BRIDGE

タグ PressSync

モバイル上でWordPressの使用を可能にする「PressSync」

SHARE:

先日、私はお気に入りのモバイルアプリについて書いた。 その中の1つのであるPosterは美しいデザインのiOSアプリで、モバイルでもWordPressがうまく機能している。しかし、類似しているアプリの中で最近、私のお気に入りリストの中に入ることが出来た日本発のアプリがある。PressSync Proという名前のアプリで、Posterの様に可愛くはないが、機能においてはより強力かもしれない。 Pre…

press-sync-pro先日、私はお気に入りのモバイルアプリについて書いた。

その中の1つのであるPosterは美しいデザインのiOSアプリで、モバイルでもWordPressがうまく機能している。しかし、類似しているアプリの中で最近、私のお気に入りリストの中に入ることが出来た日本発のアプリがある。PressSync Proという名前のアプリで、Posterの様に可愛くはないが、機能においてはより強力かもしれない。

PressSyncはWordPress上で一般的に使う全ての機能、メニューアイテム、投稿検索、下書き、ローカル記事、メディア/画像、等を備えている[1]。

URLのスラッグも編集できるし、投稿のフィーチャー画像やカスタムフィールドも設定できる。PressSync上では最近の記事にしかアクセスできず、全ての過去記事にはアクセスすることはできないが、アクセスできるアーカイブの数のは増減可能だ。

デフォルトのエディタのフォントサイズが少し小さいので、大きくするように設定することをお勧めする。

スニペットへの一般的なHTMLタグのサポートがあり、さらにマークダウンにも対応している。これは便利だが、ボタンを多く押さなければならないので、私ならまず別のアプリで最初にライティング作業をし、そしてPressSyncを使って実際に記事を公開するだろう。アフィリエイトリンクをつくりたいブロガーのためのAppLinkメーカーも兼ね備えている。

全体的に素晴らしいアプリだと思うし、モバイル上でWordPressを動かしたい人にとって450円は妥当だろう。興味のある人はApp Storeから手に入れることができる

PressSync


1. 1つ不満をあげるとするならば、タグのインプットだろう。このツール上では使っている全てのタグを一度に読み込み、リスティングしてしまうので、もしタグを多くもっている場合、読み込みに時間がかかってしまう。タグに関しては、単純に直接入力でコンマで分けれるようにすれば良いと思う。

【原文】