タグ Ormerod

RepRapベースでオープンソースの3Dプリンター「Ormerod 2」

SHARE:

BRIDGE Members BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。 BRIDGE Canvasの購読 メンバー向けDiscordご招待 BRIDGE Tokyoなどイベントご招待 無料メンバー登録 オープンソースハードウェアで作られた…

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

ORM2-complete

オープンソースハードウェアで作られた3Dプリンター「RepRap」をベースにして開発された「Ormerod」。その最新モデルである「Ormerod 2」が発売された。

「RepRap」はRepRap.orgプロジェクトで開発された3Dプリンター。RepRapに使われているプラスチック製の部品を、RepRap自身で作成することが出来ることが特徴だ。

Arduino互換のコントローラボードを利用することにより、Webブラウザを介してプリンターを制御することが可能。熱溶解樹脂積層方式(FFF:Fused Filament Fabrication)を採用している。最大造形サイズ200 x 200 x 200mm、利用可能なフィラメントはABS、PLA。本体サイズ500 x 460 x 410mm、重さ6kg。

ORM2-complete-10

前モデルの「Ormerod」との違いは、Y軸の調整が改善され、ビルドベッドの調整が簡単になっている。また、清掃のために押し出し機へのアクセスが容易になり、価格も安くなっているとのこと。

現在のところ単色でのプリントのみとなっているが、複数のヘッドで動作するように設計されているため、アップグレードで複数の素材や色でプリントが可能になる予定のようだ。

「Ormerod 2」は組み立て式のキットで販売されており、価格は449ユーロ(+付加価値税)となっている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録