメーターを配備した。2021年、UnaBiz はシリーズ B ラウンドで2,500万米ドルを調達、Forbes 誌の「注目の新興企業トップ100」に選定された。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


台湾の美容テック・ユニコーンPerfect Corp.(玩美移動)、SPAC経由でNASDAQ上場へ

美容とファッション業界に AR と AI ソリューションを提供するソフトウェア会社 Perfect Corp.(玩美移動)は、特別目的買収会社(SPAC)の Provident Acquisition Corp. との合併を発表する。Perfect Corp. は企業価値を10億2,000万米ドルに設定する。この合併により、Perfect Corp. は最大で3億3,500万米ドルを調達する見込み…

Perfect Corp(玩美移動)の創業者兼 CEO Alice Chang(張華禎)氏
Image credit: Perfect Corp

美容とファッション業界に AR と AI ソリューションを提供するソフトウェア会社 Perfect Corp.(玩美移動)は、特別目的買収会社(SPAC)の Provident Acquisition Corp. との合併を発表する。Perfect Corp. は企業価値を10億2,000万米ドルに設定する。この合併により、Perfect Corp. は最大で3億3,500万米ドルを調達する見込みだ。

Perfect Corp. の創業者兼 CEO Alice Chang(張華禎)氏は次のように述べている。

Perfect Corp. は、美容とファッションの業界を変革している。我々は、最先端の AR と AI の SaaS ソリューションによって、消費者とブランドのショッピング体験を民主化する。同時に、大小さまざまなブランドが革新的な技術を通じて、楽しく、便利で、パーソナライズされたオムニチャネルショッピング体験を顧客に提供できるようにする。

Provident との合併により、公的資本市場へのアクセスを獲得するだけでなく、より多くの世界的な投資家を集め、コーポレートガバナンスを強化し、市場範囲を広げ、AI・AR 技術の開発を進め、隣接するファッション分野や、当社技術を使ったメタバースアプリケーションなど、ホワイトスペースを開拓することを期待している。

また、Provident の CEO Michael Aw 氏は、次のように言及した。

Perfect Corp. が持つ世界有数の美容ブランドとの提携による実績、高い収益成長と利益率の拡大、魅力的な評価は、我々の事業統合(条件)に完全に適合する。

AI と AR 技術を強みに、Snapchat や Alibaba(阿里巴巴)と提携

資生堂のメイクシミュレーションサイト「VIRTUAL MAKEUP(バーチャルメイク)」では、Perfect Corp. の AR 技術が採用されている。
Image credit: Shiseido / Perfect Corp.

2015年に設立された Perfect Corp. は、化粧品、スキンケア、ヘアカラー、ファッションアクセサリーを含む幅広い美容・ファッション分野において、3D顔・手のモデリング、AI 肌診断・シミュレーション、AR 搭載ビデオコンサルテーション、ライブ製品試着、パーソナライズされた顔属性推奨などの SaaS ソリューションを提供している。

44件の特許を取得し、その他の特許も申請中である Perfect Corp. のエンタープライズソリューションは、世界のトップ20の美容グループの95%、80カ国以上の400以上の美容ブランドで利用されている。また、Perfect Corp. の消費者向けアプリは、全世界で9億5,000万ダウンロードを達成し、年間100億回以上のバーチャル製品試着を可能にしている。

Perfect Corp. はまた、Snap Inc.の Snapchat や Alibaba(阿里巴巴)傘下の Taobao(淘宝)や Tmall Beauty(天猫美粧)など、世界有数のインターネットプラットフォームと提携し、同社の AR・AI 技術を活用したソリューションを提供している。こうした戦略的提携関係を通じて、Perfect Corp. は美容ブランドにワンストップの美容 AR ソリューションへのアクセスを提供し、世界のトラフィックの多いインターネットプラットフォームで消費者を引き付け、エンゲージし、それを保ち続けることを実現した。

