BRIDGE

タグ Startuptravels

現地の起業家に会える「Startuptravels」、Androidアプリと世界各地のコワーキングスペースへの無料パス

SHARE:

「Startuptravels」は、起業家やスタートアップコミュニティに属するメンバーが集まるコミュニティ。この「スタートアップに特化」したLinkedInのようなサービスには、世界中165ヶ国のメンバーが登録しています。これまでに実現したミートアップの回数は、2,000回。先日11月22日には、これまでのWebサイトに加えてAndroidアプリをリリース。iOSアプリも鋭意開発中です。 Star…

Startuptravels

Startuptravels」は、起業家やスタートアップコミュニティに属するメンバーが集まるコミュニティ。この「スタートアップに特化」したLinkedInのようなサービスには、世界中165ヶ国のメンバーが登録しています。これまでに実現したミートアップの回数は、2,000回。先日11月22日には、これまでのWebサイトに加えてAndroidアプリをリリース。iOSアプリも鋭意開発中です。

Startuptravelsの使い方はシンプル。検索ボックスに旅や出張先の場所を入力すると、現地にいるユーザーが一覧になって表示されます。プロフィール情報をもとに会いたい人を見つけたら、あとはメッセージしてみるだけ。ユーザーごとの返信率も記載されているため、返信が期待できそうかも事前にわかります(詳しいサービス概要はインタビュー記事をどうぞ)。

Startuptravelsが最も活発に使われている都市トップ5は、コペンハーゲン、ベルリン、ロンドン、サンフランシスコ、そしてカイロ。リリース当初、東京在住のユーザーの数は限られていましたが、現在では東京にも80名を超えるユーザーが登録しています。私はこれまでにサンフランシスコ、ロンドン、ローマでStartuptravelsを使ってみましたが、ユニークなサービスを手がける起業家たちが集まっている印象です。

Startuptravels-co-working-space

それなりの頻度で世界各地を飛び回るスタートアップ界隈のメンバーが多いことから、新たに始めたのが「Coworking Pass」です。「wework」など、世界35ヶ国のコワーキングスペースを使うことができる無料パスで、旅先で毎度コワーキングスペースを探す手間から解放してくれます。パスへの登録は無料。起業家仲間や同僚など3名がStartuptravelsに登録することで、最大3日間の利用が可能なパスを取得できます。

旅に出ると、その目的が仕事でもプライベートでも、現地の会ってみたいスタートアップに連絡することが習慣になっています。双方にとってプラスになることが前提ではあるものの、IT業界やスタートアップ界隈の人たちは、比較的「accessble」(意訳すると「連絡がとりやすい」「身近な」)。せっかくどこか新しい場所に出向くなら、Startuptravelsで会いたい人を見つけて連絡してみはいかが。

旅先で現地の起業家に会おうーー130ヶ国4,000人が登録する「Startuptravels」

SHARE:

それがアメリカの各地でもヨーロッパでも、旅行先ではなるべく現地のテック企業やスタートアップに会うようにしています。各地でサービス内容に特徴があったり、スタートアップのエコシステムがどんな状態なのかを知るのには、そこで起業している人たちに会って話を聞くのが一番だから。 これまではFacebookで現地に知り合いがいる人がいないかを友達に訪ねたり、現地のインキュベーターなどを検索してサイトから問い合わ…

Startuptravels

それがアメリカの各地でもヨーロッパでも、旅行先ではなるべく現地のテック企業やスタートアップに会うようにしています。各地でサービス内容に特徴があったり、スタートアップのエコシステムがどんな状態なのかを知るのには、そこで起業している人たちに会って話を聞くのが一番だから。

これまではFacebookで現地に知り合いがいる人がいないかを友達に訪ねたり、現地のインキュベーターなどを検索してサイトから問い合わせをしたりしていました。そんな手間を取り除いて、現地の起業家と簡単に出会えるのが「Startuptravels」です。先日取材記事をお届けした「Sketchmob」のファウンダーのMikeと出会ったのもこのサービスを通してでした。

130ヶ国に4,000人以上の起業家などが登録

Startuptravelsは、旅先の都市をベースに現地の起業家を検索できるサービスです。2014年10月16日にローンチし、現在では4,000人以上のユーザーが130ヶ国をまたいで登録しています。登録しているのは、初期ステージの起業家からシリアルアントレプレナー、また中には投資家なども。

使い方はすごく簡単で、サイトのトップにある「Where do you want to go?」に行き先の都市を検索するだけ。気になる人が見つかれば、メッセージでやり取りできます。これまでにStartuptravelsで発生した出会いの数は600件に及ぶとか。主には、4つの使われ方がされているそう。

