THE BRIDGE

タグ ZUU

金融アドバイザリー・スタートアップのZUUが、Fenox Venture Capitalなどから約4.5億円を資金調達

SHARE:

東京に拠点を置く金融アドバイザリー・スタートアップ ZUU は24日、Fenox Venture Capital(以下、Fenox と略す)や複数のエンジェル投資家から総額約4.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したエンジェル投資家の中には、マレーシアのマハティール元首相の右腕と言われる、マレーシアIT産業開発銀行(Malaysia Debt Ventures Berhad)元頭取の鈴…

zuuonline_featuredimage

東京に拠点を置く金融アドバイザリー・スタートアップ ZUU は24日、Fenox Venture Capital(以下、Fenox と略す)や複数のエンジェル投資家から総額約4.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したエンジェル投資家の中には、マレーシアのマハティール元首相の右腕と言われる、マレーシアIT産業開発銀行(Malaysia Debt Ventures Berhad)元頭取の鈴木二郎氏が含まれる。

今回の調達は、同社が昨年8月、夏野剛氏をはじめとする複数のエンジェル投資家から1億500万円を調達したのに続くものだ。これにあわせ、Fenox の共同代表パートナー兼CEO の Anis Uzzaman 氏が社外取締役に、フリービットの元取締役CFO の佐野哲哉氏が社外監査役に、鈴木二郎氏が顧問に就任した。

<参考文献>

ZUU は現在、正社員23人、フリーランス7人、インターン15人らで運営しているが、代表取締役社長兼CEOの冨田和成氏によれば、今回調達した資金を使い、人材面を一気に強化するとのことだ。Fenox が持つアメリカのネットワーク、鈴木二郎氏が持つ東南アジアのネットワークを活用し、現在、日本で展開している金融バーティカルメディア事業を世界展開する模様だ。

ZUU の最初のサービスとなる金融バーティカルメディア ZUU Online がローンチしたのは2012年9月のことだ。現在では月間ユニークユーザ数250万人、月間ページビュー1,000万件を誇る。今年に入り、株式銘柄について、購入すべきか要注意か手放すべきかなどを、赤・黄・青および赤の点滅で明示的に表示する資産運用ツール「ZUU Signals」をローンチ、8月に開催されたサイバーエージェント・ベンチャーズの年次ショーケース・イベント RisingExpo 2015 では、インテリジェンス賞を受賞している。

rising-expo-2015-intelligence-award-goes-to-zuu
インテリジェンス賞を受賞する冨田氏(右)

THE BRIDGE のインタビューに対し、冨田氏は ZUU Online が好調な成長を続け、マネタイズがうまく行っている理由を次のように語ってくれた。

オンラインメディアとバーティカルメディアは根本的に違う。前者は情報提供のメディアだが、後者は問題解決のメディア。つまり、前者はコンテンツの面白さで読者を満足させるわけだが、後者は目的を持った人がやってくるのでアクションにつながりやすい、つまり、メディアとはいえ、EC に近い。

金融の場合は、金融商品にユーザを誘導するアフィリエイトが中心。ZUU は証券会社や不動産会社と提携しており、ユーザが口座の開設に至ったときの手数料が他業界よりも高い。(冨田氏)

バーティカルメディアとは言え、オンラインメディアと同様に良質なコンテンツを読者に届けることが重要だ。良質なコンテンツを制作しようとすればするほど、制作コストが高くなるのが一般的だが、ZUU はこの課題を非常にうまいやり方で解決している。

ZUU ONLINE にコンテンツを提供してもらっているのは、ニッセイ基礎研究所、幻冬舎、Société Générale、BNP Paribas、マネックス証券など、シンクタンクや証券会社のアナリストの人たち。彼らは普段、機関投資家にしか出していないレポートを ZUU ONLINE に提供してくれている。C 向けのみならず、B 向けのブランディングのためだ。

具体的な名前は出せないが、ZUU 社内のライターが書いたコンテンツを、企業のオウンドメディアに提供しているものもある。金融業界はオウンドメディアの運営に予算を充てやすいので、このようなコンテンツ制作受託は、ZUU にとって利益率が高い。(冨田氏)

ZUU Signals の画面(内容は架空のものです)
ZUU Signals の画面(内容は架空のものです)