11カ国に広がるオフィス

Perfect Corp. は、CyberLink(訊連科技)、Snapchat、Goldman Sachs、Alibaba Group(阿里巴巴集団)、香港のプライベートエクイティ運用会社である Yuanta Asia Investment(元大亜洲投資)、TMT(テクノロジー・テレコム・メディア)分野のアーリーステージおよびグロースステージ投資にフォーカスした投資会社 CCV(創世伙伴資本)などの有名戦略投資家から支援を受けている。

2015年に CyberLink からスピンオフした Perfect Corp. は、現在、世界11カ国、12都市に280人以上の従業員を擁し、400以上のグローバルブランドを顧客に抱えている。

Perfect Corp. は、台湾をオペレーションセンターとして設定している。Alice Chang 氏は、Perfect は台湾で人材を雇用し続け、世界中にサービスを提供すると強調した。

合併会社は、Perfect Corp. のグローバル展開の加速、Perfect Corp. の業界カバレッジを美容・ファッションから関連分野にまで拡大し、製品試着・顔診断・デジタル相談ソリューションなど、Perfect Corp. の革新的な AR・AI SaaS ソリューションの増強に注力する予定だ。合併完了後の会社は Perfect Corp. と命名され、ティッカーシンボル「PERF」で NASDAQ に上場する予定だ。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Headline Asia、台湾のタクシー配車アプリ「台湾大車隊55688」に500万米ドルを出資——スーパーアプリ化を加速

台湾の上場企業である Taiwan Taxi(台湾大車隊)は、ベンチャーキャピタルの Headline Asia が、台湾最大の配車プラットフォーム「55688」の運営者として知られる Taiwan Taxi の子会社 Taiwan Intelligent Life(台湾智慧生活網)に500万米ドルを投資したと発表した。Headline Asia は、55688アプリのユーザ650万人に対して、顧…

左から:Headline Asia のパートナー Joseph Huang(黄立安)氏、Taiwan Taxi(台湾大車隊)CEO の Tracy Lin(林念臻)氏
Image credit: Taiwan Taxi

台湾の上場企業である Taiwan Taxi(台湾大車隊)は、ベンチャーキャピタルの Headline Asia が、台湾最大の配車プラットフォーム「55688」の運営者として知られる Taiwan Taxi の子会社 Taiwan Intelligent Life(台湾智慧生活網)に500万米ドルを投資したと発表した。Headline Asia は、55688アプリのユーザ650万人に対して、顧客サービスを拡大するための支援を行う予定だ。

Taiwan Intelligent Life は、2011年に設立された台湾最大で最も人気のある配車サービスプラットフォーム 55688 の運営会社だ。今回の投資は、55688 がユーザに比類のないワンストップ・ソリューションの生活サービスを提供するスーパーアプリへの拡大を加速させることを目的としている。

現在、55688のユーザ数は650万人を超え、配車サービス、ドライクリーニング、家事代行、引越しなど様々なサービスを提供している。

Headline Asia のパートナー Joseph Huang(黄立安)氏は次のように述べている。

55688のアプリの粘着性を見たとき、このアプリが人々の日常生活に密着したスーパーアプリになる大きな可能性があると思った。人々は55688が配車サービスのプラットフォームとしか思っていないが、実はこのアプリはいくつかのライフスタイルサービス分野のバーティカルでナンバーワンになっている。

55688 のユーザは現在650万人を超える。配車サービス、ドライクリーニング、ハウスキーピング、引越など幅広いサービスを提供。
Image credit: 蔡仁譯

Taiwan Taxi CEO の Tracy Lin(林念臻)氏は次のように述べている。

この提携関係は、55688を台湾や世界におけるライフスタイルに特化したスーパーアプリにするという共通のビジョンに基づくものだ。既存の配車サービスの高いトラフィック量を活用し、ビッグデータと AI に傾倒することで、他の関連サービスも後押しすることができる。

一方、利益率の高いサービスは、利益率の低いサービスを補うことにもなる。ビジネスパートナーとともに、トラフィックを増加させ、ユーザに新たな価値をもたらすことができるスーパーアプリを開発する。

