THE BRIDGE

タグ CareL

サービス業フリーランスの営業支援プラットフォーム「Summon」運営、投資型クラウドファンディング募集開始から4時間で約3,500万円を調達

SHARE:

東京のスタートアップ MOSOmafia は15日、日本クラウドキャピタルが運営する投資型クラウドファンディング・プラットフォーム「Fundinno」上でキャンペーンを開始したが、先ごろ、キャンペーン開始から4時間で3,498万6,000円の資金調達を完了したことを明らかにした。調達した資金を使って、MOSOmafia は、同社のサービス業フリーランスの営業支援プラットフォーム「Summon(サモ…

Fundinno 上で展開された MOSOmafia のクラウドファンディング・キャンペーン

東京のスタートアップ MOSOmafia は15日、日本クラウドキャピタルが運営する投資型クラウドファンディング・プラットフォーム「Fundinno」上でキャンペーンを開始したが、先ごろ、キャンペーン開始から4時間で3,498万6,000円の資金調達を完了したことを明らかにした。調達した資金を使って、MOSOmafia は、同社のサービス業フリーランスの営業支援プラットフォーム「Summon(サモン)」のサービスリニューアルや機能拡張に活用するとしている。

MOSOmafia は2015年8月、弁理士でシリアルアントレプレナーの渡辺大介氏により設立。同年末、美容サロンのプロをオンデマンドで呼べるサービス「careL(ケアエル)」をローンチ、2016年2月、ガイアックス(名証:3775)のシェアリングエコノミーファンドからシード資金を調達(調達額非開示)、2016年末に Summon をローンチした。

Summon はフリーランスの美容師やネイリストなど、独立したてのサービス業プロフェッショナルが、集客・予約受付・決済など一連の営業業務をしやすくするためのプラットフォームだ。iOS アプリから、写真をアップロードするだけでウェブサイトを開設でき、起業したばかりの個人が店舗を持っていなくても、顧客先への出張などから事業を開始することを前提に設計されている。

Summon

Fundinno に参加している投資家人数について、運営元の日本クラウドキャピタルは今年2月に開いた事業計画発表会で、2017年度中に2万人を目指すとしており、現時点では数千人程度に達していると推測される。MOSOmafia の渡辺氏によれば、Summon の機能拡張のためベンチャーキャピタルからの投資を模索していたが、迅速に資金を調達すべく Fundinno でのクラウドファンディング実施を決めたとのこと。

MOSOmafia は今回の投資型クラウドファンディングを通じて約300人の新株主を獲得したことになり、新株主には普通株を発行割当する予定(財務局指導により、現時点で種類株の発行割当には一定の制約がある模様)。日本クラウドキャピタルと提携関係にある、みらい証券の「株主コミュニティ」のしくみにより、株式の流動性も確保される見込み。Fundinno の利用には10万円の審査費用、募集成立時に10%〜20%程度の手数料がかかるため、今回のクラウドファンディング成立により、MOSOmafia が実際に手にする資金は3,000万円程度と推測される。

今回調達した資金を用いて、MOSOmafia では Summon 上での月間流通金額を、現在の1,000〜1,500万円から2億円程度にまで成長させたいとのこと。また、現在フリーミアムモデルで提供されている Summon に、サービス業フリーランスが、潜在顧客に向けたメールマーケティングやオンラインプロモーションできる機能、Google カレンダーと連携できる機能を追加し、手数料収入以外の収益源の確保を目指すとしている。Summon に先行する CareL については実質的に追加開発をストップしている状態だが、Summon の流通取扱を向上させ API 連携することにより、最終的にはアメリカの StyleSeat のようなサービスを目指すようだ。

ICO(Initial Coin Offering)、投資型クラウドファンディングなど、従来のプライベートエクイティやベンチャーキャピタルなどに加え、スタートアップにとっての資金調達の選択肢が多様化しているのは興味深い。一方で投資リスクを軽減するための、十分な情報収集や情報開示を支援するしくみづくりが今後の課題となるだろう。

----------[AD]----------

美容やリラクゼーションのプロをオンデマンドで呼べる「careL(ケアエル)」が東京都心部限定でサービス開始

SHARE:

東京を拠点とするスタートアップ MOSOmafia は15日、美容サロンのプロをオンデマンドで呼べるサービス「careL(ケアエル)」を正式に開始した。取扱うサービスは、ヘアメイク、ネイル、マッサージなど。当面は東京の恵比寿〜六本木の企業への派遣を中心に展開し、今後、段階的にユーザ宅への派遣や提供エリアを拡大、サービス内容も、エステ、まつげエクステ、歯のホワイトニングなど順次追加していくとしている…

carel_featuredimage

東京を拠点とするスタートアップ MOSOmafia は15日、美容サロンのプロをオンデマンドで呼べるサービス「careL(ケアエル)」を正式に開始した。取扱うサービスは、ヘアメイク、ネイル、マッサージなど。当面は東京の恵比寿〜六本木の企業への派遣を中心に展開し、今後、段階的にユーザ宅への派遣や提供エリアを拡大、サービス内容も、エステ、まつげエクステ、歯のホワイトニングなど順次追加していくとしている。

careL を立ち上げたのは、弁理士で、アート作品のシェアリングビジネスや美容サロンを経営してきたシリアルアントレプレナー渡辺大介氏と彼のチームだ。氏のチームである MOSOmafia は、東京のスタートアップ・インキュベータ TECHFUND が今年実施した「SUNRISE PROGRAM」では、第2期の育成スタートアップに選出された。

mosomafia-daisuke-watanabe-sho-shimizu
(左から)共同創業者で CEO の渡辺大介氏、共同創業者で CMO の清水翔氏

市中には多くのサロンがひしめきあっているにもかかわらず、ニューヨークでは Glamsquad という、自宅やオフィス、ホテルなどに美容のプロをオンデマンドで派遣依頼できるサービスが活況を呈している。Glamsquad は、Gilt Group の創始者 Alexandra Wilkis Wilson が始めたサービスで、これまでに2,400万ドルを調達している。競合には、Madison ReedTheStylistedPriv など枚挙にいとまが無い。また、オンデマンドでマッサージ師を派遣依頼できるサービス Zeel も、やはりニューヨークでのみ提供されており、これまでに総額725万ドルを調達している。

美容サロンが閉店している朝の出勤前や、週末のパーティなどに出かける際のヘアメイク、仕事から帰った後の疲れた身体を癒す目的などで重宝されているようだ。careL は自宅やホテルなどへの派遣も視野に置くが、サービス提供者が訪問する際のセキュリティ課題の検討に時間をかけるため、当面はスタートアップなど、オンデマンド・サービスへの感度が高い企業を中心にサービスを提供する。

carel_screenshot

今月に入って、厚生労働省が労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」を施行したこともあり、企業の福利厚生の一環で、従業員が容易に careL でサービスを依頼できるようなスキームも期待できるだろう。

ところで、本稿のタイトルにも掲げた「プロ」という言葉なのだが、少々曖昧なので、careL における「プロ」の定義をはっきりさせておこう。ヘアカットやヘアメイクのサービスを提供するには、美容師や理容師の国家資格が必要なので、その免許を持っている人がプロということになる。一方、ネイル、マッサージなどには民間資格も多数あるが、資格を持たずにサービスを提供したとしても違法ではない。事実、資格や免許を持っていなくても腕のいい、ネイルアーティストやマッサージ師は世の中に数多くいる。

この点について、渡辺氏は THE BRIDGE の取材に次のように語ってくれた。

名前はまだ出せないのですが、都内に多数の拠点を持つ整骨院・整体師のための学校と連携して、登録者のスキルを事前審査するようにしています。ヘアメイクやネイルアーティストについても、彼らが所属しているエージェンシーと協力関係にあるので、そのネットワークを使って、やはりスキルを事前審査しています。

数ヶ月前からベータ運用を始めた careL だが、現在、サービスに登録している美容やリラクゼーションのプロは50名程度で、週に数名の割合で順調に増えている。スタートアップによる美容サービスの提供事例としては、美容サロンの当日・直前予約アプリ「Popcorn」や、女性向けキュレーションメディア MERY が展開する「MERY PASS」などが存在するが、ターゲットとするユーザ・シチュエーションが異なるため、直接的な客層の食い合いにはならないだろう。

MOSOmafia は現在4名で、CEO の渡辺大介氏、CMO の清水翔氏に加え、フロントエンドとバックエンドを担当するエンジニアが1名ずついる。現在 CTO 候補を募集中ということなので、この都市型オンデマンドサービスに可能性を賭けてみたいテックギークは、応募してみるとよいだろう。

<参考文献>

----------[AD]----------