ZUU ONLINE で提供されているコンテンツは、ニュースキュレーションの NewsPicks のユーザなどと相性がよいらしく、マスからのトラフィック流入に大きく貢献しているらしい。今後は、ZUU ONLINE を入口として、そこにさまざまなサービスをつなぎこんでいくとのこと。その一つとも言える ZUU Signals はマス向けのサービスだが、年内には ZUU の訪問ユーザを会員化し、ユーザ毎に最適化された情報を提供できる複数のサービス群を整備していくのだそうだ。

今後披露されるサービスについて、詳細は明らかにできないとのことだったが、どうやらデータマイニングが関係しているようだ。

典型的な EC の場合は、ユーザの購買履歴をもとに商品のレコメンドができると思う。しかし、金融商品は頻繁に買うものではないので、過去の履歴をもとにしても未来に購入するものはわからない。

例えば、ZUU にログインして、ユーザがどの記事を読んでいるかがわかれば、銀行は客の関心を把握し、それをもとに金融商品を勧められるようになる。当社には CTO 経験者が4人いるが、現在はデータを蓄積していくようなことに取り組んでいる。

ZUU ONLINE は問題解決のメディアであり、コンテンツが豊富だからユーザが来てくれるのだが、逆にコンテンツが有り過ぎることになる。今後は、情報をカスタマイズし、レコメンドし、マッチングすることに注力していく。(冨田氏)

スタートアップにとってハイヤリングは大きなチャレンジだが、ZUU では、興味深い人材が入社することで、それが呼び水となり、さらに興味深い人材が入社するという連鎖反応が起こっているようだ。今年末から来年にかけての新サービスの登場を楽しみにしたい。

<関連記事>

----------[AD]----------

金融アドバイザリー・スタートアップZUUのCTOに、ベストティーチャー元CTOの後藤正樹氏が就任

SHARE:

東京に拠点を置く金融アドバイザリー・スタートアップ ZUU が、夏野剛氏ら4人のエンジェル投資家から1億500万円を資金調達したのは8月のことだ。その ZUU から新しいニュースから飛び込んできた。 ZUU は先頃、ベストティーチャーのCTOを以前務めた後藤正樹氏が、ZUU の CTO に就任したと発表した。後藤氏は2010年度の「未踏IT人材発掘・育成事業」でスーパークリエイターに認定、琉球フィ…

zuu-tomita-goto
左から:ZUU CEO 冨田和成氏、新たにCTOに就任した後藤正樹氏

東京に拠点を置く金融アドバイザリー・スタートアップ ZUU が、夏野剛氏ら4人のエンジェル投資家から1億500万円を資金調達したのは8月のことだ。その ZUU から新しいニュースから飛び込んできた。

ZUU は先頃、ベストティーチャーのCTOを以前務めた後藤正樹氏が、ZUU の CTO に就任したと発表した。後藤氏は2010年度の「未踏IT人材発掘・育成事業」でスーパークリエイターに認定琉球フィルハーモニックチェンバーオーケストラではタクトを振る異才の持ち主だ。

去る7月以降、後藤氏は ZUU に技術顧問として参画していたが、今回の CTO 就任により ZUU への本格的なコミットメントとなる。ZUU の設立は昨年4月だが、以来彼らは目立ったメディア露出をしておらず、筆者も CEO の冨田和成氏とは以前から面識があったものの、これまで ZUU について詳しい話を聞く機会が無かった。

後藤氏のような優秀な技術者を招いて、ZUU は何をしようとしているのだろう? ZUU のオフィスに冨田氏と後藤氏を訪ね、後藤氏のCTO就任を機にどのような展望を描いているのか話を聞いてみた。

目指すは、リテール金融におけるインダイレクト・チャネルのプラットフォーム

zuuonline_featuredimage
ZUU ONLINE 英語版

銀行、証券、保険など、消費者向けに金融商品を販売するサービスを「リテール金融」と呼ぶ。インターネットの普及により、これらのサービスはオンラインで取引できるようになった。ネットバンキング、オンライントレード、ネット保険などはその最たるものだろう。事業者にとっては営業コストが圧縮でき、ユーザは店舗に出向く必要のない利便性がメリットだ。

しかし、この種のダイレクト・チャネルで販売される金融商品には、購買判断や発注にあたって、ユーザに高いリテラシーが求められる。好意的な見方をすれば、それは選択の自由度が高いと表現できるが、他方、ユーザはどの会社と取引し、どの金融サービスを利用するかを全て自分で判断しなくてはならない。