Joseph Huang 氏は、Taiwan Taxi がデジタル技術とイノベーションをいち早く採用したことが、台湾の交通業界における持続的なリーダーシップのカギであると強調した。

戦略的パートナーとして、Headline Asia のコミットメントは資金提供にとどまらない。この提携関係の成功により、より多くの台湾の伝統的な企業がデジタル技術を取り入れ、独自の変革を遂げ、台湾の企業がクラス最高のスタートアップやアプリを生み出す能力があると世界に示せることを期待している。

スタートアップ発掘ツールを駆使する Headline Asia

Headline Asiaは、インターネットテクノロジー分野において、e コマース、ロジスティクス、FinTech を中心に、シードからシリーズ A ステージまでグローバルに投資を行っている。

Headline Asia では、AI システムの Athena を使ってスタートアップの財務データを分析している。
Image credit: Headline Asia

彼らは、AI システムの EVA と Athena を活用して、スタートアップの発掘を行っている。EVA は、スタートアップの財務統計や技術分野など、インターネット上のさまざまなデータを解析する。さらに、各スタートアップのネットプロモータースコア(NPS)を算出することもできる。EVA は毎回、世界中の100万社のスタートアップをスクリーニングし、Headline Asia のチームは1万社のスタートアップを深く掘り下げて分析することができる。

そして、その中からさらに掘り下げたいスタートアップにターゲットを絞った後、各スタートアップの財務データを分析できる Athena を使用することになる。この2つの AI システムにより、Headline は世界中のスタートアップを調達し、完全にデータドリブンな投資判断を下すことができる。

Headline Asia は、AI システムとあらゆるネットワーク、リソースを組み合わせ、インターネットテクノロジー分野のスタートアップや、デジタル変革ソリューションを必要とする大企業を探し続けていく。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】@meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


台湾AppWorks(之初創投)、アクセラレータとWeb3の新部門を設立——4号ファンドを3.6億米ドル規模で組成へ

Greater SEA(大東南アジア圏=ASEAN+台湾)の大手 VC 兼アクセラレータ AppWorks(之初創投)は、一連の制度的・組織的進展と4号ファンドの資金調達計画を発表した。同社は、AppWorks Accelerator(之初創投加速器)と Web3 への投資をビジネス部門として制度強化、AppWorks Beacon Funds 戦略を正式化、戦略と日々の運営を監督する主要なチーム…

AppWorks(之初創投) の会長兼パートナー Jamie Lin(林之晨)氏と起業家の皆さん。
Image credit: AppWorks

Greater SEA(大東南アジア圏=ASEAN+台湾)の大手 VC 兼アクセラレータ AppWorks(之初創投)は、一連の制度的・組織的進展と4号ファンドの資金調達計画を発表した。同社は、AppWorks Accelerator(之初創投加速器)と Web3 への投資をビジネス部門として制度強化、AppWorks Beacon Funds 戦略を正式化、戦略と日々の運営を監督する主要なチームメンバーを昇格させた。

今回の組織改編は、91APP や FLOW といった最近の主要投資案件の成功に伴うもので、主要投資分野における同社の勢いを加速させることを目的としたものだ。2014年に組成された2号ファンドは、年率29.3%の内部収益率(IRR)を達成した。2018年組成の3号ファンドは、現在、年率92.9%の IRR を記録しており、分配金も大きく出始めている。

輝かしい投資リターンを背景に、AppWorks は今年第2四半期に4号ファンドの資金調達プロセスを開始し、目標規模を3億6,000万米ドルとする予定だ。

AppWorks の会長兼パートナー Jamie Lin(林之晨)氏は、次のように述べている。

AppWorks の投資先企業の創業者と当社チームの努力により、AppWorks のエコシステムは設立以来目覚ましい成長を遂げてきた。今回の構造改善と組成する4号ファンドにより、AppWorks は台湾と東南アジアの発展にさらに大きな影響を与え、より多くの起業家を支援し、デジタル経済における新興・革新分野の加速を実現できる体制が整う。

