タグ Coursepad

モバイル学習スタートアップの「Coursepad」がIdeasの「最も革新的なスタートアップ賞」を受賞

SHARE:

ナンヤン工科大学が主催するIdeas.Inc. Business Challengeは、シンガポールで年1回行われる勝ち抜き戦型のスタートアップコンペだ。35才未満の起業家が対象で、アイデアから資金調達まで指導される。 過去3ヶ月の間に12のスタートアップが選出され、5万シンガポールドルを手に、コンセプトプロトタイピングや終盤では提携しているエンジェル投資家にピッチした。今年はより静かな非公開式の…

Coursepad

ナンヤン工科大学が主催するIdeas.Inc. Business Challengeは、シンガポールで年1回行われる勝ち抜き戦型のスタートアップコンペだ。35才未満の起業家が対象で、アイデアから資金調達まで指導される。

過去3ヶ月の間に12のスタートアップが選出され、5万シンガポールドルを手に、コンセプトプロトタイピングや終盤では提携しているエンジェル投資家にピッチした。今年はより静かな非公開式の取り組みによって、同ビジネスチャレンジは8月31日のStartingUp 2013カンファレンスで閉幕となった。

今年優勝に輝いたのは、Most Innovative Startup Award(最も革新的なスタートアップ賞)を獲得したモバイル学習スタートアップのCoursepadだ。副賞として、最大20万シンガポールドルまでの投資を受けられる。

CoursepadはStartingUpカンファレンスで自社のプラットフォームをソフトローンチし、eラーニングの講座を楽しいソーシャルゲームに変えることで、職場学習に革命をもたらすことを目指している。「従来のeラーニングではテキストを読み、テストを終え、学習したことを忘れないよう期待することがすべてになっています。Coursepadは学習目標を楽しい課題へと変え、友人と一緒に学習できるようにしました。」とCoursepadのCEO兼共同設立者のKevin Chan氏は述べた。

教育分野はモバイル・ソーシャル学習傾向にある新製品を模索し始めている。Coursepadは協同的なモバイル学習プラットフォームを提供するTeamieなどといった他社との競争に直面している。

しかし、iPadレンタル会社でのチームの過去の経験から、指導してくれるクライアントとともに、Coursepadのチームはその製品と流通チャネルにおいてしっかりとした方向性を持っている。Coursepadは現在、トレーニング業界、教育業界、金融業界の企業とともに試験運用を行っている。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録