THE BRIDGE

タグ スタンバイ

アプリで求人票作ってチャットで面接ーースタンバイカンパニーが目指す「スマホ時代の採用スタイル」とは

SHARE:

地図から求人検索できるという大きなコンセプト転換を図った「スタンバイ」に新たな機能が追加された。HR Tech領域を推進するビズリーチは7月27日、求人票を作成できるアプリ「スタンバイ・カンパニー」を公開した。 スタンバイ・カンパニーはアプリのウォークスルーに沿って必要な情報を入力することで、アルバイト募集などの求人票を素早く作成できるATS(アプリカント・トラッキングシステム)。作成された求人情…

地図から求人検索できるという大きなコンセプト転換を図った「スタンバイ」に新たな機能が追加された。HR Tech領域を推進するビズリーチは7月27日、求人票を作成できるアプリ「スタンバイ・カンパニー」を公開した。

スタンバイ・カンパニーはアプリのウォークスルーに沿って必要な情報を入力することで、アルバイト募集などの求人票を素早く作成できるATS(アプリカント・トラッキングシステム)。作成された求人情報はスタンバイ上のウェブ・アプリに掲載されることになる。アプリの利用料は無料で、掲載についてもこれまで通り無料。対応OSはiOS版が8.0以降で、Android版が4.03以降となっている。

stanby_002

先月紹介したスタンバイは求人情報を地図上で検索できるのみだったが、もう一つのアプリ「スタンバイ・カンパニー」がリリースされたことで、事業者側の求人票の作成から掲載、応募者との採用連絡までもがアプリのみでできるようになった。

スタンバイが公開された際にビズリーチ取締役の竹内真氏は、この求人票作成側のスタンバイ・カンパニーについても話をしてくれていた。

その時彼がイメージしていたのは、フリマアプリに出品するような気軽さでアルバイトなどの求人情報を掲出し、それを見つけた求職者とチャットでコミュニケーションを取る、といった世界観だった。現時点でスタンバイ・カンパニーは電話でのコミュニケーション方法しか提供されていないが、今後、チャットでのメッセージングも追加されるという。

stanby_001

求人が限りなくリアルタイムに近づく世界観ーーもしこれが実現すれば世の中の人手不足問題にひとつ、解決策を提示できるかもしれない。この辺りのアプローチはメルカリの地域コミュニティサービス「アッテ」なども近い印象だ。竹内氏は作りたい世界観についてこのように話してくれた。

「スタンバイは世の中に存在する全ての求人情報を検索できる世界をつくりたいと思っています。しかし、街を歩けば店舗に張られている求人も多くあり、世の中の人に知られず、応募に困っている求人が数多くあります。今人材が欲しいのに、かなわない、PCは無いけど、スマートフォンはある。この2つを叶えるのが目的です」(竹内氏)。

コンビニでアルバイトが辞めたので、即求人票を作ってその日の内にチャットで面接日を決める。そういう世界に変わるのも時間の問題なのではないだろうか。

----------[AD]----------

世界地図から仕事を探す「スタンバイ」アプリ公開、500万件からの即時地図検索を可能に

SHARE:

国内HR Techを推進するビズリーチは6月28日、ウェブで展開していた求人検索サービス「スタンバイ」のスマートフォン向けアプリを公開した。利用は無料でiOS8、Android4.0.3以降に対応。また、これに合わせてTVCMの放送も6月25日から開始したと伝えている。(放映は7月15日まで) アプリ版のスタンバイはウェブと全く違うコンセプトで開発されており、求人者はアプリを立ち上げるとその現在地…

スクリーンショット 2016-06-28 6.58.24

国内HR Techを推進するビズリーチは6月28日、ウェブで展開していた求人検索サービス「スタンバイ」のスマートフォン向けアプリを公開した。利用は無料でiOS8Android4.0.3以降に対応。また、これに合わせてTVCMの放送も6月25日から開始したと伝えている。(放映は7月15日まで)

