BRIDGE

タグ XYZprinting

格安3Dプリンタ「da Vinci」に新型の「2.0」が早くも登場!

SHARE:

7万円以下で購入できるXYZPrinting社の3Dプリンタ「da Vinci 1.0」の発売開始を伝えてからまだ間もないが、早くも新モデルとして「da Vinci 2.0」が発表、さらに同社サイトで予約が開始されているのでお伝えしたい。 2.0は、1.0が単色での造形しかできなかったことに対して、2色での造形を可能としているのが最大の特徴だ。一方で最大造形サイズは1.0の「20 x 20 x 2…


7万円以下で購入できるXYZPrinting社の3Dプリンタ「da Vinci 1.0」の発売開始を伝えてからまだ間もないが、早くも新モデルとして「da Vinci 2.0」が発表、さらに同社サイトで予約が開始されているのでお伝えしたい。

davinci2001

2.0は、1.0が単色での造形しかできなかったことに対して、2色での造形を可能としているのが最大の特徴だ。一方で最大造形サイズは1.0の「20 x 20 x 20 cm(幅x奥行x高さ)」に対して「約15 x 20 x 20cm」といくぶんか小さめだ。

そのほか、46.8×51×55.8cmという本体サイズや0.1mmの最小積層ピッチ、自動キャリブレーションおよび自動クリーニング機などは1.0と共通。操作画面が日本語対応していることも同様だ。なおフィラメントも1.0と同様のカートリッジ式であり、公式サイトによれば、1.0のフィラメントも共通して利用することが可能なようだ。

同社の予約ページによれば、発売価格は21,999台湾ドルで、日本円にして74,000円ほど。同社の日本支社「XYZプリンティングジャパン」による国内流通価格が1.0の時と同じくらいになるなら、日本では9万円強ほどの価格になると考えられる。10万円以下の小型3Dプリンタということで、大型で単色だが格安な1.0と住み分けが期待されそうだ。

7万円以下で買える激安3Dプリンタ「ダヴィンチ1.0」が国内量販店で販売開始

SHARE:

このところ、世間で話題に上ることの多い3Dプリンタ。といっても、まだまだ一般の家庭には縁遠い製品……、というイメージを持っていないだろうか? 台湾の大手製造ベンダー「新金寶グループ」の傘下であるハードウェア企業「XYZprinting」がこのたび発売した3Dプリンタ「ダヴィンチ1.0」は、69,800円と7万円を切る激安の低価格プリンタだ。この価格は、米3D Systems社のエントリーモデル「C…


このところ、世間で話題に上ることの多い3Dプリンタ。といっても、まだまだ一般の家庭には縁遠い製品……、というイメージを持っていないだろうか?

台湾の大手製造ベンダー「新金寶グループ」の傘下であるハードウェア企業「XYZprinting」がこのたび発売した3Dプリンタ「ダヴィンチ1.0」は、69,800円と7万円を切る激安の低価格プリンタだ。この価格は、米3D Systems社のエントリーモデル「Cube」が国内では16万円で販売されていることを考えると激安と言っていい価格設定だ。

davinci01

気になる性能だが、まず出力できる最大サイズは20×20×20cm。前述したCubeの最大出力サイズは14×14×14cmとなっており、ダヴィンチ1.0で製造できるサイズは、エントリーモデルにしては大きいと言えそうだ。解像度にあたる積層ピッチも0.1~0.4mmと、個人用途としては十分だろう。ただしそのぶん本体サイズも大きくなっており、本体サイズは46.8×51×55.8cmと、卓上冷蔵庫ほどの設置スペースが必要になる。

davinci02

ランニングコストについても、一般的なプリンタでいう「インク」に相当する「フィラメント」が全12色で1色あたり3,280円。比較対象の「Cube」は全16色ながら1色あたり6,000円することを考えると、色数は少ないもののフィラメントのコストはほぼ半額だ。



なお、同製品ではWindows XP、7、8およびMac OS X 10.7~10.9に対応した3Dビューアソフト「XYZware」を無償配布しており、3Dデータさえあればすぐにでも製造が可能。本体のメニュー表示も日本語対応しており安心だ。Amazon.comおよびビックカメラ、コジマ、ソフマップの一部店舗もしくは通販にて販売中。