・引っ越して、新しい土地に拠点を移す時
・共同ファウンダー、投資家、アドバイザーを探すため
・旅中中に現地の業界の人と会ってインスピレーションを得るため
・拠点と同じ都市内で他の起業家などと知り合うため

もちろん、旅先じゃなく地元の起業家と繫がるために使うことも可能です。例えば私なら、ロサンゼルスの中で「サンタモニカ」や「ベニス」などと検索することで現地の起業家に会うこともできます。

自分の課題はみんなの課題

ファウンダーのAnders Hasselstrømさん
ファウンダーのAnders Hasselstrømさん

今回、サンフランシスコで会ったのは、Startuptravelsの共同ファウンダーのAnders Hasselstrømさん。3人の共同ファウンダーの拠点はコペンハーゲンだけれど、ちょうど彼はStartuptravelsを使って米国中を旅している最中だったから、運良く直接会うことができました。

そもそも、なぜStartuptravelsを立ち上げるに至ったのか。Andersの彼女はスコットランド在住なため、彼は普段からコペンハーゲンとスコットランドを行き来しています。スコットランドにもスタートアップシーンがあるはずだけれど、どうも上手く現地の起業家と出会うことができなかったそう。旅先で、気軽に現地のアントレプレナーに出会う方法を考えてたどり着いたのがStartuptravelsでした。

「スコットランドだけじゃなく、旅行に行く時に毎度同じ課題を感じていたんだ。自分のペイン(苦痛)に対するソリューションがStartuptravelsだった。自分が課題だと感じていることを、同じように課題に感じている人がきっといるはずだと思った」

需要を証明することで口説いた共同ファウンダー

Startuptravelsがリリース前に用意したランディングページ
Startuptravelsがリリース前に用意したランディングページ

Startuptravelsを立ち上げるにあたって、まず自分たちが想定するほどニーズがあるのかを確かめる必要がありました。そこでまず、ユーザーがメールアドレスの登録でサインアップできるランディングページを作成。メアドを登録すると別ページに遷移して、ウェイティングリストに入った旨が伝えられます。

新たに登録したユーザーは、ラインの最後尾にいる状態。「より早くサービスを使えるようにするには友達を招待して」と促すことで、雪だるま式にユーザーの登録数が増えていきました。次に、登録してくれた人の中から特に大勢の友達を招待している人を抽出。何十人も招待してくれたユーザーは、きっとStartuptravelsのアイディアをすごく気に入ってくれているはずだから。

クローズドで25人ほど招待し、直接連絡をしてSkypeコールなどを繰り返してサービスをイテレートしていきました。このリリース前の手法は、ローンチ前から見込みユーザーを獲得するという目的以外にもすごく効果的だと話すAnders。

「どんなスタートアップも、限られたリソースの中で適切な人材を見つけなきゃいけない。僕たちは3人で共同創業したけれど、その中のエンジニアは、この事前サインアップで集まったユーザー数を用いて口説いたんだ。ヘンリック、こんなにStartuptravelsを使いたいと言ってるユーザーがいる。一緒に素晴らしいサービスを作ろうって」

スケールしない細かいことを丁寧に

旅行するのが好き。現地の起業家に会いたい。この2つの願いをくっつけることで出来上がったStartuptravels。既存のSNS、特にビジネスプロに向けたLinkedInを使っても同じことができるかもしれませんが、Staruptravlesにはいい意味でカジュアル感があり、全く別の価値をもたらしています。

「LinkedInでは、みんなが自分をどう魅力的に見せるか、どうプレゼンするかに一生懸命だ。Startuptravelsは、もっとずっとカジュアルなんだ。面白いことをしている人同士が、旅行中という限られた時間の中で気軽に出会える。この気軽さを演出するために、Startuptravelsのサイト自体もすごくシンプルな作りにしているよ」

そもそも私がAndersに会うことになったのも、別のファウンダーから直接ウェルカムのメッセージをもらったことがきっかけした。このメッセージがなければ、とりあえず登録するだけで終わってしまったかもしれない。Andersに会って話してみることで、「丁寧」と「スピーディ」のバランスがすごく良いチームという印象を受けました。

「スケールしない細かいことも丁寧にやることが大切だと思う。Startuptravelsでは、新しくユーザーがサインアップすると、必ずファウンダー自ら「登録してくれてありがとう」という旨のメールを個別に送っているんだ」

現在のStartuptravelsは基本的な機能に留まりますが、今後はユーザーごとのダッシュボードなどを用意する予定。次の旅行の予定を登録しておくと、会うべき人をサジェストするようなことも考えています。次に海外旅行に行く際は、ぜひStartuptravelsを使ってみてくださいな。