アプリ版のスタンバイはウェブと全く違うコンセプトで開発されており、求人者はアプリを立ち上げるとその現在地を勤務地としている求人情報がリストされ、検索条件を場所や移動時間、給与、カテゴリなどの諸条件で絞り込むことができる。

現在、スタンバイの利用ユーザーは6割が25歳から34歳の女性で、育児中の女性の4割が近隣での仕事を希望しているという調査結果もあるという。スタンバイのアプリではこういったニーズにあった仕事探しの方法を提供したいとしている。

アプリで地図から仕事を探すという体験

さて、2015年5月に完全無料を押し出して現れた求人検索サービスが大きく方向性を変えてきた。何よりもまずこの動きを見て欲しい。(筆者撮影)

スタンバイはこの記事にも書いた通りいわゆるIndeedタイプの求人検索だ。同サービスの開発を指揮する同社取締役の竹内真氏の話によれば、クロール対象となっているのは500万件で、毎週100万件ほどがアップデートされているという。動画を見てもらって分かる通り、非常にヌルヌルと快適に検索結果が表示される。

開発陣がこだわったのはスマホ時代の新しい求人検索体験だ。

「そもそもスタンバイが誰に何を提供するのか、そこまで立ち戻って一から考え直しました。当初はSEOドリブンな考え方だったのですが、未来はウェブではなくやはりスマホ。ここに賭けようということで出てきたアイデアが地図だったんです」(竹内氏)。

ヤフオクに対するメルカリが分かりやすい例だ。

ウェブがテキスト検索を中心としたキータッチだったのに対して、スマホはタッチやピンチなど、より指先での直感的な操作が主となる。こういった体験性の違いを仕事検索に反映させたところ、自然と地図に帰結したのだろう。

IMG_2193

確かに地図からの検索は非常に直感的だ。私も当初、仕事の検索は自分ができること、給与、そういった条件から探すという思考がこびりついていたので、場所からの検索を最初に持ってくることは想像していなかった。しかし、よく考えれば、自分が住んでいる場所から新幹線で勤務地まで通うことはよっぽど変わった条件でなければありえない。

つまり、生活圏内にて仕事をするということは結果的に自然なことなのだ。また、場所から探すことで、今まで自分になかったアイデアに触れることもできる。もちろん、前述の通り今回は主に近隣でのアルバイトやパートタイムといった仕事探しがメインターゲットになっているが、もう少し幅広い仕事探しにも使えるのではないかと感じた。

IMG_2196

なお、この新しい体験性を実現するため、竹内氏らは30名体制で開発を進め、即時に情報が表示できるようチューニングを重ねたという。

「例えば求人情報に勤務地がいくつか入ってる場合があるんですね。それを独自の手法でどこが本当の勤務地なのか、データから割り出して緯度経度に直し表示する、そういうことをやっているんです」(竹内氏)。

当然、地図は日本だけでない。現在はテスト的な表示としつつも、例えば商社のような全世界に勤務地を持つような企業の情報も各国で表示されるようになっている。

IMG_2198

ここまででもなかなか盛り沢山のスタンバイアプリだが、取材でもう一つ興味深い話を聞いた。その件についてはまたリリースされたタイミングでお伝えしたい。

----------[AD]----------

ビズリーチがYJC等から37.3億円を調達、南氏が「とことんやると決めた」クラウド型事業を本格化へ

SHARE:

国内人材系の優等生が大きな勝負に打って出る。 一部報道にあった通り、ダイレクト・リクルーティングや求人検索などを手掛けるビズリーチは3月29日、第三者割当増資等による資金調達の実施を発表する。 調達した資金は総額で約37.3億円で、引受先となるのは16億円を出資したYJキャピタルをはじめ、Salesforce Ventures、三井住友トラスト・インベストメント、電通デジタル・ホールディングス、グ…

image

国内人材系の優等生が大きな勝負に打って出る。

一部報道にあった通り、ダイレクト・リクルーティングや求人検索などを手掛けるビズリーチは3月29日、第三者割当増資等による資金調達の実施を発表する。

調達した資金は総額で約37.3億円で、引受先となるのは16億円を出資したYJキャピタルをはじめ、Salesforce Ventures、三井住友トラスト・インベストメント、電通デジタル・ホールディングス、グリー、楽天、リンクアンドモチベーション、EFU Investment Limited、East Ventures、IMJ Investment Partnersの10社。

