THE BRIDGE

タグ Theranos

犯罪捜査を受けるTheranos、シリコンバレースタートアップの失墜

SHARE:

魅惑から疑惑へ? 血液検査システムの不評から数ヶ月、Wall Street JournalによるとTheranosは現在、連邦犯罪捜査局の標的となっているという。 記事によると、同社血液検査の最重要パートナーであるWalgreensとニューヨーク州保健省が先日召喚された。疑惑は、Theranosが血液検査で政府をミスリードしたのかということだ。 同紙がTheranosの革新的血液検査技術について初…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “TechCrunch“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

魅惑から疑惑へ?

血液検査システムの不評から数ヶ月、Wall Street JournalによるとTheranosは現在、連邦犯罪捜査局の標的となっているという。

記事によると、同社血液検査の最重要パートナーであるWalgreensとニューヨーク州保健省が先日召喚された。疑惑は、Theranosが血液検査で政府をミスリードしたのかということだ。

同紙がTheranosの革新的血液検査技術について初めて疑問を投げかけたのは昨年10月のことであった。Theranosは自社PRキャンペーンでこれに対抗したが、次々と暴露される内容に同社の先行きを案じる者も多かった。

つい先週、連邦保険監視官がTheranos設立者のElizabeth Holmes氏に2年間の禁止命令を検討している事実が明らかになった。同紙によると、米国証券取引委員会も同社を捜査中だという。そして、Walgreensは提携の解消を示唆した。

かつて90億米ドルの評価を受けたTheranosと、長らく革新的リーダーシップの象徴とされてきたHolmes氏にとっては大きな痛手である。その間も同社はこの悪い流れを押し戻そうとしている。

同紙に対する声明で、Theranosはこう述べた。「弊社は監視官と密に連携し、捜査に全面的に協力しています。」

Holmes氏もNBCの番組Todayにおけるインタビューで今週、血液検査問題のことで「打ちのめされています」と語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

30歳にして自らの手で億万長者になった女性起業家Elizabeth Homes

SHARE:

Image via. Forbes <Pick Up> Bloody Amazing コテコテの釣りタイトルが疑問視される声が多いなか、シンプルに「Bloody Amazing」と題された記事。何がそんなにすごいのかと言うと、それは30歳にして自らの手で億万長者になったというElizabeth Holmesさんのこと。 2003年スタンフォードの学生だった頃にパロアルトで「Theran…

Elizabeth-Holmes-ForbesImage via. Forbes

<Pick Up> Bloody Amazing

コテコテの釣りタイトルが疑問視される声が多いなか、シンプルに「Bloody Amazing」と題された記事。何がそんなにすごいのかと言うと、それは30歳にして自らの手で億万長者になったというElizabeth Holmesさんのこと。

2003年スタンフォードの学生だった頃にパロアルトで「Theranos」を設立。巨大企業が牛耳る血液検査のあり方をディスラプトするスタートアップ。

これまでに約4億米ドルを調達し、最近のラウンドの評価額は競合の倍以上の90億ドル。ファウンダーの彼女が株式の50%を保有しているため、40.5億ドルの大富豪ということに。

超期待の女性起業家に注目が集まる。

via. Forbes 【Google 翻訳

----------[AD]----------