THE BRIDGE

タグ Optimizely

A/BテストプラットフォームのOptimizelyが従業員の10%をレイオフ

SHARE:

<ピックアップ> Optimizely lays off 40 employees — around 10% of its workforce Y Combinator出身のA/Bテストプラットフォームで知られるOptimizelyが従業員の10%に当たる40人をレイオフしたことが発表されました。 今までAndreessen HorowitzやBenchmark Capitalなどから…

Optimizely

<ピックアップ> Optimizely lays off 40 employees — around 10% of its workforce

Y Combinator出身のA/Bテストプラットフォームで知られるOptimizelyが従業員の10%に当たる40人をレイオフしたことが発表されました。

今までAndreessen HorowitzやBenchmark Capitalなどから累計1.46億ドルを調達しているOptimizelyですが、今回のレイオフは今後の資金調達に頼るのではなく、収益性を高める取り組みの一環とのこと。2016に入ってからMixpanelやZenefits、直近ではSonosのレイオフが発表されており、シリコンバレー各社の冬支度が始まっているようです。

via VentureBeat

----------[AD]----------

Optimizely が新たに5800万米ドルを調達、急成長するコンテンツテストプラットフォームを拡張

SHARE:

オンラインテストプラットフォーム企業のOptimizelyは本日、新たに5800万米ドルの資金を調達し、ウェブおよびモバイルのコンテンツ最適化スペースにおける急成長の支援に充てると発表した(編集部注:原文掲載10月13日)。 サンフランシスコに拠点を置く同社は、今やマーケターやアプリデベロッパー、パブリッシャーにとっておそらくは最も有名なA/Bテストプラットフォームだ。顧客は同プラットフォームを使…

上;Optimizely CEO Dan Siroker
上:Optimizely CEO Dan Siroker

オンラインテストプラットフォーム企業のOptimizelyは本日、新たに5800万米ドルの資金を調達し、ウェブおよびモバイルのコンテンツ最適化スペースにおける急成長の支援に充てると発表した(編集部注:原文掲載10月13日)。

サンフランシスコに拠点を置く同社は、今やマーケターやアプリデベロッパー、パブリッシャーにとっておそらくは最も有名なA/Bテストプラットフォームだ。顧客は同プラットフォームを使用することにより、ユーザに対して様々なコンテンツのバージョン比較を実施。すぐさま同プラットフォームは分析データを返し、さまざまなユーザ層に対しどのコンテンツが最適であったかを示してくれる。

OptimizelyのCEOであるDan Siroker氏は、同社が顧客の成長に遅れをとることなく製品の提供を拡大する手助けとするため、この新たな資金調達が現在必要だと述べている。「人員を増やす予定です」とSiroker氏はいう。

Optimizelyによると、 同社の収益は小売、旅行、メディア、科学技術といった業界の需要が高まったことにより、前回の5月の資金調達から100%以上増加した。また、それに応じて同社の社員数も増加し、2014年5月時点では社員数は192人であったが、現在では402人となっている。

この新たなシリーズCラウンドには、Index Venturesを筆頭に、Andreessen Horowitz、Bain Capital Ventures、Battery Ventures、Benchmark Capital、Citi Ventures、Correlation Ventures、Danhua Capital、Pharus Capital Management、Salesforce Ventures、Tenaya Capitalといった企業が参画した。

このリストからすると、今期の資金調達には多くの投資家が参画を望んでいたと思われ、そのことが最終的な額に影響を及ぼした可能性がある。今期の資金調達により、同社に合計1億4600万米ドルにのぼる資金がもたらされた。Index Venturesの共同経営者のIlya Fushman氏は、Optimizelyの役員となった。

builtwith-800x446

Optimizelyは、この成長性が高い分野で実際に事業展開を行っている。Adobeが、259名のマーケティング責任者に対して行った最近の調査によると、A/Bテストの使用率は56%だった昨年から66%になっている。

Optimizelyは急成長を続ける市場でかなりのシェアを占めている。最も重要な顧客として、CNN(一番反応のあったヘッドラインを調べるためOptimizelyを使用)、Crate and Barrel、Intuit、Microsoft Store、PricelineやVirgin Americaなどが名を連ねている。

「同社は、料金プランの中に特定の機能のみが使用できる、ユニークビジター数が月間5万件程度の中小企業向けの無料プランも用意してます」とVB InsightsのアナリストであるStewart Rogers氏は語った。

「しかし、コンバージョン率を最適化するどんなツールもまだ、あらゆるCRO(コンバージョン率最適化)機能を一体化させることには成功していません。現在の市場占有率を考えれば、Optimizelyは有利な立場にあり、もっと機能を組み込むことで最初に成功するかもしれない」とRogers氏は語った。(CRO に関するVB Insightのレポート閲覧はこちらから。)

Optimizelyは製品展開の必要性には気付いているようだ。先日同社は、特定の顧客にカスタマイズしたコンテンツを提供できるよう、製品の提供側とサードパーティー側の顧客情報を利用するパーソナライゼーションプラットフォームを新たに追加した。

Above: The results screen from the Optimizely dashboard.
上:Above: Optimizely ダッシュボード上の結果を示す画面

さらにまだある。「当社はテストとパーソナライゼーションのためのプラットフォームを構築し、来年は新たに複数の製品を発表する予定です」とSiroker氏はいう。

Optimizelyは、Forrester Waveの9月のランキングにおいてコンテンツテスト部門の上位のベンダーとされた。

ForresterのアナリストであるJames McCormick氏はOptimizelyについて、「オンラインテスティングの分野において、ディスラプティブな力となっている」と認めるとともに、同社のプラットフォームが企業の力を洗練された形で拡張している点と、同社のテスティングプラットフォームの有用性と使いやすさについて、平均を超えるフィードバックを顧客から得ている点、また最強の代理店及びサービスパートナーのプログラムを提供している点を評価している。

最後の項は、Optimizelyが顧客の多くが既に使用しているマーケティング自動化プラットフォームを統合していることに言及している。同社は事業のセットアップに直接関与しOptimizelyを能率的に使用しているコンサルタントと既にパートナー関係を築いていると、Siroker氏は説明した。

Siroker氏は2008年のオバマ大統領の選挙運動の解析部長を務めた後、Optimizelyを立ち上げた。「(当時)対処すべき問題点を発見し、ユーザーのニーズに合ったコンテンツをより簡単に提供するチャンスを見出しました」と、同氏は月曜日の電話取材に対して語った。

それから7年後もなお、ウェブおよびモバイルユーザは自分のニーズに合わないコンテンツを目にしているだろうとSiroker氏は考える。

「今日、私たちの日常は最適化されているとはとても言えない」と彼は言う。「私たちは、すべてを最適化するという他に類のない好機を得ました。そしてこの投資によって当社はゴールへとまた一歩近づくことになるでしょう」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------