タグ Coubic

予約ページ自動化のCoubic(クービック)がAndroidアプリをリリース、iOS版とあわせ日英韓に対応

SHARE:

東京のスタートアップ Coubic は水曜日、同社の無料予約システム「Coubic(クービック)」について、店舗や事業者向けのモバイル予約管理アプリの Android 版をリリースしたと発表した。以前リリースされている iOS 版とあわせ、Android アプリは日本語・英語・韓国語に対応しており、また、予約をする側の消費者ユーザ向けのウェブUI についても、同じ3ヶ国語に対応している。Andro…

coubic_appointment_featuredimage

東京のスタートアップ Coubic は水曜日、同社の無料予約システム「Coubic(クービック)」について、店舗や事業者向けのモバイル予約管理アプリの Android 版をリリースしたと発表した。以前リリースされている iOS 版とあわせ、Android アプリは日本語・英語・韓国語に対応しており、また、予約をする側の消費者ユーザ向けのウェブUI についても、同じ3ヶ国語に対応している。Android アプリと iOS アプリについてはそれぞれ、Google Play および iTunes AppStore の全世界の市場でダウンロード可能にある。

Coubic はフリーミアム・アプリで、消費者から予約が必要になるビジネス向けに、予約ページの開設と予約管理をサポートしてくれる。事業者側は有料メニューを契約すれば、広告非表示、予約情報の CSV 出力Google Analytics によるアクセス分析なども利用可能だ。

全世界対応ということなので、海外特有のユーザニーズについて聞いてみたところ、日本語以外での Coubic のユースケースとして、ロサンゼルス在住のユーザが現地のアメリカ人向けに着物を貸し出し、写真撮影をするサービスの予約に利用されている例があるとのことだった。また、日本においても外国人向けに宿泊や観光サービスを提供している事例も増えているそうだ。

円安が後押しする形で、今年も海外から日本へやってくる旅行客は増加の一途をたどっているが、彼らの言語障壁を無くすのにも Coubic は一役買ってくれそうだ。また、日本ではマッサージや美容室、歯科医などは予約をしてから訪問するのが一般的だが、商習慣上、事前予約を求められる職種は国によって異なるかもしれない。日本国外からの利用が増えれば、統計結果によって、それらのトレンドも明らかになるだろう。

coubic-android-app-screenshots

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


予約ページ自動化の「Coubic(クービック)」が、ヨガ・ピラティス教室ポータル「YOGA ROOM」と提携

SHARE:

消費者から予約が必要になるビジネス向けに、予約ページの開設と予約管理をスムーズにしてくれるスタートアップ「Coubic(クービック)」について、4月にDCMとGREE Venturesから5,000万円を調達したことを取り上げた。 共同創業者でCEOの倉岡寛氏が語っていたように、このサービスは一店舗あたりの料金が高く設定されるものではないため、ビジネスを大きくするには、横展開やアライアンスを活用し…

yoga-studio-coubic

消費者から予約が必要になるビジネス向けに、予約ページの開設と予約管理をスムーズにしてくれるスタートアップ「Coubic(クービック)」について、4月にDCMとGREE Venturesから5,000万円を調達したことを取り上げた

共同創業者でCEOの倉岡寛氏が語っていたように、このサービスは一店舗あたりの料金が高く設定されるものではないため、ビジネスを大きくするには、横展開やアライアンスを活用して、多くの店舗や士業、フリーランサーからの利用を集める必要がある。その戦略の一つが本日発表された。

Coubic は今日、ヨガ・ピラティス教室の情報ポータル最大手「YOGA ROOM」との提携を明らかにした。これにより、全国に5,000店ある YOGA ROOM 掲載のヨガ・ピラティス教室に対して、Coubic の効率的な利用促進を図る。Coubic には予約管理に加え、来店履歴を含む顧客管理の機能が備わっているので、効率的な授業を運営したいヨガ講師や、数多くの生徒を集めたいヨガ教室にとって便利なツールである。

また、仕事帰りにヨガ教室に通う女性達も増えている。通勤途上の電車や仕事のスキマ時間等を活用して、電話をかけるのが難しい、あるいは、メールなどで確認をやりとりするのが面倒であっても、簡単に予約が完結できるのは消費者のニーズにも合致しやすいと言えるだろう。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


予約ページを自動化するCoubic(クービック)がローンチ、DCMとGREE Venturesから5,000万円を資金調達

SHARE:

今月10日、新たなスモールビジネス向けのクラウドサービス「Coubic(クービック)」がローンチした。Coubic が提供するのは、企業や店舗向けの、顧客からの予約を受け付けるウェブページのプラットフォーム。モバイルサイトが簡単に作れる Strikingly の予約ページ特化型版と捉えればよいだろう。今回のローンチを受け、17日には、DCM と GREE Ventures から5,000万円を資金…

coubic_featuredimage

今月10日、新たなスモールビジネス向けのクラウドサービス「Coubic(クービック)」がローンチした。Coubic が提供するのは、企業や店舗向けの、顧客からの予約を受け付けるウェブページのプラットフォーム。モバイルサイトが簡単に作れる Strikingly の予約ページ特化型版と捉えればよいだろう。今回のローンチを受け、17日には、DCMGREE Ventures から5,000万円を資金調達したことを明らかにしている

企業や顧客から予約を受け付けるなら、シンプルな CGI を搭載したウェブサイトを作ったり、Google Drive でフォームを使ったりすれば、容易に実装できそうなものだ。このニッチなニーズに付加価値を付けることができるのだろうか。最近、渋谷に移転したばかりの新オフィスに共同創業者兼CEOの倉岡寛氏を訪ね、サービスの戦略を聞いてみた。

