Googleが「Gemini for Workspace」発表ーーDocsやGmailなどで高度な生成AIを利用可能に

SHARE:

Geminiは、DocsやMeetのようなWorkspaceアプリケーションに最も高性能なモデルである「Gemini Ultra 1.0」のパワーを提供し、エンタープライズ級のデータ保護を実現するものだ。

Gemini for Workspaceは、今日から2種類の価格帯で利用可能となる。これは以前、Workspaceアプリ上で(help me write機能のような)生成AIを提供していた「Duet AI for Workspace」を改良し、ブランド名を変更したものである。注目したいのはこれが「Gemini」という名称による2度目の大規模なリブランドであるという点だ。最初のものは、BardチャットボットをGeminiに改名したことだった。

Geminiをアプリに組み込むだけでなく、Workspaceユーザーには、プライバシーやセキュリティのリスクを心配することなく、ワークフローと創造性を加速させるスタンドアロンのGeminiチャットボット体験を提供する。この動きはすでに「企業向けCopilot」で同様のことを行っているMicrosoftに対するGoogleの対抗をさらに加速させることになるだろう。

Gemini for Workspaceに期待することは?

Google WorkspaceのGM兼バイスプレジデントであるAparna Pappu氏は、リブランドを発表したブログ記事の中で、新規および既存の顧客はGeminiアドオンにサインアップすることで、Workspaceアプリ全体で高度なAIモデルを利用できるようになると述べている。

中核となるアドオンには2種類あり、小規模組織向けのビジネスアドオンと、以前はDuet AI for Workspace Enterpriseと呼ばれていた、ヘビーユーザー向けのより多くの使用量と機能を備えた強化版エンタープライズアドオンがある。

どちらのプランでも、ユーザーはGemini Ultra 1.0を利用することができる。例えば、DocsとGmailにおけるより良いhelp me write機能、Sheetsにおける強化されたSmart Fill、Slidesにおける画像生成などが利用可能となる。同様の機能は、Google One AIプレミアムプランを通じて一般消費者にも提供される。

「最近の調査では、スモールビジネス顧客の88%が、データ分析、タスク管理、メール作成、カスタマーサポートなどを支援する生成AIとの連携に関心を示しています。彼らのような企業が限られたリソースでより生産的になることを支援するために、我々はGemini Businessアドオンを発表します」(Pappu氏のブログより)。

エンタープライズ・プランもほぼ同じ体験になるのだが「Geminiに自由にアクセスできる」という利点がある。さらに、高度なAIミーティングの機能も含まれており、100以上の言語ペアの字幕翻訳や会議のメモを取ることもできる。ただし、後者は後日登場する予定だ。

どちらのプランにも安全なチャット体験が含まれる

ビジネス・プランとエンタープライズ・プランには、Geminiのスタンドアローン・チャット体験も提供される。 これは一種のAIの相棒として機能し、ユーザーに洞察に満ちた専門的な回答を提供し、ワークフローを加速させるのに役立つ。

「例えば、マーケティングマネージャーは、業界のトレンド、製品開発、競合他社のメッセージを分析することによって、Eメールマーケティングキャンペーンのトピックを特定するためにGeminiを活用することができます。そして、Geminiはそのようなトレンドを自社のユニークなオファーに直接結びつけ、開封率を高めるためにベネフィットを重視した件名で、説得力のあるコピーを作成する手助けをすることができます」(Pappu氏のブログより)。

最も重要なことは、ワークスペース体験には、エンタープライズ級のデータ保護と著作権補償が付属しており、やりとりが常に非公開に保たれることだ。

「ビジネスプランとエンタープライズプランでは、会話が広告目的に使用されることも、人間のレビュアーによってレビューされることも、生成的な機械学習技術のトレーニングに使用されることもありません」(Pappu氏のブログより)。

より良い価格設定でMicrosoftに対抗?

Googleは、Gemini for Workspaceのビジネス・アドオンの価格を、年間コミットメントで月額20ドル/ユーザーとし、エンタープライズ・プランは月額30ドル/ユーザーとしている。一方、Microsoftは、GPT-4とDALL-Eによるビジネス版Copilot for Microsoft 365の価格を月額30ドル/ユーザーに統一している。

この価格設定の差は、特に中小企業において、Googleのサービスの採用を促進する可能性がある。ちなみにMicrosoftは月額20ドルのプロ版Copilotを提供しているが、これにはエンタープライズ級の保護機能がないことに注意する必要がある。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録