組織強化の一環として、AppWorks はアクセラレータや Web3 の専門部門など、同社の中核ミッションをカプセル化した新部門を設立した。これらのプログラムを推進するため、AppWorks は Alyssa Chen(陳敬旻)氏をアクセラレータ部門の責任者としてアソシエイトからプリンシパルに、Ching Tseng(曾意晴)氏を新設した Web3 部門の責任者としてアソシエイトからプリンシパルに、そして若林純氏を AppWorks Beacon Funds 部門の責任者としてアナリストからアソシエイトにするなど、多くの人事昇格を実施した。これらは才能育成、社内における優秀な人材を認め報いるという AppWorks のコミットメントを反映している。

AppWorks は Web3 時代の優位性をどう保つのか?

AppWorks のエコシステムの基盤として、AppWorks Accelerator は年2回開催され、同社のコアミッションである AI、ブロックチェーン、東南アジアに焦点を当てた起業家を迎え、起業家の礎を築き、事業成長を加速させ、資金調達機会へのアクセスを得るためのプログラムによる密接な指導を受けることができるようになっている。2010年の設立以来、AppWorks Accelerator は1,402人の起業家卒業生のコミュニティを構築しており、彼らは東南アジア全体で435のアクティブなスタートアップを運営、合計売上高は139億米ドル、累積資金調達額は47億米ドル、20,169人の雇用が創出している。

また、世界最大級の情報通信製品サプライヤー Wistron(緯創)と AppWorks が共同で運営する年2回の Wistron Accelerator(緯創加速器)では、AI、IoT、クラウド、情報セキュリティ、教育、医療などのバーティカルで優れた起業家を採択している。

Wistron Acceleartor(緯創加速器)は、スタートアップが加速するために多くのリソースを提供している。
Image credit: AppWorks

スタートアップとの距離を縮め、伝統産業との提携を支援するため、独自のバーティカル(分野特化)アクセラレータの設立を目指す企業が増える中、AppWorks はそのギャップを埋め、次世代起業家を育成する同社の既存の取り組みを増幅させるため、アクセラレータ部門の制度化を強化すると決定した。

AppWorks の Web3 投資戦略では、デジタル経済を変革するテクノロジーの新しいパラダイムとして、Web3 部門の設立により、Web3 の大量導入と新しいビジネスモデルのイノベーションを促進するため、起業家へのターゲットリソースの提供に焦点を当てる。

また、同社の起業家コミュニティの Web1 および Web2 領域の起業家が Web3 モデルにピボットすることを支援し、従来のスタートアップをブロックチェーン領域へと橋渡しする。2018年にブロックチェーンに参入して以来、AppWorks は Dapper Labs、Figment、Animoca Brands、Blocto、XREX(鏈科)など、Web3 領域で合計75社のアクティブな新規スタートアップと141名の起業家に支援してきた。

台湾と東南アジアおよび世界のブロックチェーン業界をつなぐ包括的なベンチャーエコシステムを構築するという AppWorks のコミットメントの一環として、同社は AppWorks Beacon Funds 戦略を立ち上げ、現在までに AppWorks GP 自身のバランスシートから20を超えるベンチャーキャピタルファンドを支援している。

AppWorks Beacon Funds には、Pantera Capital、Animoca Ventures、AC Ventures、Asia Partners、Golden Gate Ventures などが名を連ねている。AppWorks Beacon Funds の戦略は、ノウハウの共有に加え、協力を通じて共同投資の機会を生み出し、グローバルなデューデリジェンスとランディング支援を提供し、エコシステム全体でポートフォリオ企業の相乗効果を構築している。現在、AppWorks の全投資案件の約3分の1が AppWorks Beacon Funds から資金調達している。同社は、AppWorks の投資条件に沿って、毎年10以上のファンドに投資することを計画している。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】@meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録