THE BRIDGE

タグ 関信浩

SlackにInstacart、3Dファッションまでーー海外スタートアップシーン・NYにミートアップの季節が帰ってきました(後編)

関信浩氏は米FabFoundry創業者 兼 CEO。2003年にシックス・アパートを設立、国内のブログメディア・ブームを牽引した一人で、現在は米Infocom AmericaのExecutive VPに就任するなど、複数企業の経営に携わる。本稿は在住しているニューヨークを中心とするスタートアップシーンを伝える彼のブログ「SyncWorld」からの転載。 前編では9月になって再開されたミートアップを…

nseki4関信浩氏は米FabFoundry創業者 兼 CEO。2003年にシックス・アパートを設立、国内のブログメディア・ブームを牽引した一人で、現在は米Infocom AmericaのExecutive VPに就任するなど、複数企業の経営に携わる。本稿は在住しているニューヨークを中心とするスタートアップシーンを伝える彼のブログ「SyncWorld」からの転載。


前編では9月になって再開されたミートアップをいくつかご紹介しました。テクノロジーのレベルとしては、シリコンバレーほど尖っていませんが、さまざまな分野のスタートアップがニューヨークに本拠を構え、また訪れてくるのがよく分かります。

前回の東欧のスタートアップ向けアクセラレーターStarta Acceleratorのデモデーとは少し趣向が異なり、カナダのアクセラレーター「Canadian Technology Accelerators」のデモデーは、朝9時から行われました。

カナダのニューヨーク総領事館主催の朝食会。目玉はアクセラレーター参加スタートアップによるデモデー
カナダのニューヨーク総領事館主催の朝食会。目玉はアクセラレーター参加スタートアップによるデモデー

カナダのテクノロジー・スタートアップが集結

まずはカナダのニューヨーク総領事であるPhyllis Yaffe氏からのスピーチ。「私のころのテクノロジーといえば司書の資格で、いまのテクノロジーは分からない」と冗談を飛ばしながら会場をなごませていました。

総領事(右)が登場すると、来場者はそれまでの朝のネットワーキングのおしゃべりを止めて注目
総領事(右)が登場すると、来場者はそれまでの朝のネットワーキングのおしゃべりを止めて注目

その後は本日の主役である参加スタートアップが相次いでピッチ。スクリーンがないためスライドを使えないためか、最初の何人かのスピーカーはかなり緊張している様子が伺えました。また、何人かの登壇者はフランス語アクセントがあり、ケベック州を本拠にしたスタートアップであることがすぐに分かりました。

別件でスマートアパレル(ウェアラブルの進化系で、衣料品にさまざまな電子的機能を載せたもの)について調べている際に、ケベック州に本拠地を構えるスタートアップがいくつもあったことを思い出しました。一昨年にモントリオール(ケベック州)にいったときにも、多くの大学があり、英語と仏語のバイリンガルが、フランス語圏と米国の間でビジネスをしているのでしょうか。

毎月、朝食用のオーツを2箱届ける「OatBox」。ケベック州モントリオールの材料を使っている
毎月、朝食用のオーツを2箱届ける「OatBox」。ケベック州モントリオールの材料を使っている

個人的に面白いと思ったのは、ユニフォームのマーケットプレイスを手がける「La Gioia Uniforms」。レストランなどで使う「ユニフォーム(制服)」を、ニューヨークのデザイナーがデザインし、アジアの縫製工場で作るモデル。創業者のWilliam Lechuga氏はタイなどアジア諸国での経験を生かして起業したが、本社はカナダのノバスコシア州に置き、ニューヨークとの間を行き来するとのこと。「ノバスコシア州の支援を受けられるし、そもそもシステムを作るためのエンジニアリング費用が半額近くに下げられる」(同氏)。

ニューヨークのデザイナーが作る独自のユニフォームを提案するLa Gioia Uniforms
ニューヨークのデザイナーが作る独自のユニフォームを提案するLa Gioia Uniforms

ファッションと技術の融合

その後の1週間ほどは、自分の予定が忙しくてミートアップにいけない日々が続きました。ほぼ毎日のようにミートアップやビジネス向けのネットワーキングパーティがあり、中には直前に決まるものもあるため、「行きたかったのに行けなかった」ということも少なくありません。イベントが多い火曜と木曜は、なるべく夜の予定は空けておくようしています。

1週間ぶりに参加したミートアップは、「ファッション」と「プログラム(コード)」をテーマとした「Stitching together Code + Fabric: What’s Next in Fashion Tech」。ファッションの街、ニューヨークならではのミートアップです。「ファッションと技術は、もっと歩み寄ることができるはず。だが生活している環境や普段使う用語が違うことなど、なかなか連携が進んでいない。それでもニューヨークはロンドンと並んで、技術とファッションがもっとも触れ合う場所」(デザイナーのSylvia Heisel氏)。