使い勝手のいいサービスが不在だから、レッドオーシャンでも戦える

どんな企業にも共通して必要なバックオフィス業務がある。ここ数年で、日本でも多くのスタートアップがクラウドでこれらの業務を提供するサービスに参入してきた。主要なところだけを整理してみると、

これらのサービスの特徴は、パソコンやインターネットの知識が無くても操作でき、タブレットやスマートフォンでも業務が完結できる点だ。では、フロントオフィス業務はどうか。

  • マーケティング … ???
  • 顧客とのアポ、時間予約管理 … Google Docs のフォーム等で受付 → Excel 等でカレンダー管理 → 大企業であれば、SalesForce への取込など

ここまで見てわかるように、フロントエンドの2つについては、一つのソリューションで完結できそうな、名の通ったクラウドサービスが存在しないのだ。もちろん、Google Docs のフォームで受け付けた予約を、自動的に Google Calendar へ取り込むような芸当も可能だが、Google App Script でコーディングする必要があるので、素人にはハードルが高い。

つまり、方法は数多くあるという意味ではレッドオーシャンだが、中小企業やスタートアップ、フリーランサーが自由に使いこなせるものではない。そこで、予約を受け付けるウェブページ環境に特化して、Coubic をローンチしたというわけだ。

hiroshi-kuraoka_portrait
倉岡寛氏

お客さんとのアポ、時間予約管理について、どのツールを使っていいか明確な解が無い状態。

我々のサービスはそこにフォーカスします。(倉岡氏)

Coubic を使っている業種は、ヘアサロン、ヨガスタジオ、料理イベント、弁護士や会計士等の士業などさまざまだ。彼らの顧客は、自サイトにリンクした Coubic の予約ページから、空いている時間に予約ができるようになっている。事業者には専用の iOS アプリが提供されていて、お客さんの予約が受け付けられると、スマートフォンにプッシュ通知が届く。アプリで開いた管理画面から、そのままお客さんに確認の電話をすることもでき、Google Calendar へも自動連携できる。

coubic-user-portfolio
Coubic を利用している、さまざまな業種(一部)

予約をしてくるお客さん向けのインターフェースは、レスポンシブなのでスマートフォンでもタブレットでも対応できます。また、事業者向けのダッシュボード画面もスマートデバイス対応なので、予約ページの開設から日々の予約管理まで、すべてをパソコンを使わずに行うことができます。(倉岡氏)

予約状況を確認するダッシュボードでは、予約してきたお客さんを軸とした情報が表示されるので、その人が何回目の何ヶ月ぶりの来社/来店かも容易に知ることができる。つまり、予約情報の集積がある種の CRM(顧客関係管理)を形成してゆく、という考え方だ。

coubic-ios-app-procedure
Coubic を利用する事業者向けの iOS アプリでの操作

coubic-google-calendar-integration

必要不可欠な存在ではない分、大きなパイを狙う

前述したバックオフィス業務は、企業にとってもスモールビジネスにとっても必要不可欠なサービスだ。方法はともあれ、何らかの形でこれらの業務を遂行できないと、事業の存続さえ危うくなる。

対して、フロントオフィス業務は売上には直結する(プロフィットセンター)ものの、なんとかなる部分である。クラウドサービスを使えば利便性は向上するが、必要不可欠というほどのものではない。

会計などのクラウドサービスに比べれば、(必要不可欠というほどでもない)Coubic のサービスは、高い料金がとれるものではありません。したがって、ユーザのパイを大きく抱える必要があります。お客さんからの予約を受け付けるというニーズは、どの国のビジネスにも存在しますし、幸い、会計などに比べると、国ごとの法令や商習慣の違いの影響も受けにくいので、国際展開もやりやすいと考えています。(倉岡氏)

このような考えから、Coubic はローンチ当初から日本語以外に、英語と韓国語に対応している。アジアを初めとする世界各国へのサービス展開の可能性を既に模索している。

この分野には、今年2月にモバイルカード決済の Square に買収された BookFresh が存在するが、予約するお客さん側と予約される事業者側の両方のインターフェースを、モバイルで完結できるよう最適化しているという点をふまえれば、Coubic にとって世界的にもライバルは皆無のようだ。DCM や GREE Ventures による出資も、Coubic の世界展開に有利に働くだろう。

Ex-Googler が考える、サービスが創り出す未来像

先週の日経に、Google 日本法人から輩出された起業家の相関関係を示した記事(日経はペイウォールがかかっているため、Yahoo にリンクしました)が掲載された。今月初め1.65億円を調達したイベントレジストの平山幸介氏や、今週8億円を資金調達した Freee の佐々木大輔氏など、THE BRIDGE でも馴染みの顔ぶれに混じって倉岡氏が並んでいる。

ローンチ直後のため、現在は無料でサービスが提供されているが、倉岡氏によれば、4月10日からの一週間で新規に1,000ユーザを獲得したということだ。今後は、お客さん来店時の会計手間を省いたり、不用意な予約キャンセルを防いだりする観点で、予約時の決済機能などの追加を検討している。しかし、レストランの予約サービスなどへの拡大については、「時間以外の複数条件の考慮が必要になる分野」であるため、トレタなどが競合となる可能性は否定した。

インタビューの終盤、倉岡氏から THE BRIDGE がバイリンガルで運営されている理由を尋ねられ、偶然にも Google で彼の上司だった Marissa Mayer(当時、Google UX 担当副社長、現Yahoo CEO)にまつわるエピソードを筆者が吐露することとなった。(このエピソードの詳細は、以前、TechWave の増田真樹氏が記事に書いてくれている。

日本から世界にサービスを輩出することは感慨深い。Coubic もその一つになってほしい。というわけで、筆者はこれから頑張って、本稿を英文に翻訳することにする。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録