調達した資金は2015年にリリースした求人検索「スタンバイ」をはじめとするオンライン求人・採用管理関連の事業の拡大に使われる。また、同社はこの発表と同時に、5月からクラウド型の採用管理システム「HRMOS(ハーモス)」の提供を予定していることも公表する。

ビズリーチの創業は2009年4月。代表取締役の南壮一郎氏によれば、これまで同社は創業期にジャフコから調達した2億円以外、外部資金を入れることはなく、ダイレクト・リクルーティング事業等の収益によって運営をまかなってきたという。

現在の従業員数は3月時点で571名と、その規模は海外スタートアップと比較しても遜色はない。

資本政策面の状況を考えれば、このままプライベートカンパニーとして事業継続することもできた同社がなぜ、このタイミングで大きく打って出たのか。そこにはビズリーチ、careertrek(キャリアトレック)に次ぐ「第三の事業」の可能性に魅せられた南氏の姿があった。

求人検索「スタンバイ」から始まったクラウド型事業の可能性

ビズリーチが提供するスタンバイ・カンパニー

さて、彼らの今回の大型調達を理解する上で、ATS(アプリカント・トラッキング・システム)について少し解説しておいた方がいいだろう。

その名の通り、採用管理システムで、レジュメの登録・管理から福利厚生、給与管理などのバックオフィス系、採用後のパフォーマンスデータの管理など、採用から就労時、離職などの状況を総合的に判断する仕組みとして米国を中心に利用が広がっているものになる。以前ビズリーチの展開する「スタンバイ・カンパニー」を取材した際に少し書いたので詳しく知りたい方は参照されたい。

ビズリーチ「求人検索スタンバイ」が完全無料の理由は「ATS」にありーー採用管理「スタンバイ・カンパニー」を一新

ビズリーチの展開は少し複雑で、求人検索のスタンバイと採用管理のスタンバイ・カンパニーがある上に、また新たなクラウド型採用管理サービス「HRMOS」を立ち上げようとしているところだ。

IMGP4283
スタンバイ事業本部長、取締役の竹内真氏

以前、ビズリーチ取締役でスタンバイ事業を牽引する竹内真氏に話を聞いた際は、より深い、例えば採用者のデータを採用後までトラッキングしてパフォーマンスを計測するような複雑なサービスはしばらく手がけないということだった。

昨年10月時点での話なのでそこから動いたのだろう。なかなか痺れる話だ。

因みに南氏の話では、現在、ビズリーチはカンパニー制を導入しており、竹内氏はインキュベーション・カンパニーの統括としてHRMOSをはじめとする新規事業をこれまで以上に手掛けることになるという。

調達が示すメッセージは「とことんやろうよ」

2015年5月に発表された求人検索スタンバイ

「これまでずっと黒字で最終利益が出ていましたから(調達の)必要がありませんでした。また、ルクサ(共同購入サービス)の売却益もあったりしましたので(新規事業への投資を含めて)自分たちの収益でやってこれたんです」(南氏)。

冒頭の指摘の通り、同社はプライベートカンパニーのまま成長が可能な状況だった。それを変えたのが竹内氏らが手掛けるスタンバイの可能性なのだという。

「スタンバイがきっかけなんです。新しい時代の求人サービスになるんじゃないかなとワクワクしてるんです。これまでのビズリーチ、キャリアトレックに加えた三つ目の事業の柱を成功に導くためには、外部からの資本を受け入れて勝負したいというのがありました。