初期の3Dプリンターを使った服は「着られたものじゃなかった」
初期の3Dプリンターを使った服は「着られたものじゃなかった」
でも今では素材(NinjaFlexなど)の進化で普通に着られるとか。原材料費も20ドル。問題は「一着作るのにとてつもない時間がかかる」
でも今では素材(NinjaFlexなど)の進化で普通に着られるとか。原材料費も20ドル。問題は「一着作るのにとてつもない時間がかかる」

このミートアップは参加者のパネルディスカッション形式の前半と、お酒や食べ物をつまみながらのネットワーキングで構成されていました。「3Dプリンターを使って洋服を作っている。今までは汎用(MakerBot)の3Dプリンターを使ってきたが、できるまでの時間が膨大で量産できない。しかたがないので衣料制作専用の巨大な3Dプリンターを製作している」(Heisel氏)など、ふだんは聞けないような3Dプリンターの活用について、いろいろとお話を伺えました。

また2人目のパネリストであるAnnelie Koller氏は、布地などを裁断して作る従来の衣料品はムダになる部分が多いが、3Dプリンターのように素材を足していく作り方は、原材料の無駄をゼロに近づけることができ、とてもエコロジーな方法として注目しているとのこと。「皮革で時計のリストバンドを作る際に、無駄になる部分は80%。最新の技術を使うことで、ファッションを考え直すことができる」(Modern MeadowのAnnelie Koller氏)とファッションと技術の融合に高い期待を寄せていました。

彼女はバイオテクノロジーを使った皮革メーカーModern Meadow社の上級デザイン研究員。ブルックリンに本社を置くModern Meadow社は、本物の皮革の成分を培養して人工的に皮革を作る技術が注目を浴び、すでに5000万ドル以上の資金を調達しています。

生き物をを殺すことなく動物由来の製品を作る「Biofabrication」@TED

このミートアップでは、今年の7月〜8月に京都で開催した「Monozukuri Bootcamp」に参加した、FlexTraPowerのチーフデザイナー、Thuy Pham氏も参加しており、シード期以前の資金調達をどのようにやっていくべきか積極的に質問を投げかけていました。Koller氏は「素材に関する多くの技術は、国防のための研究開発費によって進められることがほとんど。ニューヨークでもさまざまな補助金が用意されているので、積極的に活用するべき」と説明していました。

後半のネットワーキングでは、高校を卒業したばかりながら、この秋からMIT Media Labに参加予定の長谷川陸央さんとお会いし、米国での印象やMedia Labへの期待など、いろいろとお話をすることができました(2016年のIPA未踏プロジェクトに選ばれたように農業に高い関心をお持ちとのこと)。

ビッグデータとAiの「Data Driven NYC」

前編で取り上げたミートアップ「Hardwired NYC」を主催する地元VC、FirstMark CapitalMatt Turck氏が主催するもう一つのミートアップが、ビッグデータやAIを取り上げるミートアップ「Data Driven NYC」です。

15772378-ad77-418d-8051-314b4d5223e4
Matt Turck氏は、こちらのミートアップでも司会を務めます

Hardwiredに比べて、Data Drivenの方が関連する業界も大きいということもあり、ミートアップの規模も大きいのですが、この日は本当に大きめの会場で、「仕事帰りに集まる無料の集まり(ミートアップ)」とは多少、趣を異にしていたと言えるかもしれません。

a095ef53-4364-4c39-8227-5b94f90f6490
一列、ゴッソリ空いているのは、パネルディスカッションの登壇者の席です。
5c700d88-de30-4cbd-9714-75cb35cb8cfe
ここまで大きな会場でミートアップを実施する技術系ミートアップは、NY Tech Meetupなど一握り

日本ではあまり取り上げられないスタートアップですが、頼んだ品物を代わりにスーパーで買って指定の場所まで届けてくれる「Instacart」や、日本でも知名度があるスマートフォンを使った配車サービス「Uber」などの注目のネット企業のシステムの裏側を、その責任者が次々と説明してくれました。

Instacartデータサイエンス担当VPのJeremy Stanley氏
Instacartデータサイエンス担当VPのJeremy Stanley氏

こうしたネット技術を活用した多くの企業がシリコンバレーの企業ですが、ニューヨークでは商談や展示会などが多く、こうした企業の幹部が来る機会を生かして、ミートアップなどで講演してもらうことが少なくありません。シリコンバレーほどではありませんが、最新のテクノロジーに詳しい人たちの話を聞けるミートアップが数多くあるのも、ニューヨークの街としての魅力かもしれません。