世界的に見ても、金融サービスがダイレクト・チャネルで提供されているのは、取扱高ベースで全体の2割に過ぎない。残りの8割のサービスは、フィナンシャル・プランナー(FP)から、保険会社の外回り営業のおばちゃんまで、さまざまなインダイレクト・チャネルで提供されている。つまり、大多数のユーザは金融サービスの購入や利用にあたり、誰かの説明や助言を必要としているということだ。時代がどんなに進化しても、インダイレクト・チャネルでの金融サービスの需要が無くなることはないだろう。

ZUU が提供するのは、インダイレクト・チャネルで金融サービスを享受したいユーザと、そのユーザらに助言や販売をするフィナンシャル・プランナーのような人々のマッチング・プラットフォームだ。これまで、ユーザはアドバイザーを探す上で人の紹介などに頼るより他に方法がなく、アドバイザーも自分が顧客としたい層にアプローチする効果的な方法がなかった。

今回、後藤氏をCTOに招いて ZUU が取り組もうとしているのは、このマッチング・プラットフォームのコア部分のようだ。

我々は BとCをつなぐビジネスを目指しているわけですが、そのために、アドバイザー(B側)を束ねられるシステムを作り、他方、ユーザ(C側)を集めるためにメディアを10サイト立ち上げました。現時点で詳しいことは言えませんが、この年末から年始のローンチを目指して、ユーザをつかんで放さないためのしくみを作っていきます。(冨田氏)

ITの力で、金融資産のボリューム・ゾーンを取りに行く

出典:ZUU ONLINE
出典:ZUU ONLINE

ZUU がターゲットとする消費者は、純金融資産額3,000万円〜5億円の層だ。つまり、ものすごいお金持ちでもなければ、貯金が無いというわけでもない〝中の上〟の領域に位置する人達。数で言えば、日本の5,000万世帯中1,000万世帯、つまり5軒に1軒の家庭は、ZUU の想定顧客に含まれるということになる。

ここまで ZUU の話を聞いていて、ふと気づいたのは、Fintech のスタートアップに見られる一定の傾向だ。以前、クラウドキャストに話を聞いたときもそうだったが、ユーザ層のピラミッドで見たとき、最上部の層には既にソリューションを提供している業界の巨人が居る。最下部の層はユーザが自分でなんとかしてしまうので、サービスの需要が無い。最上部でもない最下部でもない中間層がホワイトスペースで、そこに大きな市場可能性を見出せるというものだ。

しかし、中間層は最上部の層ほどは客単価を高く取れないため、ビジネスに載せるには、インターネットやクラウドの力を使って、効率的にサービスを提供する必要が生じる。ZUU が狙っているのは金融サービスを求める中間層であり、ちなみに、例として引用したクラウドキャストが狙っているのは経費精算の中間層ということになる。

コンテンツ主導から技術主導へ

guu-goto-with-team
他メンバーと共に、開発作業にいそしむ後藤氏。

メディアを10サイトも構えたことからもわかるように、ZUU はこれまでユーザを集めるためにコンテンツ開発に力を入れて来た。月間ユニークユーザ数では既に100万人を超えており、お金に関する情報を提供するウェブサイトとしては国内最大規模になりつつある。

ZUU には、正社員やインターン・アルバイトをあわせて約25名程度のメンバーがいるが、後藤氏の配下で開発に特化する技術者は現在5〜6名程度。同社はコアとなるプラットフォームの構築に注力すべく技術者の採用を強化しつつあり、そう遠くない将来、コンテンツ制作メンバーと技術者の人数割合が逆転するだろう。

トレンドを追いかけたいエンジニアの傾向として、SI-er でキャリアをスタートし、Google に代表される巨人企業に転職、その後ゲーム・デベロッパで面白いことをして、今は Fintech スタートアップに流れて来ている、という気がしている。この次は、ヘルスケアや IoT といった分野に流れて行くかもしれないが、今のところ、新しいことをしたい技術者は Fintech 周辺に集まってきているように思う。(後藤氏)

とかく技術者の採用が難しいスタートアップ業界において、Fintech のスタートアップは比較的優秀な人材を集めやすいのかもしれない。起業家や投資家にとってのみならず、技術者にとっても Fintech はホットな分野だからだ。ZUU が今年末ないしは来年明けに公開するとしている新サービスが、今から楽しみにで仕方が無い。

----------[AD]----------