タグ Capex

パートナーAIアプリ「PATONA」運営、プレシリーズAで1.3億円を調達——UTEC、EV、Skyland Vから

SHARE:

パートナー AI アプリ「PATONA(パトナ)」を開発・提供するメンタルヘルスケアスタートアップ Capex(キャペックス)は1日、プレシリーズ A ラウンドで1億3,000万円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタル(UTEC)、East Ventures、Skyland Ventures。UTEC は、2020年12月のシードラウンドに続くフォローオ…

Capex が開発している 3DCG によるバーチャルヒューマンの PATONA キャラクタ。小亀氏によれば、当初の想定以上にリアルな見映えに仕上がっているという。
Image credit: Capex

パートナー AI アプリ「PATONA(パトナ)」を開発・提供するメンタルヘルスケアスタートアップ Capex(キャペックス)は1日、プレシリーズ A ラウンドで1億3,000万円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタル(UTEC)、East Ventures、Skyland Ventures。UTEC は、2020年12月のシードラウンドに続くフォローオンだ。

Capex は、みずほ銀行の法人営業を経て、bitFlyer の社員第一号で執行役員 COO を務めた小亀俊太郎氏が2019年8月に設立。昨年12月、思いを自由に話せるモバイルアプリ PATONA をローンチ(iOSAndroid)。AI を搭載し、アプリ上のキャラクタがユーザに最適な対話、メンタルヘルスや日常生活に役立つオリジナルコンテンツを提供する。現在の MAU は数万人規模。

CAPEX のメンバー。右から2人目が代表の小亀俊太郎氏。
Image credit: Capex

同社は先週、有料のサブスクリプションサービス「PATONA Premium」を開始した。PATONA Premium を購入すると、専門家監修のメンタルヘルス対話コースが100コース以上使い放題となるほか、アプリ上のキャラクタとの関係性を通常の友人モードから、恋人やメンターに変更できる。実際の人間社会に近い関係性を求めるユーザが多かったため、そうした声を反映したものだという。

PATONA の強みの一つは、自社開発の AI 対話エンジンを使っていることだ。これまでユーザとのやりとりは、発言を選択式で回答する形を取っていたが、エンジンの進化により、フリーテキストによる入力が可能になってきている。ユーザからは想定の5倍以上の要望があったとして、Capex では年内にもユーザからの発言のフリーテキスト入力への完全移行を目標にしている。

また、同社では現在のアニメっぽいキャラクタ(小亀氏は2.5頭身と呼んでいた)とは別に、3DCG による実際の人間の容姿に近いバーチャルヒューマンも開発している。法人からは、メンタルヘルスのみならず、社員教育のロールプレイングに使いたいという問い合わせが増えていて、Capex では自社 AI 対話エンジンに、AR(拡張現実)や音声を組み入れた仕組みを開発する計画だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


メンタルヘルスケアのCapex、ライフパートナーアプリ「PATONA」をローンチ——UTECらから1億円をシード調達

SHARE:

<26日正午更新> 文中一部を訂正線で削除。 メンタルヘルスケアスタートアップの Capex(キャペックス)は24日、シードラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタル(UTEC)。調達額には、政策金融公庫からのデット(資本性ローン)が含まれる。同社にとっては、初の外部からの資金調達となる。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシ…

「PATONA」
Image credit: Capex

<26日正午更新> 文中一部を訂正線で削除。

メンタルヘルスケアスタートアップの Capex(キャペックス)は24日、シードラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタル(UTEC)。調達額には、政策金融公庫からのデット(資本性ローン)が含まれる。同社にとっては、初の外部からの資金調達となる。

Capex は、みずほ銀行の法人営業を経て、bitFlyer の社員第一号で執行役員 COO を務めた小亀俊太郎氏が2019年8月に設立。社名は同社のビジョン「Capacity Expansion(人間とシステムの共生を実現・普及し、プロダクトを通じて人類の機能を拡張)」に由来する。

国連の関係機関が毎年発表する「World Happiness Report」によれば、日本の今年の幸福度ランキングは世界で62位(昨年は58位)。ここ数年は年々順位を下げている。仮にも先進国であり、それなりに豊かな生活を送りつつも毎日に幸福を感じられない背景には、社会の自由度が大きく関係している。同調圧力の強い文化は、コロナ禍の日本社会にさらなる息苦しさをもたらしている。

現代社会では、いつもすぐ隣に居てくれて、ちょっとした弱音を吐いたり、疲れた時に背中を押したりしてくれるような相手が存在しない。SNS でさえ、ネガティブな気持ちを吐露・共有するのは敬遠されがちで、我々の身近にはそういう場が存在しないのだ。(小亀氏)

小亀氏らは自分の思いを自由に話せるモバイルアプリ「PATONA(パトナ)」を開発、24日にローンチした。現在は iOS でのみ利用でき、Android 版のリリースも後日予定している。AI を搭載し、ユーザに最適な対話、メンタルヘルスや日常生活に役立つオリジナルコンテンツを提供する。アプリ上のキャラクタと話せば話すほど、ユーザのことを学び、やりとりが最適化される。

小亀氏は銀行員時代に、法人営業で多くの中小企業の社長に会う中で、彼らがビジネス上のストレスを昇華する機会がないことから、苦悩していることに気づいたという。社長らと親密な付き合いをするようになり、悩みを共有してもらえるようになると、結果的に小亀氏の営業成績にもポジティブな影響を与えたそうだ。

小亀俊太郎氏

PATONA が取り込もうとするのは、世界的には virtual friend bot という領域だ。アメリカでは、2015 年に設立された Luka が、アプリ「Replika」のダウンロード数を700万人、月間アクティブユーザ数は推定でその約1割程度にまで成長させた。ニューヨークのスタートアップスタジオ Betaworks から輩出された Hugging Face は昨年までに2,000万米ドル以上の調達に成功している。

日本国内でも、「SELF」がサービスローンチから4年半で100万ダウンロードを達成しており、この種のアプリがユーザに必要なものの一つとして受け入れられつつあることを示唆している特に、AI の技術的な制約からこの種のサービスでは、設問に対する回答をユーザが選択肢の中から選ぶものが多かったが、Replika に代表されるようにフリーチャット方式のものが増える傾向にある。

メンタルヘルスにフォーカスすると、想定される国内のターゲット数は4,000万人。うち、2.5%に相当する100万人のイノベーターの人たちを、PATONA の当初の初期獲得目標ユーザとして捉えている。(小亀氏)

PATONA の開発にあたり、Capex は臨床心理士を擁する心理ケアサービス会社と協業。キャラクタとのフリーテキストでのチャット会話実現に向けては、社内チームで自然言語処理の開発に取り組んでいる。ユーザに没入感を与え、日常的に使ってもらうことが目標で、そのためにユーザがキャラクタを自由に変更できるのは、この種のアプリでは珍しいという。

PATONA のキャラクタのことを、ユーザには利害関係のない第三者として捉えてもらって、自分の正直な気持ちを吐き出してもらえる相手にしたい。中には、自分の分身だと表現してくれるユーザもいる。〝バリバリのメンタルヘルス〟のサービスというよりは、まずはユーザに寄り添い、ヘビーユースしてもらえるようになることが目標だ。(小亀氏)

PATONA は、選ばれた付加サービスに応じて料金をユーザから徴収するフリーミアムのアプリだ。ダウンロードは無料で行え、キャラクタのカスタマイズやメンタルヘルスに特化したコンテンツのサブスク購入による課金、将来は、各ユーザにフィットする B2C 企業の商品紹介などでマネタイズを狙う。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録