タグ Sokowatch

トゥクトゥクがラストワンマイルのキー、ケニアで拡大する小売向けEC「Sokowatch」

ピックアップ:The BackEnd: How Sokowatch uses tricycles as warehouses for its African Amazon ニュースサマリー:シリーズAラウンドにて1,400万ドルを調達したケニアのSokowatchは、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダの4カ国9都市の1万6,000を超えるインフォーマルセクターの小売業者に米や石鹸などの生活必需…

Image Credit :Sokowatch

ピックアップ:The BackEnd: How Sokowatch uses tricycles as warehouses for its African Amazon

ニュースサマリー:シリーズAラウンドにて1,400万ドルを調達したケニアのSokowatchは、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダの4カ国9都市の1万6,000を超えるインフォーマルセクターの小売業者に米や石鹸などの生活必需品を届けている。

詳細な情報:ケニアのナイロビを拠点とするSokowatchは、低コストなトゥクトゥクを用いた配送を特徴とするB2B ECスタートアップ。運転資金不足に困る小売業者には支払いの後払いに対応するなど、インフォーマルセクターの小規模小売業者を対象とし、4カ国9都市で展開している。

  • Sokowatchがターゲットにしている1日あたり25ドルから100ドルの収益を上げる小売業者。多くは資金面や店舗面積の問題で卸売業者から商品を一度に大量に仕入れ届けてもらうことができない問題を抱えている。そのため、自ら卸売業者の倉庫や市場に出向いて商品を仕入れる必要があるため、交通費がかかったり一度店舗を閉めたりと、売り上げや収益を上げるのを阻害する要因となっている。
  • Sokowatchのグローバルイノベーション責任者であるKagichiri氏によると、同社のビジネスモデルのコアはトゥクトゥクで、オートバイとは異なりトゥクトゥクには商品を置ける十分なスペースがあり、バンやピックアップトラックに比べて調達や保守費用が安価。
  • Sokowatchはトゥクトゥクを倉庫とロジスティクスの融合と捉え、モバイルデポとして活用することで注文したその日の配送に対応する。同社は大量買付した商品を小売業者に小分けにして売り、その差額で収益を得ているため、トゥクトゥクによる各店舗への配送は無料で実施する。これにより小売業者はこれまで市場に行くためにかかっていた時間とコストをゼロにすることが可能となった。
  • モバイルデポであるトゥクトゥクに商品のストックがなくなってしまった場合には、メイン倉庫からライダーが派遣され対象のトゥクトゥクの元へと商品の補充に向かう。Sokowatchでは、リアルタイムでの注文情報と商品のトラッキング情報や過去のデータも活用する。これまでの取引データとリアルタイムな注文情報を活用し、それぞれの小売業者向けにパーソナライズされたプロモーションとビジネスインサイトの提供を行う。
  • 過去の取引データをもとに小売業者のニーズを予測できる「スマートコールリスト」を開発。在庫のなくなりそうな顧客に事前に連絡して在庫状況の確認や配送日の予定を立てることで、トゥクトゥクはより効率的に配送が行なえる。
  • 資金繰りに悩む小売業者向けには、これまでの取引データをもとにした審査によるファイナンスサービスも行う。現金で取引を行なう場合には支払いを後払いとし、配送当日の営業終了時または最大1週間程度後までの期間で支払い期日を設定出来る。これにより小売業者は仕入れた商品を販売し売り上げを得てからSokowatchへの支払いをすることができるため、運転資金不足の回避につながる。
  • 店舗運営や商品の注文・支払いなどに利用することを想定したスマートフォン購入のためのローンなど、特定の物資購入のための融資も行なっている。同社のサービスはスマートフォン以外にもSMSでの商品注文にも対応しているため、スマートフォンを持っていなくても利用できる。

背景:CEOで創業者のDaniel Yu氏は2012年エジプトに住んでいた際、地方の医療センターと医薬品の供給源を繋ぐデジタル在庫管理システムのアイデアを発案。その後、アフリカと中央アメリカ5カ国で成功を収めるプロジェクトとなったが、NGOの多国籍ヘルスセンター向けシステムであったため営利事業への転換は不可能であった。そこで同システムを利用したビジネスとして、ケニアの小規模な小売業者が抱える問題と流通市場の抱える問題に着目しSokowatchを立ち上げた。Yu氏によれば、東アフリカだけでもインフォーマルセクターの生活必需品市場の規模は約1,800億ドルあり、アフリカの他の地域も含めた全体では6,000億ドル程度で、現在増加傾向にあるという。

執筆:椛澤かおり/編集:岩切絹代・増渕大志