今年の4月で(創業して)7年目になります。

私は元々、人材業界の仕事をやっていたわけではありません。原点に戻って(この採用の事業を)客観的にみると、採用してお金を払って終わるのがもちろん大事なのですが、やはり非効率が多い。本来は採用した方が会社の中でどれぐらいのパフォーマンスを出しているのか、どれだけ貢献しているのか、そういうデータや結果が大事だと思うのです」(南氏)。

ヒトモノカネというリソースの調達は常に結果とセットになる。ただ、形式的に資産への換算結果が分かりやすいカネやモノ(資材)と違い、「ヒト」は確かにビルになるわけでも高値で売り買いできるわけでもない。(スポーツ選手とかはもしかしたら少し似てるのかもしれないが)

ここを解決できないのかーーダイレクトリクルーティングはマーケティングに近く、これをテクノロジーでサポートするようなツールがあれば、定量的に人事採用を評価・判断できる。採用後のデータを活用することで人材の獲得効率をあげるのが、米国中心に利用が進む主なATSの考え方になる。

確かに米国と日本では市場規模の差による人材流動性の違いや、利用する側のリテラシーに差によって利用状況の様子は違うと思う。国内でこの分野ではセールスフォースから支援を受けるCYDASなどが好調という噂を聞くが、やはりまだまだ採用後のことよりも、いい人材をどう採用するかという入り口の方が主たる話題になりやすい。

南氏は取材の最後、踏み込んで事業拡大に突き進む理由をこんな風に語ってくれた。

「(ネットベンチャーの土壌を)一つ上の世代の方々が切り開いてくれました。彼らには感謝してますし、(南氏が以前在籍していた楽天・三木谷浩史氏から)『世の中をどう変えるか考えなさい』と20代の頃から常々言われていました。世の中の働き方や個人の生産性をどう変えるか。ここに私は意義を感じてるし、こうやって応援してくださる人たちがいる以上、もうとことんやろうよと、そう思ったんですね。

今回調達をした一番のメッセージはそこにあります。

うまくいく時もあればいかない時もあります。ただ、現状維持は下りエスカレーターに乗ってる、そういう世の中になってると思うんです。誰かがやるなら、自分たちがやればいいんじゃないかな」(南氏)。

 

----------[AD]----------

ビズリーチ「求人検索スタンバイ」が完全無料の理由は「ATS」にありーー採用管理「スタンバイ・カンパニー」を一新

SHARE:

ビズリーチは10月29日、採用検索サービス「スタンバイ」の採用管理ツール、「スタンバイ・カンパニー」のリニューアルを実施した。インターフェースを一新し、採用管理業務を一画面に収めたほか、サービス内で求職者とのメール送受信を一元管理できるように変更されている。その他、求職者情報のPDF出力、応募者情報のCVS書き出し、限定公開などの機能も追加された。 また、採用ページ作成画面についてはプレビュー状態…

メール機能_ スタンバイ・カンパニー_new
一画面で採用管理を確認できる「アコーディオンインターフェース」

ビズリーチは10月29日、採用検索サービス「スタンバイ」の採用管理ツール、「スタンバイ・カンパニー」のリニューアルを実施した。インターフェースを一新し、採用管理業務を一画面に収めたほか、サービス内で求職者とのメール送受信を一元管理できるように変更されている。その他、求職者情報のPDF出力、応募者情報のCVS書き出し、限定公開などの機能も追加された。

また、採用ページ作成画面についてはプレビュー状態での編集を可能にしている。これにより、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使い慣れていないユーザーにも直感的に求人票の作成ができるようになっている。

求人編集_ スタンバイ・カンパニー_new
編集はプレビュー上で可能に

スタンバイ・カンパニーは初期費用、月額費用、採用時の成果報酬などすべてが無料で提供されており、ビズリーチが提供する求人検索「スタンバイ」上に掲載できるだけでなく、自社の採用ページとしても利用が可能となっている。同社の説明によると、2015年5月の提供開始以来、4000社に利用されているという。