企業向けメッセージシステム「Slack」の検索・学習・知性担当部門長のNoah Weiss氏。彼の部門はニューヨークに設立されたばかり
企業向けメッセージシステム「Slack」の検索・学習・知性担当部門長のNoah Weiss氏。彼の部門はニューヨークに設立されたばかり

他にも、毎週金曜の朝に創業者やVCが1時間ほどカジュアルに話す「Founders Friday」など、多くのミートアップが生活に溶け込んでいます。こうした20〜30人程度の小規模の集まりについては、また別の機会にご紹介します。

----------[AD]----------

海外スタートアップレポート/ニューヨークにミートアップの季節が帰ってきました(前編)

関信浩氏は米FabFoundry創業者 兼 CEO。2003年にシックス・アパートを設立、国内のブログメディア・ブームを牽引した一人で、現在は米Infocom AmericaのExecutive VPに就任するなど、複数企業の経営に携わる。本稿は在住しているニューヨークを中心とするスタートアップシーンを伝える彼のブログ「SyncWorld」からの転載。 米国では7月〜8月は夏休みのシーズンというこ…

nseki4関信浩氏は米FabFoundry創業者 兼 CEO。2003年にシックス・アパートを設立、国内のブログメディア・ブームを牽引した一人で、現在は米Infocom AmericaのExecutive VPに就任するなど、複数企業の経営に携わる。本稿は在住しているニューヨークを中心とするスタートアップシーンを伝える彼のブログ「SyncWorld」からの転載。


米国では7月〜8月は夏休みのシーズンということで、月例のビジネス系ミートアップ(たいてい平日の18時〜21時)はお休みにしてしまうところが少なくありません。集客が大変なのと、スピーカー候補や主催者が夏休みを取りたいということだったりします。かくいう私も7月後半から8月前半まで、第1回Monozukuri Bootcampのキックオフもあって日本に出張しており、ニューヨークにはいませんでした。

9月は新学期が始まる時期でもあり、8月末から9月頭のLabor Dayの3連休明けあたりまでには、街には人があふれるようになります(日本でいう4月の新学期シーズンと酷似しています)。

ということで、この3週間に私が参加したビジネス系ミートアップのうち、9月前半に開催されたものをご紹介します。多くの定例ミートアップは講演内容を録画し、後から見られるようになっています。ビデオがあるものはリンクをはっておきます。

d08fcad5-ec99-46b2-845e-fcfa79dd2027
TRIBECAエリアであったカンファレンス後のルーフトップパーティ。この後、人が押し寄せて日没までネットワーキングが続きました

コロンビア大学IoTプログラム

IoT Central NYC」のミートアップ(ミートアップの詳細)の中で、コロンビア大学IoTプログラムのプレゼン(デモデー)が開催されました(講演内容のYouTubeビデオ)。

f0a95acf-b760-437a-bd5a-f197578d93e7
コロンビア大学IoTプログラムを担当するZoran Kostic教授

Empower Pump. Smart Pumping. Happy Mommy.

母乳の出が悪くなることを検知・予想するために、搾乳ボトルに計測センサーをつける。特に未熟児の成長などに母乳は重要だが、母乳は早期に出なくなる人がいる。目に見えて減った後には対応ができない。母乳の量が減るなど兆候はあるが、現代の忙しい母親にとって、毎回の量を記録するのはムリ。なのでセンサーで傾向をいち早く掴んで、早期の対応を促すのが狙い。

68e4fe83-b61e-4d22-bc12-a70968e77534

Beacon on Board: A smart device designed to prevent hot car tragedies

幼児向けカーシートの温度センサー・ソリューション。夏場などは短時間で車内の温度が急上昇するが、既存の検知システムは高価。後付けできる安価なソリューションを開発。

59fa46b0-9bef-4e85-87dc-761cbb988308

Embrace: smart post-injury recovery knee brace

リハビリ用のトラッキング・ソリューション。傷の回復状況に応じた適切なリハビリが予後の改善には不可欠。安いセンサー部品を使い、足りない部分をAIで補うことで、ソリューション全体のコストを低減する。

277b3337-fcdc-49c8-9ccf-646e6b6dad2c

東欧出身スタートアップのピッチコンテスト

東欧出身のスタートアップを集めたアクセラレーターStarta Acceleratorが開いた「International Founders Night. VC Panel & Pitch Contest.」の前半が投資家によるパネル・ディスカッション、後半が、Starta Acceleratorの第2期生によるデモデーでした。

