BRIDGE

タグ Virtusize

手持ちアイテムを重ねてサイズ比較ーーオンライン試着のVirtusizeが大和企業投資から2億円を調達

SHARE:

オンライン試着サービスを提供するVirtusizeは10月10日、大和企業投資を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は約2億円で詳細は非公開。 同社の創業は2011年。スウェーデンのストックホルムではじまり、2013年から日本でのサービスを開始。2018年6月に本社機能を東京に移している。ECサイトと自分が実際に持っているファッションアイテムをイラストで重ね合わせるというアイデ…

Virtusize.png

オンライン試着サービスを提供するVirtusizeは10月10日、大和企業投資を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は約2億円で詳細は非公開。

同社の創業は2011年。スウェーデンのストックホルムではじまり、2013年から日本でのサービスを開始。2018年6月に本社機能を東京に移している。ECサイトと自分が実際に持っているファッションアイテムをイラストで重ね合わせるというアイデアでサイズ比較し、オンライン試着ができるサービスを実現した。国内ではユナイテッドアローズやルミネ、マルイ、SHOPLIST、BUYMA、マガシークなど国内50サイトへ導入が完了している。

また韓国に子会社を設立し、ユニクロやロッテなどへの導入も実施している。購買後のサイズ違いやフィッティングの違和感が解消されることで、返品率の低下や購買率、購買単価の向上などの効果が期待できる。今回の資金調達によりサービス開発を進めるほか、日本をはじめ、アジア市場の拡大を推進する。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ルミネのECサイト「i Lumine」が、手持ちや過去購入商品とサイズ感を比較できる「Virtusize」を導入

SHARE:

オンラインで洋服を買う際、やっぱり一番迷うのがサイズです。ブランドによってサイズ感が違うから、新しいブランドの買い物に踏み切りにくい。そんな困りごとを解決してくれるのが、スウェーデン発のフィッティングソリューション「Virtusize」です。この度、同社のオンライン試着ソリューション「サイズをチェック」が、ルミネのECサイト「i. Lumine」(アイルミネ)に導入されました。 2011年にサービ…

Virtusize-fitting-solution

オンラインで洋服を買う際、やっぱり一番迷うのがサイズです。ブランドによってサイズ感が違うから、新しいブランドの買い物に踏み切りにくい。そんな困りごとを解決してくれるのが、スウェーデン発のフィッティングソリューション「Virtusize」です。この度、同社のオンライン試着ソリューション「サイズをチェック」が、ルミネのECサイト「i. Lumine」(アイルミネ)に導入されました。

2011年にサービスを開始したVirtusizeは、ヨーロッパではAcneやTopshop、東南アジアで他国展開するZaloraなど、世界中の大手ファッションECサイトに導入さてています。日本でも、MAGASEEK、ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ディノス・セシール、TSI ホールディングスなどのサイトで導入されています。

アイルミネのサイト上で可愛い洋服を見つけたら、過去に同サイトで購入した商品や手持ちの服と、気になるアイテムのサイズを重ね合わせて合うかどうかを見ることができます。サイズの違いはイラストになって表示されるため、「袖がちょっと長すぎるかな」「今持っているパンツは余裕があるし、ウェスト-1cmならちょうど良さそう」など視覚的にサイズ感を把握することができます。

Virtusizeの独自調査では、消費者の94%がオンラインで洋服を買う時にサイズについて不安を感じていることがわかっています。Virtusizeのソリューションの導入が進むことで、オンラインショッピングでサイズに泣くリスクやストレスが過去のものになっていくのではないでしょうか。

----------[AD]----------

「URBAN RESEARCH」がフィッティングソリューション「Virtusize」を導入、今後はO2Oの展開も

SHARE:

スウェーデン発のフィッティングソリューション「Virtusize」。手持ちの服と、新たに購入検討する服をサイズ比較できるソリューションは、日本では「マガシーク」や「ユナイテッドアローズ」、またヨーロッパを代表するECサイト「ASOS」やシンガポールの「Zalora」など世界中の大手ファッションECに導入されています。 この度、Virtusizeを新たに導入したのが、URBAN RESEARCH(ア…

Virtusize-Urban-Research
気になるアイテムを、購入履歴のアイテムとイラストを使ってサイズ比較

スウェーデン発のフィッティングソリューション「Virtusize」。手持ちの服と、新たに購入検討する服をサイズ比較できるソリューションは、日本では「マガシーク」や「ユナイテッドアローズ」、またヨーロッパを代表するECサイト「ASOS」やシンガポールの「Zalora」など世界中の大手ファッションECに導入されています。

この度、Virtusizeを新たに導入したのが、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)。同社が展開する「URBAN RESEARCH ONLINE STORE」に、Virtusizeの「サイズをチェック」機能が導入されました。オンラインストアに並ぶアイテムのサイズを、従来の寸法だけでなく、イラストで比較できます。以前にURのサイトで購入したことがあれば、購入履歴からそれらの服が自動的に表示され、気になるアイテムのサイズをイラストを重ねることで一目で確認できます。

今後も2社は深く連携し、顧客価値を最大化するためのパートナーシップを模索していく予定とのこと。その一つが、オンラインに完結しないO2Oの取り組みです。現時点では、例えば、ユーザーがリアル店舗でアイテムをスキャンし、それに対してVirtusizeのソリューションを使うことで「試着しなくても買える」ようなものを構想しているそう。

前回のVirtusizeの代表であるアンドレアスさんへのインタビューにもあるように、Virtusizeを使って購入した人のコンバージョン率は約20%。また、カートに入れる商品の総額も、Virtusizeを導入したサイトでは通常より20%以上高いことがわかっています。

ECで服を購入したことがある人ならわかるはず。サイズがわからないことで必ず迷いが生じ、潔い購入判断を難しくします。もし、「この前買ったトップスと横のサイズ感は同じで、袖が1cm長いだけ」なんて具合にフィット感が手に取るようにわかれば、安心して購入することができます。

Virtusizeのモバイルバージョンを今年の6月にリリース予定とのこと。既にベータ版を試験運用しているそう。洋服のフィッティングに関しては、オンラインはもちろん、オフラインもまだまだイノベーションが待たれる分野。今後の展開が期待されるVirtusize×URBAN RESEARCHのO2Oの取り組みにも注目したいと思います。

「サイズをチェック」の紹介動画はこちらをどうぞ。

URBAN RESEARCH – Virtusize 「サイズをチェック」ユーザービデオ from Virtusize on Vimeo.

----------[AD]----------