なお、求人検索のスタンバイについてはスタンバイ・カンパニーで作成した求人票以外の情報も検索可能になっているため、全体の求人件数は400万件ほどになっているという。

求人リスティングとATSの一気通貫によるビジネスモデル

スタンバイ_日本最大級の求人検索エンジン

さて、今年5月にビズリーチが開始した求人検索のスタンバイについては、完全無料というモデルで話題となった。いわゆる求人検索に連動した広告モデルだが、スタンバイは現状でクリックによる課金もない「完全無料」を謳っていた。

通常、このようなジョブサーチは検索連動型広告をモデルにしており、米国では現在リクルート傘下のIndeedやCareerBuilder、Monsterなどが幅を利かせている。米国では求人情報のフォーマット(HR-XML)化が普及していることもあって、こういったクローラー型が進化した背景が指摘されている。

一方日本ではやはりリクルートが2007年に買収したジョブダイレクトやソフトバンク系の仁王など、いくつか求人検索が存在していたが、どれも数万件ほどの情報量で影は薄い。

検索という技術的な難しさに加え、フォーマットの問題、大手人材会社による人力営業モデルの強さなど、求人検索「のみ」が必要とされるシーンはなかなか考えづらかった。

では、ビズリーチはなぜこの難しい分野にトライしたのか。

かんたんに使える完全無料の採用支援ツール(求人作成・公開・管理)__スタンバイ・カンパニー

その問題を解く鍵のひとつが今回彼らが力を入れるスタンバイ・カンパニーと呼ぶ採用管理ツールなのだ。

ATS(アプリカント・トラッキング・システム)と呼ばれるツール類で、米国がやはり先行している。Oracle傘下のTaleoやリファーラル採用のJobvite、この分野のスタートアップとして頭角を現しているgreenhouseなどが目立つ存在だろうか。

国内でもソーシャルリクルーティングのWantedlyはよく知られているし、先日買収が発表されたtalentioは単なる採用管理からもう少し深いトラッキングに挑戦しようとしていた。その他にもカオナビや、やはりセールスフォースから支援を受けるCYDASなどもある。

この分野のバラエティが豊富なのは、その範囲が広いからだ。例えば2013年4月にサービスを開始したZenefitsは給与から保険に至るまでを人事が簡単に管理できるソフトウェアを提供してる。つまり、単なる採用ではなく、企業の基幹システムに近い分野と考えたほうがいいかもしれない。当然、キャッシュポイントは広がることになる。

表の求人検索だけでなく、裏側の採用管理も合わせて事業を考えればバリエーションが膨らむ。さらにATS自体は前述の通り、機能を拡張できるわけだから、ここのビジネス的な柔軟度も高い。

今までのサービスと似ているようで微妙に違う。このあたりの設計はこれまでダイレクトリクルーティングの事業を手掛けてきた同社ならではのうまさを感じる。

IMGP4283
スタンバイ事業本部長、取締役の竹内真氏

ただ今回話を聞いたビズリーチ取締役でスタンバイ事業を牽引する竹内真氏によれば、すぐにこのATS周りを拡張させる考えはないようだった。

「現在はお金をかけて求人情報を作るか、代理店さんにお願いをするか、それとも私たちのような第三極を選択するか、というような状況です。(前述したようなATSの追加機能については)本当に小さな会社さんが欲しいかといわれるとまだ優先度は高くありません。採用がちゃんとできる、まずは日本流のものを作ることが必要なのではないでしょうか」(竹内氏)。

現在、100名近い体制でこのスタンバイに取り組むビズリーチ。「5年は我慢する」(竹内氏)という長期スパンで国内の求人情報の市場を変えていこうというのが彼らの考えだ。

この他にも幅広い話題を聞くことができたが、またそれらについては別稿でお伝えすることにしよう。

----------[AD]----------