015d63e0-1f63-4fee-9a06-f86a7d25a56c
東欧出身の投資家やエンジェルによるパネル・ディスカッション。司会はStarta Acceleratorのマネージング・パートナーを務めるKatya Dorozhkina

東欧ということでしたが、参加スタートアップはロシア、ウクライナ、ベラルーシの旧ソ連からだけでした。いわゆる「東欧」はEU/NATOに近くなり、モスクワに本拠があるStartaとは少し距離があるのかもしれませんね。一部のバイリンガルのスピーカーを除いて、みなさんロシア語特有の強いアクセントでしたが、気後れせずにプレゼンをしています。Startaに限らず、出身国を絞ったアクセラレーターはイスラエルをはじめ、ヨーロッパやアジアの国がバックアップしたものがニューヨークにはとても多いです。

37eabeae-6f2d-490a-b431-c8a7ce4b248d
デモデーでプレゼンした10社

デモデーでは全部で10社がプレゼンをしました。私がハードウェア中心に見ているせいもありますが、Cardiomoが印象に残りました。家族や親類のバイタルサインをモニターし、危険な兆候があった場合に通知してくれるサービスです。

ed7fff50-3b24-44a4-89cf-0df816810612
CardiomoのCMOを務めるOksana Bespalova

ニューヨーク最大のハードウェア・ミートアップHardwired NYC

ニューヨークにはハードウェアやIoT系のミートアップはいくつもありますが、登録者数が最も多いのはHardwired NYCでしょう(今日時点で4800人強)。ニューヨークにはほかにも、登録者数が4000人前後のハードウェア系やIoT系ミートアップはいくつかありますが、参加者の顔ぶれはそこそこ異なっています(1回のミートアップのサイズは50人〜150人ぐらいが一般的なので、登録者そのものの重複は多いかもしれません)。

Hardwired NYCは地元VCのFirstMark Capitalのパートナー、Matt Turck氏がオーガナイザーのミートアップで、毎回Turck氏が司会やモデレーターとして取り仕切っています。彼はほかにも、ビッグデータ系ミートアップのData Driven NYCのオーガナイザーを務めています。FirstMarkはミートアップの開催に熱心で、ほかにもCode Driven NYCDesign Driven NYCを主催しています。

ニューヨークのミートアップでは、西海岸スタートアップからのゲストが出ることも少なくなく、今回もハードウェアの小売店をシリコンバレー(パロアルト)に開店して2年になるb8ta(「ベータ」と読みます)のCEO、Vibhu Norby氏が登壇しました。

f645a0e2-cc4c-412d-86bb-71168dbe68c9
Hardwired NYC、9月のミートアップの講演者たち
Vibhu Norby, CEO of b8ta (retail store designed for trying and buying new connected devices)

b8taは小売りの現場に、オンライン広告の手法を導入する「ハードウェア・スタートアップのための小売店」を標榜しています。今回のプレゼンではオンライン広告による獲得コストと、小売店に支払うマージンの比較や、小売店に陳列することによる消費者への認知などについて、数字を使って説明しています(講演内容のYouTubeビデオ

8fe1b327-93aa-442f-9fdb-0a7799952201

Ben Einstein, General Partner of Bolt (early-stage vc firm focused on hardware and IoT)

Boltはボストンを拠点とするハードウェア専業VCです。Benは自社のブログでよく記事を書いていますが、今回は日本でも3年ほど前に話題になったCoinの失敗についての記事(The Failure of Coin)の内容を話していました(講演内容のYouTubeビデオ)。昨日の「米国でハードウェア・スタートアップへの投資が倍増」もBoltのChrisが書いた記事を元にしています。Bolt Blogは読み応えのある記事が多いのでオススメです。

d5426eb3-59c1-499d-b8ea-1af863b3d193

Alban Denoyel, CEO of Sketchfab (leading platform for publishing and sharing 3D and VR content)

Sketchfabは3DやVRのデータをシェアするためのプラットフォームです。本社はニューヨークですが、CEOのAlbanがフランス出身で、パリにも拠点があります(講演内容のYouTubeビデオ)。

cd2386dc-4f53-448a-aee4-5389a10b9921

Anthony Batt, Founder & Executive Vice President of WEVR (VR content production and network)

WEVRはVR系のコンテンツを作るスタジオで、本社はロスアンゼルスにあるそうです(講演内容のYouTubeビデオ)。

db7734ef-f35a-440e-9db3-f1175c78bc9c

このミートアップが終わった翌朝、カナダ総領事館の主催で、Canadian Technology Acceleratorのデモデーが開催されました。詳しくは「後編」に続きます。

----------[AD]----------